2017.05.03(水)

結婚指輪

結婚指輪を美しく彩るミル打ち(ミルグレイン)とは

_12

一生を共にする結婚指輪には、様々意味や思い出を込めていきたいものです。結婚指輪によく使われるミル打ちについてご紹介します。

指輪のミル打ち(ミルグレイン)に込められた意味とは?

ミル打ち(ミルグレイン)とは、指輪のエッジやライン部分に小さな丸の打刻模様をつけていくものです。
「千の粒」という意味を持っており、珠が連なることから「幸せが続く」「子孫繁栄」「長寿」「永遠」などをもたらしてくれると言われています。
縁起が良く、リングのデザインを華やかに見せることから、結婚指輪に人気の技法です。
製造方法にはいくつかありますが、代表的なのは職人の手で1粒ずつ打っていくもの、型をとっておいて鋳造するもの、ミル打ちしたように見える型に圧して打刻するもの、などが挙げられます。
既に所有している指輪にも加工できるため、さらなる結婚指輪のアレンジとしてもチャレンジできます。

ミル打ち(ミルグレイン)が人気を集める理由

何より目を惹くのは、均整のとれた粒が美しく並ぶ様子です。光を反射し、まるで宝石をはめ込んでいるように見え、施し方によってはラグジュアリーにもカジュアルにも表情を変えてくれます。
リングは経年劣化により輝きを失うことがありますが、ミル打ちをしていれば、この反射によっていつまでもツヤのある、独特の風合いを保つことができます。
さらにミル打ちをした指輪は傷が目立ちにくくなり、修理をせずに永く着用し続けられるのです。結婚指輪に意味を込められること、永い年月にわたって美しく保てることがミル打ちの大きな魅力だといえます。

ミル打ちの結婚指輪を選ぶ時に気をつけたい点

ミル打ちは、製法によってはその良さを十分に発揮できないことがあります。たとえば型を押し付ける方法では、均整のとれた美しい粒を作れない場合があります。
ミル打ちの出来が不十分だと、光の反射もうまく働かず、せっかくの指輪の輝きがいびつになってしまうかもしれません。
結婚指輪という大切な指輪におすすめの製法は、熟練した職人が手で打刻していくものです。時間をかけ、目で確認しながら作っていくため、1粒1粒に美しい輝きが宿ります。
質の良いミル打ちが施されていると、「天使の輪」と言われるほどの粒の輝きを持つようになります。
指輪を購入する場合には、現物を指にはめながら、この「天使の輪」がしっかり表れているかを確認してみましょう。
また既に所有している指輪にミル打ちを施す場合は、多少時間やコストがかかっても、職人の手によって打ち込まれるものをおすすめします。

 

結婚指輪・マリッジリングならBIJOUPIKO

 

◆ミル打ちが魅力のブランド
ENUOVE|イノーヴェ
CHER LUV|シェールラブ
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう