2017.05.03(水)

結婚指輪

夫婦の絆を込めたハーフエタニティの結婚指輪

キャッチ

美しい宝石の連なりが「永遠の愛」を象徴するエタニティリングは、結婚指輪で人気のリングです。

エタニティリングには幾つかの種類がありますが、そのうち日常生活で着用しやすい、カジュアルなハーフエタニティリングについてご紹介します。

ハーフエタニティの結婚指輪とは

1

婚約指輪や結婚指輪として人気の高いエタニティリングは、リングにぐるりと同じサイズ、同じカットの宝石をはめ込んでいるものです。途切れることなく連なる宝石が、永遠の愛を象徴しています。大きく分けると、リングの全周に宝石を施したフルエタニティリングと、半周にのみ宝石を施したハーフエタニティリングの2種類があります。華やかなフルエタニティリングに対し、ハーフエタニティリングは比較的カジュアルなデザインです。ハーフの場合はサイズ直しも容易なため、普段使いができる指輪として選ばれることが多いです。

SaintePure | Sainte Pure(セントピュール)

Franc Boise Sour-フランボワーズサワー- | COCKTAIL(カクテル)

 

着用にあたって不安なこと、ありませんか?

2

ダイヤなどの高価な宝石が並ぶエタニティリング、強度で不安になることもあるのではないでしょうか。
確かにエタニティリングは、強くぶつけると石が落ちてしまう、金属部分が少ないため歪みのリスクがある等と言われています。しかしエタニティリングの製造方法には幾つかあるため、信頼できるブランドのリングで、さらに強度を重視したものを選べば問題はありません。たとえばレール留めと呼ばれる方法は、宝石をツメで留めるのではなく、両サイドの地金レールで挟み込むため強度が強く、破損のリスクが低くなります。リング自体の凹凸も少ないため、日常生活で支障を感じないデザインです。一方宝石の輝きを強調したければ、1つツメのみで宝石を留め、地金の存在感を減らした共有ツメ留めという方法があります。

結婚指輪としての魅力がつまったリング

4

エタニティリングは、それ自体に永遠の愛という意味を込められる他、はめ込む宝石の宝石言葉によってさらに深い意味を持たせることができます。またダイヤとカラーストーンを合わせるなどで個性を出しやすく、ファッションジュエリーとの相性も良いため、服装やTPOを選ばず着用できます。さらにハーフエタニティリングであれば、普段使いに適したカジュアルさと強度を実現でき、結婚指輪としておすすめです。リングの半周が地金のみのため、サイズ直しなどのメンテナンスが簡単なことも魅力です。お店で試着し、実際の輝きを味わいながら、2人の絆にぴったりのリングを選んでみてはいかがでしょうか。

エタニティ・ハーフエタニティの結婚指輪はこちら


 

エタニティ・ハーフエタニティの結婚指輪
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう