2017.05.03(水)

結婚指輪

結婚指輪をネックレスの形で愛用する選択肢がある

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-11

結婚指輪は、左手の薬指にはめるのが一般的ですが、最近はネックレスにして首から下げて身につける人も増えてきているようです。
そこで、長い期間身につけることになる結婚指輪をネックレスにすることについてお伝えします。

仕事などの制約から結婚指輪をつけられない場合はネックレスにする人もいる

結婚指輪は指にはめるのが一般的ですが、事情があって指にはめることができない、もしくは難しいという人もいます。
例えば、業務の妨げになるため指輪がつけられない仕事に就いている人や、金属アレルギーの人などです。
長期間はめていると指の大きさが変化して、結婚指輪がはめられなくなることもあります。
また、食事の料理や食器の片付けなどの炊事をするときは結婚指輪に違和感があるため外すという人もいるようです。
そういった人でも、できれば結婚指輪は常につけていたい考える人は多いでしょう。
その場合は、ネックレスにして首から下げる方法をおすすめします。

結婚指輪をネックレスにするとなくしてしまう可能性が増える?

結婚指輪を指にはめることが難しい人はネックレスにして身につけるという選択肢がありますが、ネックレスにすると着脱がしやすくなり、なくしてしまうのではないかと心配する人もいるでしょう。
確かに、ネックレスを外して何らかの作業に熱中してしまうと、置き忘れてしまうことが考えられます。
また、寝ている間はネックレスを外すことになるでしょうから、翌日つけ忘れることも考えられます。
それでも、ネックレスをつけることを習慣化することで、紛失のリスクを最小限に抑えることができるはずです。

紛失リスクを心配するのではなく、常に身につけられるメリットに目を向けることも大切でしょう。

長期間結婚指輪を愛用するためにネックレスにするという選択肢がある

結婚指輪は、結婚の証としてパートナーとともに一生つけていくものです。
そのため、長期間に渡って使っていくことになります。
外して指輪入れにしまっておくだけになってしまうようではもったいないですので、何らかの事情で指にはめることができない場合は、長い時間身につけられるようにネックレスにするという選択肢があります。
結婚指輪を長く愛用するためには、なくさないように気を付けることはもちろん、指輪にもチェーンにも傷がつかないように工夫する必要があります。
例えば、運動をするときや寝るときに外したりするように心がけると傷などを防止できるでしょう。

ネックレスにするという選択肢も持って、結婚指輪を長く大切に使っていきたいものですね。

▼結婚指輪を探す
BIJOUPIKOの結婚指輪一覧

いつも身に着けていたい!!指輪NGの場合、婚約指輪をネックレスとして着用することもできます
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう