2021.04.07(水)

プロポーズ

プロポーズネックレスが人気の理由とは?失敗しない3つの選び方

プロポーズネックレスが人気の理由とは?失敗しない3つの選び方

新たな人生へのスタートになるプロポーズは、交際中の男女にとっては大切なイベントになります。一生残るステキな想い出にするためにも、プロポーズを行う男性は入念に準備を行いましょう。
 
プロポーズのときには何らかのプレゼントをする方が多く、その中でも婚約指輪は代表的存在です。一方、婚約指輪以外のものをプレゼントする方法もあり、とくにネックレスは有力候補として注目されています。
 
そこで今回は「婚約ネックレス」に関するお役立ち情報をまとめました。また、ネックレスに対するお返しについてもご紹介しているので、プロポーズを受ける女性のみなさんも参考にしてはいかがでしょうか。
 

婚約指輪を渡さずにプロポーズする男性も増えている

プロポーズ時には男性から女性へ婚約指輪を渡すイメージがありますが、婚約指輪を渡さずにプロポーズする男性も増えています。
男性が婚約指輪を贈らない理由として、女性が指輪を着けるのを好まない、婚約指輪はプロポーズ後に2人で選びたいなどが考えられます。
 
ほかにも、婚約指輪の費用を抑え、結婚指輪にこだわりたいニーズが反映されているようです。
結婚指輪は日常的に着けられるメリットがあるため、より実用的なものにお金を掛けるほうがよいという考えから、婚約指輪を購入しない男性が増えてきているのかもしれません。
同等の考え方から、ネックレスやピアス、時計などの贈り物も注目されています。
 

プロポーズにネックレスが人気の理由とは

そもそもプロポーズネックレスはどのくらい人気を集めているのでしょうか。以下で、「ゼクシィ結婚トレンド調査 2020」のデータをもとに人気度をご紹介します。
 
上述したデータによると、婚約指輪を贈った(贈られた)方の割合は90.1%。ネックレスは6.4%、時計は2.7%、ピアス・イヤリングは 0.5%という結果になっています(全国(推計値))。この結果から、「婚約指輪の次にネックレスが選ばれている」ということがわかります。
 
プロポーズにネックレスを贈る、いわゆる「婚約ネックレス」が人気の理由として、サイズがわからなくても購入できることがあげられます。婚約指輪よりもデザインのバリエーションが少ないため選びやすく、予算が抑えられることもあってネックレス人気につながるようです。
 
また、婚約指輪の普段使いに抵抗を持つ女性も少なくありませんが、ネックレスは着ける機会が比較的多いことから、プレゼントする側も満足感を味わえます。
 
なお、婚約ネックレスとしてダイヤモンドは定番ですが、大きさと輝きのどちらを優先して選ぶかもポイントになります。女性の好みに合いそうなものをイメージしながら、予算と相談して購入しましょう。
 

ネックレスを贈るなら費用はどのくらいがベスト?

婚約指輪の代わりにネックレスを贈る場合、「どのくらいの費用のものを購入してよいのかわからない」と頭を抱える男性は少なくありません。
 
上述した「同調査」によると、婚約指輪の購入にかかった金額の平均は「35.7万円」でした。購入価格別で見ると、もっとも多かったのは「30万円〜40万円未満」の29.5%、次いで「20万円〜30万円未満」の21.8%、「40万円〜50万円未満」の13.1%と続きます(全国(推計値))。
 
どのくらいの金額のネックレスを贈ってよいのか迷った場合は、婚約指輪の平均金額と同額ほどのネックレスを贈ってみてはいかがでしょうか。もちろん、必ずしもその金額のネックレスを選ばなくてはならないわけではありません。あくまでも目安として考え、彼女の好みに合ったネックレスを探すようにしましょう。
 

プロポーズでネックレスを贈るメリットとデメリット

プロポーズにネックレスを贈るメリットとして、指輪のように着け外しをする機会が少ないため、「紛失することが少ない」という点があげられます。
 
指輪の場合はシーンに応じて着脱する必要があり、外した際に落としたり忘れてしまったりして、紛失してしまうケースも。しかし、ネックレスの場合は常に身に着けていられるので、紛失リスクを避けることが可能です。
 
ネックレスを贈ることでメリットを得られるのは、女性だけではありません。ネックレスは気軽に着けられて外す必要がほとんどないことから、常時身に着けてくれる可能性があります。そのため、ネックレスを着けている姿を多く目の当たりにでき、「贈ってよかった」と感じられることは、男性にとって大きなメリットといえます。
 
一方、ネックレスを贈るデメリットには「婚約指輪を期待している女性のテンションが下がる可能性がある」という点があげられます。「プロポーズ=婚約指輪」というイメージを持っている女性は多いため、もし彼女がそうだった場合はネックレスを贈ることでがガッカリさせてしまう可能性があるのです。せっかくのプロポーズを失敗させないためにも、あらかじめさりげなくリサーチしておくことをおすすめします。
 
なお、プロポーズ時にネックレスを贈る場合の注意点には、「金属アレルギーの有無を確認する」という点もあります。万が一確認を怠ってしまうと、彼女が金属アレルギーだった場合に身に着けてもられない可能性も。パールのネックレスなどアレルギー反応が出ないタイプもあるので、あらかじめ金属アレルギーの有無を確認し、彼女を笑顔にするネックレスを贈りましょう。
 

ネックレス選びで失敗しない3つのポイント

プロポーズの際に贈るネックレスは、慎重に選ぶ必要があります。失敗を避けるためにも、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。
 

ダイヤモンドにこだわる

プロポーズ用のネックレスを選ぶ際は、ダイヤモンドの品質にこだわることが大切です。ダイヤモンドの品質は、評価基準である「4C(カラット・カラー・カット・クラリティ)」によって決められています。
 
カラットは、ダイヤモンドの“重さ”を示す要素で「0.1ct」「0.2ct」などと表記されています。数字が大きくなるにつれてダイヤモンドのサイズも大きくなり、その分希少価値も高くなります。
 
カラーは、ダイヤモンドの“色合い”を示す要素。「D〜Z」までのアルファベットでダイヤモンドの透明度を評価しており、もっともランクが高い「D」は無色透明となっています。一方「Z」は、黄色みを帯びているのが特徴です。そのため、プロポーズ用のネックレスを選ぶ際は「D」に近い品質を選ぶのがおすすめです。
 
カットは、ダイヤモンドの“研磨の度合い”を示す要素です。「Excellent」「VeryGood」「Good」「Fair」「Poor」の5つで評価され、ランクによってダイヤモンドの輝きは変わってきます。
 
たとえば「Excellent」だとダイヤモンドが美しい輝きを放ち、「Good」以下だと輝きが鈍くなります。そのため、「Good」以上のダイヤモンドをあしらったネックレスを選ぶのがおすすめです。
 
クラリティは、ダイヤモンドの“透明度”を示す要素です。内包物や疵の有無によって「FL」〜「I」までの全11段階で評価されます。内包物や疵が極めて少ない「FL」が最高位であり、希少価値が高いダイヤモンドとなっているため、なるべくこのランクに近いダイヤモンドをあしらったネックレスを選ぶようにしましょう。

素材にこだわる

彼女に喜ばれるネックレスを贈るには、素材にもこだわることも大切です。なぜなら、ダイヤモンドがあしらわれたネックレスの素材が質素だと、喜んでもらえない可能性があるためです。なるべく、ダイヤモンドとの相性がよく人気の高い「プラチナ」を選ぶようにしましょう。
 
プラチナは変色しづらい素材です。肌に直接触れるネックレスは、素材によっては汗で変色してしまうことも。変色しづらいプラチナであれば、汗によって色が変わってしまう心配がなく、きれいな輝きをキープし続けることができます。
また、プラチナとダイヤモンドの組み合わせは美しい輝きを放つとともに「不変の愛」をイメージさせるため、まさにプロポーズ用のネックレスには最適といえます。

彼女の好みに合わせる

プロポーズ用のネックレスを選ぶ際は、彼女の好みを考慮しましょう。たとえば、好きなブランドがわかっている場合は、そのブランドのネックレスをプレゼントすることで喜ばれる確率が高まります。もし、好みのブランドがわからない場合は、普段から身に着けているアクセサリーをチェックしましょう。「小ぶりのアクセサリーかどうか」「個性的なものかどうか」など、ある程度の特徴がわかれば、彼女の好みに近いネックレスを選びやすくなるはずです。
 

ネックレスでプロポーズ!おすすめの演出をご紹介

ネックレスでプロポーズをする際のおすすめの演出は、「ディナーの席でネックレス入りの箱を渡す」です。美味しい食事に舌鼓を打つなかでのプロポーズは、きっと格別なものになります。
 
また、「彼女の背後からネックレスを着ける」という演出も素敵です。ネックレスならではの演出のため、特別感をさらに引き立てたプロポーズに仕上げることができます。このとき、「結婚しよう」などと一言添えるとなおよし。ちょっとしたサプライズ演出になるため、きっと彼女を笑顔にできるはずです。
 

【女性必読】ネックレスに対するお返しを用意しよう

プロポーズの際に彼からネックレスをもらったら、お返しを贈りましょう。お返しは必須というわけではありませんが、「ありがとう」の気持ちを込めてなるべく贈るのが望ましいといえます。
 
ネックレスに対するお返しとしては「腕時計」が人気です。ネックレスと同じく身に着けるものであるほか、デザインによってはプライベートシーン・ビジネスシーンの両方で活用できるため、喜ばれやすいアイテムといえます。
 

彼女に喜ばれるネックレスを贈ろう

プロポーズの際に贈るアイテムは、必ずしも婚約指輪でなければならないわけではありません。昨今は婚約指輪ではなく、ネックレスを選ぶ男性も増えてきています。ネックレスも婚約指輪と同じく身に着けるものであり、またファッションのアクセントにもなるため、女性にとって贈られて嬉しいアイテムといえるでしょう。
 
愛する彼女にネックレスを贈るなら、喜んでもらえるものを選ばなければなりません。「何を基準に選べばよいかわからない」という場合は、今回ご紹介した3つのポイントを参考にしてみてください。そうすれば、彼女を笑顔にでき、かつプロポーズを成功へと導くネックレスを選べるはずです。
 
婚約指輪・エンゲージリングならBIJOUPIKO
◆婚約指輪の代わりは何がいい?女性100人の調査でわかったおすすめの品とは
◆【いつも身に着けていたい!!指輪NGの場合、婚約指輪をネックレスとして着用することもできます♡】
 
ブライダルリングショップリスト
 

 
プロポーズアイテムの購入はビジュピコオンラインストアで
 
 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう