2017.05.03(水)

結婚指輪

結婚指輪を選ぶなら上品で可憐な印象を与える華奢な指輪がおすすめ

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-20

結婚指輪は一生身に付けるもの。だからこそ、デザイン選びには迷ってしまいますよね。
その時々の流行のデザインについ目がいってしまいますが、結婚指輪は20年、30年と長く身につけるものです。

流行のデザインは時間が経つと古臭く感じるようになりますし、個性の強いデザインはすぐに飽きてしまいます。
結婚指輪を選ぶなら、上品で可憐な印象を与える華奢な結婚指輪がおすすめです。
今回は華奢な結婚指輪を選ぶ際に気をつけたいポイントをまとめてみました。

人気の高い華奢な結婚指輪

上品な印象を与える華奢な結婚指輪に人気が集まっています。
結婚指輪の印象で大きなウェイトを占めるのが、指輪のリング幅です。
平均的な結婚指輪のリング幅は2.5mmです。
リング幅が細ければ上品な印象になりますし、リング幅が太くなると存在感のある印象を与えます。

平均的な2.5mm幅ですと自然な印象で指輪が強く自己主張をすることもなく、手によく馴染みます。
リング幅をもう少し狭めて2.0mmにすると、印象はまた違ってきます。
2.5mmよりもさらに繊細で上品な印象を与えます。

但しリング幅が狭いために、刻印を入れる際には制限のある場合もあります。
また手が大きい方や男性が身につけると、細すぎて物足りない感じになるでしょう。

華奢な結婚指輪を選ぶ際には将来の事も考えて

リング幅の細い結婚指輪はとても上品な印象を与えますが、細いだけに弱いというデメリットもあります。
力仕事や家事で指輪に物が当たる頻度が多い人は、変形しやすいので注意が必要です。
また女性の場合、お産を境に体型が変わって指が太くなると、リング幅が細い指輪だと華奢すぎて物足りなくなることもあるでしょう。

リング幅が細い結婚指輪は金属の量が少ないので、大きくサイズ直しをすることが難しいこともあります。
指の太さが変わらなくても手も年を取りますので、加齢とともに手の印象が変わってくると華奢な指輪では似合わなくなることもあるのです。
そのため結婚指輪を購入する際には、将来の事も考えて慎重に選ぶようにしましょう。

ショップで試着して長く身につけたい結婚指輪を選びましょう

結婚指輪の印象はリング幅で大きく変わってきます。
いくつもの種類を試着して、自分の指先がどう見えるか確認して選びましょう。

また結婚指輪は一生身に付けるものですから、年齢を重ねた時のことも考えて選ぶことが大切です。
後悔しないためには、流行に左右されないシンプルなデザインのものを選ぶことをおすすめします。

華奢な結婚指輪は上品で可憐な印象を与え、つけている感覚もなく手によく馴染みことでしょう。
ショップに足を運び、何度も試着して自分の指にピッタリの結婚指輪を見つけることが大切です。

▼結婚指輪を探す
お近くのBIJOUPIKO店舗を探す
BIJOUPIKOの結婚指輪一覧

太めの結婚指輪ってどうなの?魅力や気になるポイントについて調べてみました!
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう