2017.05.03(水)

結婚指輪

ふさわしいのはシルバー?おすすめの結婚指輪素材について

結婚指輪をどんな素材やデザインにするのか、とても迷いますよね。
一生身につけるものだからこそ、デザイン以外にも重要な点もあるでしょう。
ここではおすすめの結婚指輪について紹介します。

輝きが美しい!結婚指輪にシルバーを選ぶ魅力

シルバーリングは、光の反射率が高いので強い輝きを放つリングとして知られています。
その上、ほかのリングと比べお手頃な価格で手に入るものも多く、結婚費用をできるだけ節約したいカップルにはおすすめです。
もちろん、宝石類をつければ豪華にデザインすることも可能で、豊富なリングの形を楽しめるのも魅力といえます。

個性を求めるなら!シルバーを部分的に使うコンビデザインの結婚指輪

シルバーリングの特徴である豊富なデザインを選べるという点を生かして、少し違った形のリングにするのもおすすめです。
例えばシルバーを部分的に使ってコンビデザインにすることで個性的で華やかな指輪に仕上がるでしょう。

しかし、シルバーには汗や空気中の湿気に触れることで黒く変色する性質があるので、定期的なメンテナンスが必要になります。

変色しやすい!結婚指輪にシルバーを選ぶ注意点

シルバーは変色しやすいという性質があり、素材が柔らかいために傷がついたり変形したりする可能性もあります。
硫化によって黒く変色することがほとんどなので、温泉など硫黄を含むものには気を付けましょう。

また、化粧品やヘアカラーの成分によって黒く反応してしまうこともあります。
常に身につける結婚指輪なので、変色や変形に不安がある場合はプラチナなど耐久性の高い別素材で検討するのも良いでしょう。

シルバーと似ている輝き!プラチナやホワイトゴールドの結婚指輪

シルバーと似たような雰囲気で結婚指輪として人気があるのがプラチナやホワイトゴールドです。
特にプラチナは、美しい輝きと耐久性の高さを兼ね備えているので結婚指輪として選ぶ人も多い素材です。
ほとんど変色することがないので頻繁にメンテナンスしなくていいのが魅力といえます。
ホワイトゴールドは柔らかい輝きで魅力的なリングとして人気があります。
金の純度が高いと弱さが出るので、結婚指輪として選ぶなら24金より18金のほうがおすすめです。
注意点としてはメッキが使われているので多少のメンテナンスが必要になります。

一生ものの結婚指輪だからこそ色や形が変わらない素材を

結婚指輪として魅力的なシルバーですが、変色しやすいという性質もあります。
長期間身につけるリングとして不安があるという場合はプラチナなどの耐久性のある素材を選ぶのもおすすめです。

結婚指輪・マリッジリングならBIJOUPIKO
色々な金属がある!?結婚指輪や婚約指輪の素材は何がいい?
結婚指輪の素材はやっぱりプラチナ?気になる指輪の素材!

彼女にサプライズでプロポーズ!ポケットにこっそり入る『The Mrs Box』が登場
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう