2016.11.21(月)

顔合わせ、結納

顔合わせってどんな流れでどんな挨拶をするの?

2人の結婚の意志が固まってお互いの両親への報告が終わったら、次はいよいよ両家の顔合わせですね。
結婚は、別々の両家が結びつくことでもあります。
今後も末永くうまくやっていくためには、最初の段階が肝心です。
ぬかりなく準備をして、スムーズに顔合わせが進むようにしたいものですね。
ぜひ、基本的なポイントを押さえておきましょう。

顔合せ当日までに準備しておくこと

顔合わせは、記念品を交換するなど結納に近い食事会もあれば、特にプログラムを設けずに親睦を深めるだけの食事会もあり、目的や雰囲気はそれぞれです。
お互いの両親の意見や希望を聞いて、まずはイメージを固めましょう。
そして、日程と場所を決めます。
料亭やレストランの個室など、イメージに合わせた場所を選ぶといいですね。
結婚式場が決まっていたら、披露宴会場で行うのもひとつの手です。
会場の下見や料理の試食も兼ねることができます。
顔合せ時の費用分担や手土産の予算、服装についても、両家でうまくバランスが取れるように、事前に話し合っておくとベストです。

食事会当日の大まかな流れ

当日は、親同士が先に出会って気まずくならないよう、早めに会場に到着しておくことが大切です。
会場へは2人が両親をエスコートしましょう。
着席したら、男性本人か男性側の父親が開始の挨拶をします。
その後にお互いの家族紹介です。
まずは男性側、続いて女性側が自分の親をそれぞれ紹介します。
仕事や趣味、ちょっとしたエピソードなども添えるとその後の話もはずみますよ。
そして、婚約指輪のお披露目を行います。
お酒が入る前に写真も撮っておくと良いですね。
乾杯は男性側の父親が音頭をとり、会食をスタートします。
話題に結婚式までのスケジュールも盛り込み、食事が済んだら男性または2人で締めの挨拶を行ってお開きです。

顔合せの挨拶の文例

開始の挨拶は、シンプルに述べましょう。
例文)
本日は、私たちのためにお集まりいただきましてありがとうございます。
両家の親睦が深まる良い機会になればと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

乾杯の挨拶も長々と述べる必要はありません。
例文)
本日は、ゆっくりと食事を楽しんでください。
乾杯。

食事会の終わりには、さわやかに挨拶をして終わりましょう。
例文)
本日は、どうもありがとうございました。
両家の親睦を深めることができて、大変嬉しく思います。
まだまだ未熟者の2人でご迷惑をかけることもあるかと思いますが、今後もお力添えのほどよろしくお願い致します。

食事会が滞りなく進み、両家の親睦が深まるとまずは一安心ですね。
幸せな結婚生活のために、すてきな顔合せを行ってください。
ブライダルリングショップリスト

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう