2017.05.03(水)

顔合わせ、結納

印象が変わる?!顔合せのときの手土産、どうしたらいい?

結婚を決めたら、次はお互いのご両親への挨拶、そして両家の顔合せと進んでいきますが、すべてが初めてのことで戸惑うこともでてくるでしょう。
今回は、嬉しさと緊張の中で行われる顔合せのとき、手土産はどうしたらいいのかという疑問についてお話ししていきます。

手土産って必要なの?

両家の顔合せは、結婚する本人たちにとっても親にとってもこれからのご縁ができる大切なイベントになります。
これから親族となる家族を紹介しあい親睦を深めるためのものですから、お互い良い印象を持ちたいものですね。
顔合せのときに手土産を準備するのか特に決まりはないのですが、「初めまして、末永くよろしくお願いします」という気持ちを込めてほとんどの方が手土産を準備することが多いです。

ですが、もし片方だけの両親が手土産を準備していた場合、なんとなく気まずい雰囲気になることも考えられるので、本人たちがお互いの両親に確認をして事前に相談しておくことをおすすめします。
遠くからわざわざ来てもらう場合は、本人達からも両家への手土産を用意しても良いでしょう。

手土産を渡すタイミングと渡し方

持参した手土産は、部屋に入って最初の挨拶を交わした後が一番スムーズに渡せます。
玄関先やレストラン、料亭の入り口で偶然出会ったとしてもそのときには渡さず、部屋に通されて正式な挨拶が済んだあとに渡します。
また、紙袋に入っている手土産を渡す場合は、紙袋のまま差し出さないように気をつけましょう。
風呂敷に包んでいる場合も同じように手土産だけを渡すようにします。
渡すときに「お好きと伺いましたので」「お気に召すと嬉しいのですが」など、喜んで受け取っていただきたいという気持ちを一言添えるようにします。
決まり文句の「つまらないものですが」という言葉は誤解を生むこともあるので使わないほうが良いでしょう。

顔合せ時に喜んでもらえる手土産の選び方は?

せっかくなら相手のご両親が喜んでくれるものを贈りたいですよね。
一般的にはお菓子やお茶、お酒など食べてなくなる「消え物」が無難とされています。
「合わさる」という意味で「どらやき」や「最中」、また地元の銘菓や特産物は話のきっかけにもしやすいのでおすすめです。
ですが、一生懸命に考えて選んだお土産も相手の好みに合わなかった場合とても残念なことになるので、事前にお互いの両親の好みや苦手なものなどの情報交換をしておくと安心できるでしょう。
また、相手の移動時間や移動手段を考えて、手土産の大きさや重さにも配慮することも大切です。
顔合せは、これから親族としてお付合いが始まる最初の挨拶の日となるので、お互いが良い印象の中、気持ちよく過ごせる日にしたいですね。
ブライダルリングショップリスト

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう