2017.05.03(水)

顔合わせ、結納

以外と知らない結納と食事会の違い!?どんな準備が必要なの?

07

結婚が決まったら両家の顔合わせを行います。

伝統的には結納という形で行われていましたが、昨今は食事会だけというケースもあるようです。

実際には両者にどんな違いがあるのかご存じですか?ここでは結納と顔合わせの違いやそれぞれに必要な準備などについてご紹介します。

結納にはいろいろな決まりがある?

結納とは婚約が成立したことを祝い家族に報告する儀式です。

正式には仲人を立てて仲介役・相談役になってもらいますが、費用や両家の負担を減らすために簡略した結納を行う人も増えてきています。

結納では名字を名乗ることになる方の家族(一般的には新郎側)から結納金や結納品などを納め、正式な挨拶や口上を取り交わします。

また正式な結納では服装も男性は紋付き袴やモーニング、女性は振袖やフォーマルなドレスなどとされています。

地域や家によって結納品として何を贈るかなど細かく決まっているところもあるので、事前にご両親としっかり話し合う必要があるでしょう。

結婚式の準備は新郎新婦の二人で行いますが、結納に関してはそれぞれの家族の意見を取り入れることが無難です。

顔合せの食事会ではリッラクス!

一方顔合わせの食事会には結納のような決まりはあまりなく、両家で食事を楽しみ親睦を深めることが目的です。

結納の代わりに食事会を開くという人は、イベントとしてお互いに記念品の交換を行うこともあります。

または結納前の打ち合わせを兼ねた食事会の場合には、両家の親睦を深めつつ今後の段取りを取り決める場になります。

結納の名残から新婦側の自宅で行うケースと、新婦側の負担を減らすためにレストランやホテル、料亭などで行うケースがありますが、昨今は後者を選ぶ人が増えているようです。

食事会には服装の決まりはありません。

リラックスしてお互いの紹介に始まり、楽しい時間を共有できれば満足ですね。

結納と食事会、それぞれどんな準備が必要?

結納では一般的に新郎側が結納金や結納品、婚約指輪など、新婦側が結納返しを準備します。

これらは地域や家によって贈るものが異なるので、事前にご両親を交えてしっかりと話し合いましょう。

略式結納では結納品をなしとする場合もあります。

婚約指輪に関してはもし結納の前に渡している場合は再度「戻す」のは縁起が悪いとされ、目録の中に記載するだけというケースが多いようです。

結納を行う場合、場所決めや仲人への事前挨拶などが必要になります。

一方の顔合わせでは、結納品の代わりとしてお互いに記念品を交換する場合には品物の準備、会場のセッティングなどを行います。

当日スマートに会計ができるよう、事前に誰が支払いをするか決めておいた方がいいですね。

食事会は新郎新婦がご両親を招待する形で行うことが多いようです。

当日は婚約指輪をご両親にお披露目する絶好の場なので、指輪がある場合は忘れずに持参しましょう。

結納と食事会、それぞれの違いは分かりましたか?
どちらか片方もしくは両方行う人もいるかと思いますが、これからの結婚に向けて両家の親睦を深めるいい機会になることを願っています。
ブライダルリングショップリスト

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう