2016.12.23(金)

結婚指輪

結婚指輪に多いカーブのデザイン!その魅力と選び方の基準

13

結婚指輪にはさまざまなデザインがあり、カーブの入ったものも少なくありません。

しかし、あのカーブにはデザイン上、どのような効果があるのでしょうか?そこで、指輪のカーブが持つ意味とそれに伴うデザインの選び方についてご説明します。

S字カーブを生かしたエレガントなデザイン

結婚指輪で定番のデザインと言えばストレートですが、それと並んで人気なのがS字です。

リングの形状が緩やかなS字カーブを描いているもので、指を長く美しく見せる効果があります。

したがって、指が短めの人にはおすすめです。

また、もっと個性がほしいという方には、より躍動感が感じられる逆S字もあります。

さらに、S字のリングはそのウェーブを生かしてさまざまな装飾が可能です。

その中でも特に人気が高いのが、S字に沿ってダイヤモンドをちりばめたデザインです。

優美なウェーブと相まってエレガントさを引き出してくれます。

しかし、もっと可愛らしいものがよいのであれば、ウェーブに沿ってイヌやネコの足跡を彫刻でかたどったデザインなどもあります。

ちなみに、S字リングは男性も身につけている方が多いのですが、人によっては女性的すぎると感じてしまう方がいるかもしれません。

その場合は、男性はストレートの指輪にして、女性は同じ素材を用いたS字の指輪にするという方法もあります。

さまざまな顔を見せる個性的なV字ライン

V字デザインの指輪はS字のものよりさらにラインがくっきりとしているため、より指を長くシャープに見せる効果があります。

したがって、指が短い上に太いと感じている方におすすめです。

また、V字リングは角度のつけかたによって印象が変わってくるという特徴があります。

角度が緩やかな場合はソフトな印象を与えますし、角度が鋭くなるとクールなイメージになります。

ただ、指をシャープに見せる効果があるといっても、あまりV字を強調したデザインにしすぎるとアームが細くなり、相対的に指が太く見えてしまうので注意が必要です。

S字は男女のどちらにも合うデザインですが、それに比べるとV字はより女性らしさを強調しています。

ストレートやS字よりも個性的な面が強調されており、人とは違った結婚指輪を身につけたいと思っている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、指の太さが気になるけれど、個性の強い曲線デザインには抵抗があるという方にはV字よりラインが緩やかで目立たないU字ラインというものもあります。

カーブ以外にもある結婚指輪のデザインバリエーション

結婚指輪のデザインにはカーブのあるなし以外にも色々な要素が絡んできます。

例えば、指輪の幅です。

指輪の幅にはさまざまなサイズがありますが、その中でも現在主流になっているのが2.5mmと3.0mmの幅のものです。

わずか0.5mmの差ですが、2.5mmの指輪はやさしい雰囲気を漂わせ、3.0mmの指輪は強い存在感を人に与えるという違いがあります。

また、指輪の印象は丸みを帯びているかどうかによっても大きく変わっていきます。

角張った形状をしているとシャープでカジュアルな印象になり、丸みを帯びた形状の指輪は優美で落ち着いた印象を与えます。

さらに、装飾品関係に関しては、やはりダイヤのついたものが人気です。

ダイヤを施していると、さりげない輝きの中にゴージャス感を演出することができます。

他にはミル打ちという装飾技法も人気があります。

指輪のエッジやラインに小さな粒を連続して打刻していくというもので、その粒が光に当たるとキラキラと美しく輝くのです。

太めの結婚指輪は太い指に似合う?魅力や気になるポイントについて調べてみました!

バリエーションを組み合わせてあなただけの指輪を

結婚指輪の形は大きく分けてストレート、S字、V字(U字)に分かれますが、それ以外にも指輪の幅、丸み、装飾などの項目を組み合わせることで無数のバリエーションが生まれます。

色々試してみることで、あなただけの素敵な結婚指輪を見つけてくださいね。

▼結婚指輪を探す
BIJOUPIKOの結婚指輪一覧
人気の結婚指輪の形は?vライン?sライン?それとも…

ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう