2021.04.29(木)

結婚指輪

結婚指輪がゆるいときの対処法は?サイズ変更して良好な着け心地に

結婚指輪がゆるいときの対処法は?サイズ変更して良好な着け心地に

結婚指輪がくるくる回ってしまったり、関節で止まらず簡単に取れそうになったりしていませんか?指輪がゆるいなと思ったら、サイズ直しを検討してみてはいかがでしょうか。仮に、サイズ直しをせずにそのまま過ごした場合、紛失や変形するといったリスクが伴う可能性があります。そのため違和感を感じたら、なるべく早めにサイズ直しを検討するのがおすすめです。
 
そこで今回は、結婚指輪のサイズ直しについてご紹介します。サイズが大きい指輪がもたらすトラブルやサイズを小さくする方法、指のサイズを確認する際のポイント・注意点についてもまとめているので、ぜひご参考ください。
 

「落ちそう」と思ったら、結婚指輪のサイズがあっていないかも

結婚指輪は長く身に着けるジュエリーなので、サイズがあっていないと落ちてなくしてしまいそうで不安ですよね。
人の指の形は付け根から指先にかけて細くなる方や、全体的に細くて関節だけが太い方など人それぞれですが、指輪が「落ちそう」と思ったらサイズがあっていないと判断してよいでしょう。
 
もし、結婚指輪がゆるくても第二関節で引っかかる場合は、落ちて紛失してしまう心配はないので様子を見て問題ないといえます。しかし、着替えをしているときに指輪が取れそうになったり、手を開いて歩いていると落ちそうになったりする方は、結婚指輪のサイズ変更が必要かもしれません。
指輪が関節で止まらず、力を入れなくても簡単に外れてしまうようなら、サイズを小さくすることを検討してみるのがおすすめです。
 

人の指のサイズは変わりやすいもの

結婚指輪を購入するときは、少しだけきつめのサイズを選ぶことがよいとされていますが、それでも人の指のサイズは日々変わるものなので、体型の変化で指輪があわなくなることもあり得ます。
とくに、妊娠中の方や普段からむくみやすい方は、その日の体調によって指輪がゆるくなったりきつくなったりしやすいです。
 
また、季節によっても指のサイズが変わってしまうことがあるため、結婚指輪を購入する際は「その時期」も考慮しなければなりません。
 
たとえば、夏は体温の上昇やたくさんの水分補給により、むくみやすいといわれています。反対に、冬は体温が下がり摂取する水分量も少なくなるため、むくみにくいとされています。仮に夏場、指にぴったりフィットするサイズの結婚指輪を購入してしまうと、冬にはゆるく感じてしまう可能性があります。
 
このほか、指輪のデザインによってサイズが変わることもあります。
幅が広くて太めのリングはワンサイズ大きいものが丁度よかったり、薄くて細めのデザインではゆるく感じたりします。
 
将来的に体型が変化することを予想して指輪を選ぶという考え方もありますが、指輪を着けるのは今の自分なので、今身に着けるのに丁度よいサイズを選ぶことが大切です。
 

サイズが大きな指輪がもたらすトラブルとは?

結婚指輪のサイズが大きかった場合、どのようなトラブルが生じてしまうのでしょうか。以下では、主な3つのトラブルをご紹介します。
 

指輪のデザインが台無しになる

結婚指輪がゆるいと、デザインが台無しになってしまう恐れがあります。なぜなら、サイズが大きいと指輪がくるくる回ってしまい、宝石部分が手のひら側にきてしまう可能性があるからです。正しく身に着けられなくなるほか、せっかくのきれいなデザインが台無しになってしまうため、指輪がゆるいと感じたら早めにサイズ変更をするのが賢明です。

指輪が落下・紛失しやすくなる

結婚指輪のサイズが大きいと、指からすっぽり抜けて落下・紛失しやすくなってしまいます。結婚指輪は、夫婦2人の愛の証です。大切な指輪を傷つけたり失くしたりしないためにも、サイズには気をつけなくてはなりません。仮に、結婚指輪のサイズが大きい場合は早めにサイズ直しをするか、外しておくなどの対応が必要となります。

指輪が変形する可能性がある

結婚指輪のサイズが大きい場合、指輪が変形する可能性もあります。これは、指と指輪の間に隙間ができることで、力を加えたときに歪んでしまいやすくなるからです。わずかな力であれば問題ないものの、重たい荷物を持ったり力仕事をしたりと、強い力を加えるシーンは決してゼロではありません。そのため、指輪を着けたときにゆるいと感じたら、早めにサイズ変更をするのがおすすめです。
 

結婚指輪がゆるいと思ったら、サイズ直しを検討してみては?

女性は妊娠・出産の前後で体型が変化しやすいので、指のサイズが変わることも珍しくありません。もし、「結婚指輪がゆるい」と感じた場合は、サイズ直しを検討するようにしましょう。以下では、指輪のサイズを小さくする方法についてご紹介します。
 

結婚指輪のサイズを小さくする方法

指輪のサイズを小さくする方法には、以下の3つの方法があげられます。
 

アームの内側に素材を足す

結婚指輪のサイズを小さくする方法には、まず「アームの内側に素材を足す」があげられます。結婚指輪をカットする必要がないので、指輪に傷がついてしまう心配がありません。
 
ただし、アームの内側に刻印が施されている場合は注意が必要です。素材を上から足すため、刻印が消えてしまう可能性があります。消えてしまった場合は、再度刻印を施してもらう必要が出てくるので、サイズ直しを依頼する前に「掘り直しに費用は発生するか」「どのくらいの費用がかかるのか」などを確認しておくようにしましょう。

アームの内側にコーティング剤を塗布する

結婚指輪のサイズを小さくする方法には、「アームの内側にコーティング剤を塗布する」もあります。コーティング剤を使うことによって指と指輪の隙間を埋めることができるため、結婚指輪をぴったりサイズに仕上げることが可能です。また、コーティング材は金属アレルギーを防ぐ際にも用いられます。そのため、「あとから金属アレルギーが出てきた」「汗をかいたときだけ金属アレルギーが出る」といった方も安心して身に着けられるようになります。
 
ただし、この方法は「元の素材とは別の素材(コーティング剤)を付け加える」ということになるので、もし「異素材を使いたくない」という方は別の方法でサイズを小さくするのがおすすめです。

アームをカットする

指輪のサイズを小さくする方法には、このほか「アームをカットする」もあります。内径を小さくしたのち、全体を均等に縮めるような作業を行います。カット部分が目立たないように仕上げてもらえるので、「カット跡が残ってしまう」という心配はいりません。
 
ただし、ほかの2つの方法とは異なり、結婚指輪そのものをカットすることになるため、抵抗感がある方もいるかもしれません。その場合は、上述した2つの方法のどちらかを選び、サイズ変更するようにしましょう。
 
なお、サイズ直しについては以下の記事でもご紹介しているので、ぜひご参考ください。
 
結婚指輪のサイズ直しをするならここに注意!
 

購入したショップの保証期間内ならサイズ直しがタダになることも!

 
結婚指輪のサイズがあわなくなり、チェーンを通してネックレスにしている方も見かけますが、結婚指輪は左手の薬指に着けることで2人の絆を強めるともいわれています。
 
きついまま、ゆるいまま身に着けるのは着け心地が悪いですし、ゆるいと落としてしまう危険性があるので、まずはお気軽にショップに相談してみてはいかがでしょうか。
 
結婚指輪は保証期間内なら無料でサイズ直しをしてもらえることが多くあります。ただし、期間を過ぎていたりアフターサービスに含まれなかったりすると、別途費用が発生してしまうことも。また、結婚指輪の素材やデザイン、サイズ直しの方法などによって料金は異なります。そのため、ショップに相談する際は「結婚指輪のサイズ直しは無料か?有料か?」、そして有料の場合は「見積もりはどのようになるのか?」を確認するようにしましょう。
 
なお、結婚指輪のサイズ直しにかかる費用は以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ、チェックしてみてください。
 
結婚指輪のサイズ直し料金はいくらかかる?婚約指輪とあわせて相場を解説
 

あらかじめ要確認!指のサイズを確認する際のポイント・注意点

指のサイズを確認する際は、以下のポイント・注意点を押さえておくようにしましょう。
 

ポイント

指のサイズを適切に測るには、サイズサンプル(サイズを測る用の指輪)を活用するのがおすすめです。使い方としては、まずサイズサンプルを指の根元部分に着けます。そのあと、手を閉じたり開いたりします。
 
このとき、強い圧迫感や痛みを感じた場合はサイズがきつすぎる証なので、ワンサイズ上のサイズを試すようにしましょう。指輪の跡が残るものの、とくに強い圧迫感や痛みを感じない場合は、とくに問題はありません。基本的にリング跡はついてしまうものなので、跡が残ったからといって「きつい」と判断するのは早計です。
 
サイズが合いそうなリングを見つけたら、しばらく着けたままで過ごすのもポイントです。前述したように、その日の体調でも「ゆるい・きつい」と感じ方が違ってくるため、朝と夜で変化がないか確かめておくようにしましょう。
 
このほか、指輪の幅もチェックしておくことが大切です。繰り返しになりますが、結婚指輪のデザインによって幅に違いが出てくるため、着けたときのサイズ感が変わってしまうことがあります。サイズサンプルでぴったりのサイズを見つけても、購入する結婚指輪の幅が違えばサイズ感にズレが生じてしまうことも。そのため、結婚指輪を購入するときは幅も欠かさず確認しておきましょう。

注意点

指のサイズを確認する際の注意点には、「希望のブランドのサイズサンプルを使用すること」があげられます。
サイズが同じであったとしても、結婚指輪の形状によって着け心地は変わってきます。たとえば、一部のブランドのサイズサンプルを使い、自分の指のサイズが「8号」とわかったとしても、それがすべてのブランドで当てはまるわけではありません。
 
先述したように形状によって着け心地が違ってくるので、同じ8号の結婚指輪でもブランドが変われば「ゆるい・きつい」と感じてしまうことがあるのです。これでは計測した意味がなくなってしまうので、指のサイズを確かめる際は必ず希望のブランドからサイズサンプルを借りるようにしましょう。
 
なお、指のサイズの確認方法については以下の記事でもご紹介しているので、ぜひご覧ください。
 
失敗しない結婚指輪のサイズの選び方とは?おさえるポイントと基礎知識をご紹介!
 

結婚指輪は今身に着けるのにピッタリのサイズがおすすめ

結婚指輪は、家事や仕事をしているときにも着けっぱなしの方が多いのではないでしょうか。
サイズがあわず、着け心地の悪い指輪をしているのはあまり気分がよくないものです。そのため、自分の指のサイズにあった結婚指輪にすることが大切です。
 
もし、今現在着けている結婚指輪が「ゆるい」と感じる場合は、紛失したり歪んでしまったりといったトラブルが起こる可能性もあります。大切な結婚指輪を長く身に着けていくためにも、ゆるいと感じた際は早めにサイズ直しをするようにしましょう。
 
また、これから結婚指輪を購入するという方は、適切な方法で指のサイズを確認しておかなければなりません。今回ご紹介した指のサイズを確認する際のポイントや注意点に気をつけながら、自身のサイズにあった結婚指輪を見つけてください。
 
▼結婚指輪を探す
BIJOUPIKOの結婚指輪一覧はこちらから
 

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう