2020.06.18(木)

結婚指輪

指輪のサイズ直しの相場や期間は?サイズ直しの方法や長く愛用するポイントをご紹介

指輪のサイズ直しの相場や期間は?サイズ直しの方法や長く愛用するポイントをご紹介

結婚当初はスラっとしていた指がいつの間にかふっくらして婚約指輪や結婚指輪を着けられなくなった、という方は決して珍しくありません。このとき、諦めて指輪をジュエリーボックスに仕舞う人もいますが、サイズ直しすれば今の自分の指にフィットする指輪に蘇らせることができます。
そこで今回は、婚約指輪や結婚指輪のサイズ直しにフォーカスし、その方法や期間、相場などについてご紹介します。

 

婚約指輪や結婚指輪のサイズ直しをすることってあるの?

「結婚当初から体型をずっとキープしている」という人ももちろんいますが、中には時間の経過とともに体型が変わる人もいます。とくに女性の場合、妊娠・出産を機に体型が変化することもしばしば。その影響で、指のサイズが変わってしまうこともあります。指のサイズが変わると、婚約指輪や結婚指輪が着けられなくなってしまうことも。こうした背景から、指輪のサイズ直しをしている人は決して少なくないといえます。
 

どうやって大きさを調節するの?指輪のサイズ直しの方法

婚約指輪や結婚指輪のサイズ直しの方法は、大きく2つに分けることができます。1つは指輪のサイズを大きくする方法、もう1つは指輪のサイズを小さくする方法です。

指輪のサイズを大きくする方法

指輪のサイズを大きくする方法には、たとえば「素材を付け足す」というものがあります。指輪をカットし、そこに同じ素材を付け足すことでサイズを大きくするのです。主に、溶接が可能なプラチナなゴールドの指輪のサイズ変更に用いられます。形を整えるのはもちろん、磨き上げまで行うので、付け足した部分が目立つ心配はほとんどありません。

この他、「指輪そのものを叩いて伸ばす」という方法もあります。溶接が困難なジルコニウムやチタンなどの指輪で用いられることが多いのが特徴です。指輪そのものに強い衝撃を与えるので、刻印したメッセージがつぶれてしまったり、デザインが少し変化したりする可能性があります。

指輪のサイズを小さくする方法

指輪のサイズを小さくする方法には、「指輪の内側に新たなパーツを付ける」というものがあります。指輪そのものの内径を小さくすることで、デザインはそのままにサイズだけを小さくします。指輪の厚みが変わることで装着感も変化するという注意点もあるので、合わせて押さえておきましょう。

この他、「指輪の一部を切り取る」という方法もあります。指輪のサイズを大きくする方法のひとつ「素材を付け足す」と同様に、溶接が可能なプラチナやゴールドの指輪のサイズ変更に用いられることがほとんどです。指輪の一部がなくなってしまうので、カットする場所によってはデザインが変わってしまう可能性もあります。そのため、この方法でサイズを小さくする場合は、サイズ直し後に整合性が取れるよう、どこを切り取るかジュエリーショップまたは修理専門店に相談しておくことが大切です。

上記でご紹介したそれぞれの方法はあくまでも一例です。サイズ直しの方法は他にもあるので、どの方法が自分好みかを事前に比較検討しておきましょう。

 

時間と費用はどれくらい?指輪のサイズ直しの期間と相場

サイズ直しの期間は、方法や難易度はもちろん、サイズ直しを依頼したジュエリーショップや修理専門店によって異なります。そのため一概にはいえませんが、2~3週間ほどかかる場合がほとんどです。数日程度で完了する可能性はかなり低いので、サイズ直しをする際は余裕を持って依頼することをおすすめします。
 
サイズ直しの相場も期間と同じように一概にはいえませんが、サイズを小さくする場合は3,000円ほどで依頼できることが多いようです。ただし、これはあくまでも目安であり、指輪のデザインはもちろん、どれだけ小さくするかによっても費用は変わってきます。そのため、相場を鵜呑みにせず、まずは見積もりを出してもらうことが大切です。
 
サイズを大きくする場合に関しては、相場と呼べるものはありません。なぜなら、サイズを大きくする方法やその内容によって、費用が大幅に変動するためです。
たとえば、素材を付け足す方法でサイズを大きくする場合、新たにプラチナやゴールドを付け足してサイズを大きくするため追加料金が発生します。素材によってどれほどの追加料金が発生するかは異なるため、一概に相場を出すことはできないのです。こうした点から、サイズを小さくする場合と同様、事前に見積もりを出してもらうことが大切といえます。
 
サイズを小さくする場合は、たとえば指輪の一部分を切除するだけで済みますが、サイズを大きくする場合は、彫刻などのデザインが入っていると直すことが難しいケースもあります。そのため、サイズを小さくするよりもサイズ大きくするほうが費用は高くなることがほとんどです。

結婚指輪のサイズ直しをするならここに注意!

なお、ジュエリーショップによっては、同じ店舗で購入した婚約指輪や結婚指輪であり、かつ保証期間内であれば無料でサイズ調整を行ってもらえることもあります。
サイズ直しの保証期間は、ジュエリーショップやブランドによって異なりますが、購入後1年以内で1回まで無料というところが多いようです。中には生涯無料というブランドもあります。
婚約指輪や結婚指輪のサイズに違和感が出てきたら、まずは購入した店舗に相談してみることをおすすめします。

 

押さえておこう!指輪のサイズ直しをする際の注意点

婚約指輪や結婚指輪のサイズ直しは、簡単に行えるものではありません。指輪のデザインや素材によっては、サイズ直しが困難な場合もあります。
 
一般的にサイズ直しが難しいといわれているのは、指輪全体にデザインが施されたものです。宝石がまんべんなくあしらわれていたり、長文の刻印が施されていたりするものなどがあげられます。これらはサイズ直しをするうえでデザインが変わってしまう可能性が高いため、そのことを了承したうえで依頼する必要があります。
この他、ステンレスやチタンを使用した指輪はサイズ直しが困難だといわれています。とはいえ、絶対にサイズ直しはできないと断言されているわけではありません。そのため、もしサイズ直しが必要な指輪がこれらの素材でできているのであれば、まずはジュエリーショップや修理専門店に相談してみることをおすすめします。
 

定期的なケアがポイント!指輪を長く愛用するためのメンテナンス方法

婚約指輪や結婚指輪を長く愛用するためには、日々のメンテナンスをしっかり行うことが大切です。
 
指輪のメンテナンス方法にはさまざまな種類があり、たとえばクリーニングがそのひとつ。指輪は長く着けていると黒ずんだり、隙間にホコリが溜まったりしてしまいます。こうした汚れを落としてくれるのがクリーニングであり、多くのジュエリーショップで対応しています。指輪を預けてから約30分以内には、結婚当初を思い出させる輝きに仕上げてくれるので、外出ついでに気軽にメンテナンスすることが可能です。
 
この他、今回メインでご紹介しているサイズ直しもメンテナンスのひとつです。指輪が着けられなくなったり、着け心地が緩くなったりしたら、それはサイズが合っていない証。サイズ直しを施して今の指にフィットする大きさに変更することで、違和感のない着け心地を取り戻すことができます。
 
指輪のメンテナンス方法には、他にもたくさんの種類があります。「結婚指輪のメンテナンス方法は?自分でできる簡単お手入れや普段気をつけるポイントをご紹介」の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

 

指輪購入前のポイント!アフターサービスや保証期間をチェックしよう

婚約指輪や結婚指輪は、末永く身に着けたいもの。購入時にアフターサービスの内容や保証期間をチェックしておけば、万が一のトラブルにも迅速に対応することができます。

毎日指輪を着けていると知らないうちに傷がついてしまうことがあります。アフターサービスのひとつとして修理やクリーニングなどのメンテナンスがあれば、傷のケアをしてもらうことができ、購入時のような輝きを取り戻すことができます。
 
保証期間については、ジュエリーショップによってさまざまです。購入から5年間であれば無料で対応するところもあれば、永久的に無料なところもあります。保証期間は長ければ長いほどよいので、指輪を購入する際に合わせて確認しておくことをおすすめします。
 
なお、結婚指輪のアフターサービスに関しては、「長く付けるものだから!結婚指輪のアフターサービスは購入前の確認が大切」の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

 

着けられなくなったら積極的にサイズ直しをしよう!

婚約指輪や結婚指輪のサイズ直しは、これらの指輪を末永く着け続ける方法のひとつ。「もう着けられないから……」と指輪を仕舞うのではなく、積極的にサイズ直しをして、結婚当初のフィット感を取り戻しましょう。サイズ直しは指輪を購入したジュエリーショップのアフターサービスで行ってもらえることもあるので、一度足を運んでみることをおすすめします。

 

結婚指輪・マリッジリングならBIJOUPIKO

何が大切なポイント?末永く後悔しない結婚指輪の選び方とは!?
 
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう