2017.05.03(水)

結婚指輪

結婚指輪のサイズ直しにかかる値段はどのくらい?

06

長く大切に身につけていたい結婚指輪ですが、体型の変化でサイズに違和感が出てくることも多いようです。

長く身につけるものだからこそ、自分にピッタリのサイズにしておきたいですね。

ここでは結婚指輪のサイズ直しにかかる費用についてご紹介します。

結婚指輪のサイズ直しをするケースは意外と多いもの

体型の変化などで結婚指輪のサイズ直しをしている人は多くいます。

女性は妊娠・出産によって体型だけでなく、指のサイズも変わりやすくなっています。

結婚指輪は日ごろずっと身につけるものなので、サイズがあわない指輪をつけていると違和感があり、生活に支障をきたす場合もあるでしょう。

何よりも一番長く身につける結婚指輪ですから、サイズ直しが必要になるケースが多いのも不思議ではありませんね。

結婚指輪の保証期間内ならサイズ直しがタダになることも!

結婚指輪を購入した店舗なら、保証期間内であればタダでサイズ調整を行ってもらえるところがほとんどです。

サイズ直しの保証期間はお店やブランドによって異なりますが、購入後1年以内で1回まで無料というところが多いようです。

中には生涯無料というブランドもあります。

多くの店舗で保証期間が設定されていることからも、結婚指輪のサイズ直しをする人が多いことが伺えますね。

結婚指輪のサイズに違和感が出てきたら、まずは購入した店舗に相談してみることをおすすめします。

サイズダウンなら3,000円前後が目安

サイズ調整をする際、サイズダウンの場合は一般的に3,000円前後で行ってもらえます。

サイズを小さくするときはリングの一部を切除して縮めるので、刻印が入っていない箇所なら問題ありませんが、デザインの種類によっては一度刻印を消してからサイズを縮め、再度刻印を打ち直す必要があります。

デザインがシンプルで装飾や宝石が少ない結婚指輪の方が費用は安価になるようです。

サイズアップは別途見積もりが必要になる?

結婚指輪のサイズアップは、プラチナやゴールドなどの素材を付け足してサイズを大きくするため追加料金が発生します。

デザインや装飾の状態によって値段が変わるので、一律の価格ではなく別途見積もりが必要になります。

サイズダウンよりもサイズアップの方が価格は高くなるでしょう。

サイズダウンは指輪の一部分を切除するだけで済みますが、サイズアップは彫刻などのデザインが入っている場合は直すことが難しいケースもあります。

結婚指輪のサイズ直しをするならここに注意!

購入前に保証期間やアフターサービスをチェックしよう

長く大切に身につけたい結婚指輪ですから、購入時にアフターサービスが充実しているかどうかや保証期間をチェックしておくことをおすすめします。

サイズの微調整だけでなくクリーニングなどのメンテナンスが永久的に無料なところもあります。

毎日身につけていると傷がついてしまうこともあるので、アフターサービスが充実しているお店ならいつでも気軽に相談しやすいですよね。

保証期間やサイズ直しにかかる費用はお店やブランドごとに違うため、結婚指輪を買う前に確認しておくと安心です。

もし購入したいお店やブランドでサイズ直しの対応がない場合、サイズ直しの専門店に相談するという方法もあります。

また、結婚指輪のデザインを選ぶ際には、サイズ直しができるデザインかどうかを考えておくのも大切です。

ダイヤモンドがぐるりと一周囲んでいるエタニティの結婚指輪は、一般的にサイズ直しはできないとされています。

これから出産を控えていて、体型が変わるかも……という人は、サイズ直しができる結婚指輪を選ぶのも良いですね。

結婚指輪のサイズ直しはサイズダウンの方がお手頃

サイズダウンをするだけなら、手頃な価格で直せることがほとんどです。

サイズ直しから戻ってきた指輪を見て、結婚当時を振り返るのも幸せなひとときになるのではないでしょうか。

サイズの微調整は購入した店舗のアフターサービスで行ってもらえることもあるので、一度店舗に足を運んでみることをおすすめします。

結婚指輪・マリッジリングならBIJOUPIKO
何が大切なポイント?末永く後悔しない結婚指輪の選び方とは!?
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう