2020.05.29(金)

結婚指輪

結婚指輪の選び方はどうする?男女別の見るべきポイントをご紹介

結婚指輪の選び方はどうする?男女別の見るべきポイントをご紹介

結婚指輪は愛の誓いを形にした特別なジュエリーです。普段使いのアクセサリーは似合わなくなったり飽きたりしたら何度も買い替えることができますが、結婚指輪はそうはいきません。生涯を使い続けるのにふさわしいかどうかを見極めて買う必要があります。
一生に一度の結婚指輪選びは、どのようにすれば満足がいくものになるのでしょうか。
今回は結婚指輪を選ぶ時のポイントを男女別にご紹介します。素材やサイズの選び方、支払いの方法なども併せてチェックしておきましょう。

結婚指輪は一生もの!じっくり選ぼう

結婚指輪は結婚式で指輪を交換したその日からずっと身に着けるものです。
一目で気に入った指輪があっても、即決するのはおすすめできません。
結婚指輪はおそらく、あなたが持っているどんなものよりも長く深い付き合いになります。
流行りのデザインは数十年後には飽きてしまうかもしれませんし、豪華な装飾が付いた指輪は日常生活では不便に感じるかもしれません。
もちろん、好みのデザインであることは長く愛用するために重要ですが、一生お気に入りでいられるかどうかを想像してみてください。

結婚指輪は店舗に行って買おう

結婚指輪は店舗に行って買おう
結婚指輪は最初に訪れたお店で即購入する方は少なく、いくつかのショップを回ってから最終的に決めるという方が多数派です。ほとんどのカップルは2人で実店舗に行って実物を見比べた上で、じっくり考えてから購入しています。
最近は何でもネットで購入できますが、結婚指輪をネットで買ったカップルはごく少数です。ネットは実店舗を訪れる前の情報収集には便利ですが、Webサイトで見ただけではわからないこともあります。
結婚指輪を購入する時は店舗に行き、実際に見たり触ったりしてから決定しましょう。
»詳しくは 結婚指輪を買ったとき、どのように、どのくらいお店をまわった? を御覧ください。

結婚指輪のデザインの選び方

結婚指輪のデザインの選び方

結婚指輪の選び方で重要なポイントはなんと言ってもデザインです!
先輩カップルは飽きの来ないシンプルなデザインを選んだ方が多く、ストレートデザインが人気です。
結婚指輪は人と被らないデザインで特別感を出したいと考える方も多いですが、個性的=派手ではありません。シンプルなデザインでもダイヤモンドの配置や指輪のラインなどで個性を出すことができます。
休日だけ身に着けるつもりなら話は別ですが、毎日仕事に行く時にも身に着けるならシンプルなデザインの方がおすすめです。デザイン性の高い指輪はTPOに合わせて外さなければならない可能性があります。

»詳しくは

結婚指輪人気デザインランキング
結婚指輪のデザイン!デザインとシンプルなのとどっちがいい? を御覧ください。

結婚指輪の素材の選び方

結婚指輪の素材の選び方

結婚指輪は毎日身に着けるものなので、素材選びは大切です。
直接肌に触れるものですから、着け心地やお肌との相性も確かめてみてください。金属アレルギーの方は特に注意が必要です。
指輪は日常生活の中で他のものとぶつかったり、擦れたりすることを避けられません。長く使っていると表面に傷がつき、変色や変形が起きることもあります。
結婚指輪を長く愛用するためには、できるだけ耐久性の高い素材を選ばなければいけません。

»詳しくは

【結婚指輪をこれから買う方は要チェック!】傷つきを防ぐためにも素材はこだわって選ぶべき!
結婚指輪の素材はやっぱりプラチナ?気になる指輪の素材!
おしゃれなコンビリングも人気!結婚指輪の素材はプラチナ、ゴールド、それとも…? を御覧ください。

結婚指輪の素材として特に人気があるのは、プラチナとゴールドです。どちらも繊細な加工を施しやすい柔軟性と、劣化に強い耐久性を持ち合わせています。しかし、純度が高くなるほど強度は落ちてしまうので、素材だけでなく純度もチェックしてから購入しましょう。
最近ではステンレスやチタンなども結婚指輪の素材として人気が出ています。
金属アレルギーが出ることが少なく、頑丈で錆びないという点から、結婚指輪にはぴったりの素材です。

»詳しくは素材選びに悩んだらステンレスの結婚指輪がおすすめ を御覧ください。
»詳しくは金属アレルギーでも安心できる!対処法と結婚指輪のおすすめ素材 を御覧ください。

結婚指輪のサイズの選び方

結婚指輪のサイズの選び方

指輪のサイズは着け心地や見た目の美しさに関係する重要なポイントです。
サイズが大きすぎると指輪が回って指にフィットしません。せっかくセンターに装飾やダイヤモンドの入った指輪を買っても、着けているうちに中心がズレてしまいます。
サイズが小さすぎると指が締め付けられて疲れやすく、見た目も指に食い込んでいては美しくありません。
指輪はぴったりサイズの方が着け心地がよく、見た目も美しく見えるものです。ただし、人によっては少しゆるめかきつめの方が「フィットしている」と感じる場合もあります。店頭でじっくり試着してしっくりくるサイズ感を見つけてください。

指は体調や時間帯によってむくみやすい部分です。例えば、お酒を飲んだ翌日や仕事の帰りなどにジュエリーショップに行く場合は、いつもより指のサイズが大きくなっている可能性があります。
女性の場合、妊娠中はむくみやすく体重が増加することも考えられるため、出産前に購入した指輪が出産後にはブカブカになってしまうかもしれません。
むくみが原因で指輪のサイズが1~2号変わってしまう場合もありますので、できれば日を変えて何度かサイズ感を確かめるのがおすすめです。

»詳しくはその選び方で大丈夫!?結婚指輪に適したサイズとは を御覧ください。

男性の結婚指輪の選び方

結婚指輪の選ぶ時のポイントをご紹介しましたが、男性と女性では好みやこだわりが一致しない場合もあります。指輪は毎日身に着けるものですから、ライフスタイルや普段の服装に合うものを選びたいですよね。
結婚準備は女性主導で進めるカップルが多いイメージがありますが、指輪選びで男性はどのような選択をしているのでしょうか。
アンケートの結果をもとに、男性の結婚指輪の選び方をまとめました。

彼女の好みが最優先

彼女と好みが全く合わなかった場合の選び方は「彼女には似合うけど自分の好みではない」指輪を選ぶ方が94%、「自分には似合うけど彼女の好みではない」指輪を選ぶ方は6%でした。
2択なら自分に似合うかどうかよりも、彼女の好みに合わせる男性がほとんどです。
「彼女を喜ばせたい」「女性の方が結婚指輪を特別なものと感じている」など、彼女の気持ちを考えて選んだという意見が目立ちました。
結婚指輪に対して特にこだわりがない方や、仕事の都合で身に着ける時間が短いという理由で彼女の意見を優先した方もいます。
一方、自分に似合うものを選ぶという少数派の意見は「好みでないものをずっと着けていられない」「常に身に着けるものなのでストレスの少ないものがいい」などがありました。結婚指輪を常に身に着けたい男性には譲れないこだわりがあるようです。
結婚指輪の資金を男性が用意する場合「お金を出す人が選ぶべき」と考える方もいます。

2人の好みが一致したカップルも

男性の指輪選びに関する別のアンケートでも女性の好みに合わせた方が53%を占め、「自分の譲れないこだわりがある」と回答した方はわずか3%でした。
「2人の好みが一致している」カップルは36%で2番目に多い結果となりました。
「2人で話して好みが合うものがいい」「2人で探しに行って好みが一致したところで決定した」など、2人の好みを一致させることにこだわって選んだようです。

2人が満足のいく結婚指輪を見つけよう

2つのアンケートを見てみると、女性の意見を尊重して結婚指輪を購入した男性が大半でした。
同時に、男性と女性の好みはすれ違ったままとは限らず、時間をかければ一致する可能性も見えてきましたね。
2人でジュエリーショップに足を運び、話し合って意見を一致させるのは時間がかかるかもしれません。しかし、最終的に2人が満足のいく結婚指輪を購入できれば、悩んだ時間もいい思い出になるでしょう。

参考:
bijoupiko
bijoupiko

女性の結婚指輪の選び方

結婚指輪選びは女性の意見が優先されることが多いですが、どんな指輪を選べばいいのかわからない女性もいるでしょう。女性が結婚指輪を選ぶ時に見るべきポイントは次の3つです。

婚約指輪と重ね着けできるか

婚約指輪は結婚式の後どうしても出番が少なくなりがちです。しかし、婚約指輪と重ね着けできる結婚指輪を購入すれば、2つ一緒に楽しむことができます。
重ね着けする場合は見た目の相性がよく、指輪のラインがぴったり合うものを選びましょう。婚約指輪と結婚指輪のセットリングを取り扱っているブランドもあります。セットリングでなくても、テイストの近い指輪を組み合わせておしゃれを楽しむことも可能です。
せっかくもらった婚約指輪を仕舞ったままにしたくない方は、重ね着けできる結婚指輪を探してみてください。

手の大きさや指の形に似合うか

指輪は手の大きさや指の形によって似合うものと似合わないものがあります。
例えば、小さい手の方で指が細く短い場合、幅広で太めの指輪は相性がよくありません。バランスが悪く見えてしまいます。
細くて長い指なら基本的にはどんなデザインでも似合いますが、幅広でボリュームのある指輪は指が貧相に見える可能性があります。
どんな指にも必ず似合う指輪があるものです。ジュエリーショップのスタッフは結婚指輪の専門家ですから、アドバイスをもらいながら試着してみてください。

ダイヤモンドはあり?なし?

ダイヤモンドは小さくても手元を華やかに美しく見せてくれます。ペアの結婚指輪でも女性用のみダイヤモンド入りの商品も多いです。
ダイヤモンド入りの結婚指輪を選ぶ場合は取り扱いの注意店と、お手入れの方法もおさえておきましょう。
ダイヤモンドは地球上で最も硬い鉱物なので破損の心配は少ないですが、油汚れが付きやすい石です。化粧品や調理油などが付着するとくすんでしまいます。メイクや料理の時は指輪を外し、定期的にクリーニングを行ってください。
複数のダイヤモンドが埋め込まれたデザインの場合は石の間に汚れが詰まりやすいので、注意が必要です。指輪を外したり、お手入れをしたりするのが面倒な方はダイヤモンドなしの指輪も検討してみてください。

結婚指輪の支払いはどうする?

結婚指輪の支払いはどうする?

結婚指輪は長く愛用するジュエリーですから、決して安い買い物ではありません。購入時の支払いをどうするかは、事前に2人で話し合っておきましょう。
参考までに先輩カップルの傾向をご紹介します。
結婚指輪はお互いが交換し合うものなので、購入する時の資金は折半するという意見も一定数ありました。しかし、多くの男性は「男性が支払うべき」と考えいるようです。2人で支払う場合も「男性が多めに出すべき」という意見が全体の8割を占めています。

»詳しくは男性に聞いてみました!結婚指輪を買うときは割り勘が普通なの? を御覧ください。

結婚指輪の支払い方法で最もポピュラーなのは現金払いです。クレジットカードで支払った方は3割弱でした。
ごく少数ではありますがローンを組んで購入した方もいます。
支払い方法は指輪の購入金額や経済状況によってさまざまです。結婚式や新婚旅行など、結婚準備には他にもお金がかかりますので、無理のない支払いができるように考えてくださいね。

»詳しくは結婚指輪の支払いは現金?それとも分割でローン? を御覧ください。

まとめ

結婚指輪はお互いの指にしっかりとはめ込まれる愛の証です。
デザインやサイズ、素材にこだわって選べば、一生涯身につけられる自分たちだけのベストを見つけることができます。
時間がないからと焦って適当なものを選んでしまわないように、結婚指輪選びは余裕を持って始めてください。

結婚指輪・マリッジリングならBIJOUPIKO

 
結婚指輪なら
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)
 
 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう