2021.09.06(月)

恋愛

復縁結婚した人の共通点とは?よりを戻すきっかけをご紹介

復縁結婚した人の共通点とは?【昔の恋人が忘れられない…方必見!】

昔の恋人が忘れられず、なかなか次の恋に進めないという方は少なくないはず。「あのとき別れなければ」と当時の自分を悔やみながら、復縁できないかと期待している方もいるかもしれません。復縁したのち結婚したカップルは決して珍しくなく、その人たちには共通の特徴があるようです。
 
そこで今回は、昔の恋人と復縁し結婚した人の特徴や復縁のきっかけについてご紹介します。別れた今もなお、昔の恋人に想いを寄せている方はぜひ読んでみてください。
 

どんな人がよりを戻してるの?昔の恋人と復縁できる人の特徴

どんな人がよりを戻してるの?昔の恋人と復縁できる人の特徴

 

別れたあと別々の時間を過ごすなかで、改めて相手の良さを実感することは多いもの。昔の恋人を忘れられない方は、今そのような状況下にあるのではないでしょうか。
別れた恋人と復縁し結婚にまで至った人には、以下でご紹介する共通の特徴があるといわれています。もし、今現在の自分に該当するものがないのであれば、少しだけ意識してみるとよいかもしれません。
 

別れたあとに下を向かなかった

昔の恋人と復縁し結婚した人には、「恋人と別れたあと、悲しみを引きずらなかった」という特徴があります。
 
恋人との別れはとても悲しいもの。その気持ちを引きずってしまう方は決して少なくありません。しかし、その状態を長引かせることにメリットはほとんどなく、ネガティブになったり自分に自信を持てなくなったりして、何事にも悲観的になってしまいます。また、社交性も低くなるので人間関係を深められなくなってしまうことも。
 
その点、悲しみが一段落したら気持ちを切り替え、前に進もうとした人は心身ともに元気になり、何事もポジティブに考えられるようになります。また昔の恋人に執着せず、いろいろな場所に出向き、さまざまな人と交友関係を深めることで、明るく楽しい人生を歩めるようになるのです。元気で明るく社交的な人は、男性はもちろん、女性から見ても魅力的。そういった一面を昔の恋人が見ることで、好きな気持ちが蘇る可能性があるのです。

自分を変えようとした

自分自身の性格や態度などによって、恋人と別れたことがある方もいるのではないでしょうか。もし、別れた原因がそのような内容であれば、自分自身を変える意識を持つことが大切です。なぜなら、復縁し結婚した人には「自分を変えようとした」という特徴があるためです。
 
恋人との別れにしっかり向き合い、自分が変わろうとすることは成長につながります。たとえば、別れた原因がコミュニケーション不足であれば、社交性を高めたり人見知りを改善したりすることで、自分の意見を伝える素敵な女性に成長できます。些細なことでも何らかの成長をした人は、誰から見ても魅力的です。別れた恋人には、「付き合っていたときからっ成長している」「もっと魅力的な女性になった」という印象を与えることができるので、結果として復縁しやすくなるのです。

自分をしっかり持っている

昔の恋人と復縁し結婚した人の特徴には、「自分をしっかり持っている」といったものもあります。
 
たとえば、別れたのにもかかわらず相手に頼ってしまう人の場合、必要以上の執着により相手を怖がらせてしまう可能性があるほか、最悪の場合、相手に都合よく利用されてしまう可能性も。対等の立場ではなくなってしまうので、信頼関係を築けなくなってしまいます。
 
その点、自分をしっかり持っている人は相手に頼りすぎず程よい距離をキープできるのはもちろん、自分を信じて行動できるので、相手だけでなく周囲の人からの信頼も得やすくなります。昔の恋人との間に何らかの問題が発生したとしても、対等な立場で相手を思いやりながら会話できるので、スムーズに打ち解けることができ、結果として復縁しやすくなります。
 

いつどこでよりを戻すの?昔の恋人と復縁するきっかけ

いつどこでよりを戻すの?昔の恋人と復縁するきっかけ
 

では、昔の恋人と復縁するきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。
 

友人のお節介による食事会・同窓会

昔の恋人との間に共通の友人がいる場合は、その友人のお節介によって昔の恋人と再会することがあります。これがきっかけとなり、復縁に至ったという人は決して少なくありません。
たとえば、食事会がそのひとつ。仲間内での食事会に参加した際に昔の恋人と再会し、改めて好きな気持ちに気づき、連絡を取り合うなかで復縁したというケースがあります。同窓会は、随分前に別れた元恋人と再会しやすいシチュエーションです。学生時代の思い出話に花を咲かせていると、付き合っていた頃の淡い思い出も蘇ってくるもの。自然と仲が深まり、結果的に復縁していたというケースもあるようです。

街中でばったり遭遇

「街中でばったり遭遇したことがきっかけで復縁した」というケースもあります。同じ時間に同じ場所にいたという、運命を感じさせるような再会に胸を弾ませ、結果として復縁に至るのです。このケースは趣味が同じだったり、好きなファッションブランドが同じだったりする場合にとくに起こりやすく、行動範囲が似ているので遭遇する可能性がグッと高まります。

SNSの投稿

現代において、SNSは立派なコミュニケーションツールのひとつ。使っていない人のほうが少ないほど、今やほとんどの人が日常的に活用しています。そんなSNSがきっかけで復縁したというケースもあります。
たとえば、昔の恋人とSNSで繋がっている場合、「〇〇さんが久しぶりに投稿しました」「〇〇さんがアルバムを更新しました」などの通知が来ることも。これがきっかけで相手のことが気になるようになり、久しぶりに連絡を取り合って、最終的に復縁したというケースがあります。

 

二度目の別れは絶対避けよう!復縁結婚がうまくいくコツ

昔の恋人と復縁し結婚できたら、その幸せな生活を長く保ちたいもの。別れによる悲しみを二度と味合わないためには、対等な関係性をキープしたり相手を思いやる気持ちを持ったりして、良好な復縁結婚を実現する必要があります。
 

対等な関係性をキープする

復縁結婚がうまくいくコツのひとつに「対等な関係性をキープする」というものがあります。これは、相手に尽くしすぎることで、相手が現状の関係性に甘えてしまうのを防ぐためです。一方がもう一方に尽くしすぎることは、夫婦にとって良好な関係性とはいえません。夫婦はあくまでも対等であり、どちらかが偉いということはないので、結婚したら対等な関係性を築き、それをキープし続けることが大切です。

相手を思いやる気持ちを持つ

「相手を思いやること」も、良好な復縁結婚を実現するコツのひとつです。自分勝手が過ぎると、相手に不快感を与えてしまい、最悪の場合、二度目の別れが訪れる可能性も。そうならないためには、一つひとつの言動において、相手を思いやる気持ちを忘れないことが大切です。
たとえば、相手に対する不満を伝えたいときは、その内容だけを直接的に伝えるのではなく、なぜそういうことになっているのか理由を聞いてみたり、不満に対する解決策を提示してみたりするのがおすすめ。そうすれば、相手もムッとなることなく、しっかりと向き合ってくれるはずです。

“当たり前”をゼロにする

良好な復縁結婚にするコツには、「当たり前をゼロにする」というものもあります。恋人から夫婦になり一緒に過ごす時間が長くなると、「側にいて当たり前」「やってくれて当たり前」という気持ちになることも。これは夫婦の亀裂につながり、仲が悪くなってしまう可能性があります。そのため、当たり前を作らないのはもちろん、当たり前だと考えないようにすることが大切です。
たとえば、女性が毎日家事を行っているのであれば、その行為に対し「ありがとう」と伝えるようにしましょう。その一言があるだけで、女性は大きな喜びを感じるはずです。
 

まずは自分を見直すことから始めましょう!

昔の恋人と復縁し結婚している人には、別れたあと「悲しみを引きずらず前を向いた」「自分を変えようとした」「自分を持っている」という共通点があります。もし、昔の恋人が忘れられず、心のどこかで復縁を願っているのであれば、まずは自分を見直すことから始めてみるとよいかもしれません。この記事でご紹介した内容を参考に、昔の恋人が振り向いてくれるような新たな自分に生まれ変わってみてください。

 

ブライダルリングショップリスト

 

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう