2017.05.03(水)

入籍、結婚準備

新婚夫婦が幸せになれる!サムシングフォーとは

05

欧米から伝わる結婚式の文化、「サムシングフォー」をご存じでしょうか?

これは、ある4つのものを身につけることにより、新郎新婦が結婚生活を幸せに送ることができるといわれているものです。

では、具体的にどんなものか見ていきましょう。

そもそも「サムシングフォー」とは?

サムシングフォーとは、およそ200年も前からある欧米発祥の幸せを願うおまじないです。

「何か新しいもの」「何か借りたもの」「何か古いもの」「何か青いもの」、この4つのものを花嫁が身につけることにより、永遠の幸せがもたらされるといわれています。

具体的には、「何か新しいもの」は挙式の為に新調したもので、ウェディングドレスや靴などがあります。

「何か借りたもの」は、幸せな結婚生活を送っている友人などから物を借りることが多く、ハンカチやベールなどを当日借りて身につけます。

そして、「何か古いもの」は先祖から受け継がれているものが一般的で、欧米ではジュエリーなどの装飾品が多く、代々受け継がれているウェディングドレスを着ることもあります。

最後の「何か青いもの」は、花嫁のブーケや装飾品に青いリボンをつけることもありますが、日本では結婚指輪にブルーの宝飾品を埋め込むことが多いです。

結婚指輪にはサムシングブルーを

サムシングフォーのなかでも、「サムシングブルー」は日本でもよく知られており、近年では結婚指輪にブルーサファイアやブルーダイヤモンドを埋め込むことが多く見られます。

特に、ブルーサファイアには「誠実」や「一途な想い」といった宝石言葉もあり、これからの幸せな結婚生活を象徴するのにぴったりの宝石といえそうです。

婚約指輪の外見デザインとして取り入れられることもありますが、結婚指輪の内側にさりげなく埋め込まれていることが多く、常にお守りとして普段から身につけることもできるでしょう。

もともと、サムシングブルーは人目につかないようにして身につけるのが良いとされ、欧米では花嫁のガーターベルトに青いリボンをつけるのが多いようです。

しかし日本では、ガーターベルトを普段から着用している女性は少なく、ややセクシーな印象が強いため、指輪でのサムシングブルーが受け入れられるようになりました。

青は幸せや信頼を象徴する色であり、聖母マリアのシンボルカラーともいわれています。

新郎新婦の、両方の指輪にサムシングブルーを入れることで、お互いが幸せな結婚生活を迎えることができそうです。

お守りには「シックスペンスコイン」も

もともとは欧州のマザーグースの歌から生まれたサムシングフォーですが、その歌には続きがあり、「そして花嫁の左靴にはシックスペンスを。」と歌われています。

昔は、花嫁の左足の靴の中にこのシックスペンスコインをそっと入れておくと、「2人はいつまでも幸せに暮らせる」といわれてきました。

ただ、実際のところ、靴の中にコインを入れて過ごすのは難しいこともあり、今では手に入れたコインをケースに入れて保管したり、アクセサリーにリメイクして身につけたりする花嫁が多いです。

また「財運の富」を象徴するコインとしても知られており、お守りとして財布の中に入れておく人もいます。

サムシングフォーに続き、このシックスペンスコインも幸せな結婚生活を送ることのできるお守りとして、日本でも徐々に広まっています。

来店予約をするだけで、この幸せを呼ぶシックスペインコインがプレゼントされる特典があります。

ぜひ結婚指輪の購入と一緒に、シックスペンスコインもゲットしましょう。

シックスペンスコイン キャンペーン
ブライダルリングショップリスト

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう