2017.05.03(水)

入籍、結婚準備

幸せ気分はあなただけ!?寿退社する際に気をつけるべきこと

04

晴れて結婚が決まり、寿退社を予定している方。

寿退社をする際には、いくつかのルールやマナーがあることをご存じでしょうか?対応次第では、退職までの期間、居心地の悪い思いをすることもあるかもしれません。

今回は、職場の人たちと良い関係のまま 笑顔で退社するために、知っておきたい注意点をいくつかご紹介したいと思います。

寿退社を歓迎しない人もいる

昔は「結婚したら寿退社」というのが既定路線でしたが、生き方が多様になってきた昨今、寿退社に対してもさまざまなイメージを持たれるようになりました。

とあるアンケートの結果では、うらやましい、憧れるなどの良い印象を持つ人もいますが、反対に、仕事に対する責任感がない、結婚を理由に仕事から逃げたのでは?と、否定的に感じる人もいるようです。

実際、入社後に一から教育するのにかけた費用や労力が無駄になってしまう上、一時的に同僚の仕事が増えたり新たに人員を雇ったりする必要も出てくるため、夫の転勤や結婚を機に実家の商売を継ぐなど、どうしても辞めなければならない事情でない限り、会社へ迷惑がかかるという点で否定的な印象を持つ人も少なくないようです。

そのほかにも、女性社員に「同僚の寿退社をどう思うか?」と尋ねたアンケートの結果では、5人に2人が正直迷惑だと感じていることが分かりました。

共働きを余儀なくされている人や婚活中の人など、働く女性の状況はさまざまです。

一般的に順風満帆に見える寿退社は、嫉妬心をあおることもあるため、幸せの絶頂の中であっても、周囲の気持ちを意識したふるまいを心がけましょう。

寿退社するときに注意したいルール&マナー

従業員が会社を辞めるとなると、会社では従業員の配置換えや新たな人員の確保、業務の引継ぎ、退職時に必要な書類の準備など、さまざまな業務が増えます。

会社に迷惑をかけないためにも、残っている有給休暇の日数を確認し、余裕をもって退職日を決めることが大切です。

一般的には、退職希望日の3カ月前が良いとされていますが、進行中のプロジェクトや繁忙期が終わってからなど、状況に応じて周囲に迷惑のかからない日を設定しましょう。

また、結婚と退社の意向を最初に報告するのは、直属の上司です。

同僚やそのほかの人から上司の耳に入らないよう、上司に報告するまで周囲には秘密にしておくと良いでしょう。

引継ぎの日程や同じ部署内の人に報告するタイミングなどは、このときに上司と一緒に決めることで、スムーズに進めることができますよ。

報告が終わったら退職願いを出し、承認されたら退職届を提出します。

この際、退職願は取り下げできますが、退職届は取り下げることはできませんから注意しましょう。

また、マニュアルを作る、イレギュラーな事態の対応策や書類の保管場所を連絡するなど、引き継いだ人がスムーズに仕事ができるよう準備しておくことも大切です。

これらのルールをおさえつつ、個人的な事情で迷惑をかけることをしっかりと謝っておきましょう。

誠実な態度で残りの期間を過ごすことで、寿退社に対する周囲の反応もきっと良くなりますよ。

婚約指輪は職場でつけていいの?

寿退社の意向を伝えると同時に気をつけておきたいのが、婚約指輪の扱い方です。

式を挙げた後、日常的につけるのは結婚指輪になるため、婚約指輪を今のうちにつけておきたいと思う人も多いでしょう。

しかし、婚約指輪を職場で安易につけるのはおすすめできません。

結婚指輪以外の華美なアクセサリーを禁止している会社はもちろん、商品を手で触ったり重い物を運んだりする仕事では、指輪から飛び出た石の部分で商品を傷つけたり、指輪が変形・破損する恐れもあります。

また、寿退社だけでなく、婚約指輪が原因で周囲の女性からねたみを買うこともあります。

結婚が決まって幸せな時期ではありますが、退社の進め方や婚約指輪に関しては、周囲に配慮した対応を心がけ、円満退社を目指しましょう。
ブライダルリングショップリスト

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう