2017.04.18(火)

結婚指輪

授かり婚のカップルにおすすめ!結婚指輪とベビーリングで家族の思い出作りに

15

赤ちゃんの誕生祝いにベビーリングを贈るカップルが増えています。
特に授かり婚のカップルは赤ちゃんの存在が身近なので、赤ちゃん誕生のプレゼントにも関心が高いことでしょう。

ベビーリングとは何か、どんな使い方をするのかについて紹介します。

「幸せになれますように」両親からのファーストプレゼントの意味

03

ヨーロッパでは「銀のスプーンをくわえて生まれてきた子供は幸せになれる」という言い伝えがあり、赤ちゃんが生まれたときに小さなスプーンを贈る習慣があります。
食べ物に困ることなく、経済的に安定して過ごすことができるようにという親心ですね。
日本でいうお食い初めのようなものでしょうか。
日本では、銀のスプーンではなくベビーリングを贈ることが広がりつつあります。
ベビーリングとは赤ちゃんの誕生石をあしらった指輪のことです。
赤ちゃんの小指に入る大きさで、赤ちゃんが生まれたときや1歳の誕生日に贈ることが多くなっています。
シンプルなデザインのものから、王冠をかたどったゴージャスなものまで様々なものが出ています。

ベビーリングは指輪に埋め込まれた誕生石が、赤ちゃんを災いから守り健やかに成長させてくれるといわれています。
赤ちゃんの生まれた月の誕生石を選ぶのが一般的ですが、石の持つパワーから別の宝石を選ぶこともあります。

また、誕生石の色が気に入らない場合もあるかもしれませんが、そのようなときは誕生石の色違いを探してみましょう。
たとえば、3月の誕生石のアクアマリンは水色の石ですが、モルガナイトと呼ばれるピンク色のアクアマリンもあります。
他にも赤いエメラルドや、緑のアメジスト、黄色いサファイアなどオーソドックスな石の色とは全く異なる石が存在しています。

価格としては、定番のものと同程度のものから高額のものまで様々です。
赤ちゃんが生まれる前にベビーリングを準備する場合は、予定日と実際の誕生日で誕生石がずれてしまうこともあるので、早めに準備する場合、石の意味にもこだわって準備するのがおすすめです。

素材、デザインは?使い方は?

06

結婚指輪と同様に、ベビーリングの素材選びも大切です。
長期保管、長期使用に耐える素材である必要があります。
プラチナ素材であれば安心ですが、そもそもにして、ベビーリングは結婚指輪ほどメジャーではないので取扱店が限られているという懸念があります。
ゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドなど、素材の種類にもこだわる場合は、早めに準備を進めておきましょう。

ベビーリングの使い方としては、生まれた赤ちゃんに指輪をはめるのは誤飲やケガなどの原因になるので、記念撮影をしたらはずしましょう。
写真を撮ったら、赤ちゃんが大きくなるまで保管して、成人式などのライフイベントのときにプレゼントしたり、ママがペンダントとして使ったりするなど、それぞれの家族にあった使い方ができます。
ママがペンダントとして使う場合は、ゴージャスなデザインのものにすると、アクセサリーとして見映えがするでしょう。
誕生石が指輪の台座部分にもあしらわれたものにすると、トップが重みで下に向いてしまうこともなく素敵です。

デザイン、地金の素材、誕生石とこだわりを持てば選択肢はたくさんあります。
赤ちゃんのファーストプレゼントにはぜひ、両親が好きなものを贈ってあげてください。

授かり婚カップルの結婚式ではベビーリングセレモニーが急増中

12

最近は、授かり婚のカップルが結婚式のときにベビーリングセレモニーをすることが多くなっています。
お腹の中にいる赤ちゃんが元気に育つようにという願いを込めて、ネックレスにして花嫁さんの首にかけるというセレモニーです。
つわりや体調が不安な花嫁さんにも負担なくできます。
もうすぐ生まれてくる赤ちゃんをたくさんのゲストに祝福してもらえるベビーリングセレモニーは、きっと思い出深いものになることでしょう。

家族の記念に、授かり婚のカップルは結婚指輪を決めたらベビーリングも探してみてはいかがでしょうか。
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう