2017.10.01(日)

ダイヤモンド

婚約指輪選びに悩む男性必見!ダイヤモンドプロポーズとは?

bridalnote10-1

愛する女性へのプロポーズ。一生の思い出になるだけに、記憶に残る演出を心掛けたいものです。そのためにも婚約指輪は必須アイテムですよね。ただし、指輪のサイズや好みのデザインがわからないと準備が難しくなるかもしれません。
そんなときは「ダイヤモンドプロポーズ」という方法があります。ここでは、ダイヤモンドプロポーズについて、その特徴やメリットについてまとめました。

指輪のサイズがわからなくても大丈夫!「ダイヤモンドプロポーズ」がある

3-1%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a3%e3%81%a6

プロポーズは交際中の男女にとって大きな節目になります。また、将来を左右する大事なイベントになるため、男性は真心を込めてプロポーズをしたいものです。
プロポーズのタイミングは人それぞれです。2人の交際期間や親密度によっても異なります。既に同居しているカップルにとっては、結婚に踏み切れるチャンスではないでしょうか。
プロポーズのときは、男性から女性に婚約指輪を贈ることが一般的です。そのため、男性にとって指輪選びは大きな課題になります。まず、指輪にはサイズがあることを知っておくことが大切です。また、彼女が好むデザインを把握する必要性も出てきます。もし、贈った指輪を彼女が気に入らなければ、せっかくの計画が台無しになるかもしれませんね。
しかし、これまで指輪のサイズなどを聞いたことがない人は、改めて聞くのも不自然かもしれませんね。そんなときに、おすすめなのが「ダイヤモンドプロポーズ」です。こちらの方法を知っておくと、サプライズでのプロポーズも夢ではありません。

プロポーズでダイヤモンドを!婚約指輪のデザインはあとで選べる

403583560ca977771999a37ed7d34aa4

ダイヤモンドプロポーズとは、文字通りダイヤモンドを贈ってプロポーズすることをいいます。仮のプロポーズ用リングにダイヤモンドを留め、プロポーズ成功後は二人でデザインを選ぶことができます。そのため、指輪のサイズが合わないといったリスクがなく、一人で指輪のデザイン選びに迷うこともありません。ダイヤモンドが留められたプロポーズ用リングはケースに入れて渡すため、雰囲気を壊すことなくプロポーズできるのです。このような理由から、婚約指輪を贈る男性にはメリットが多いのではないでしょうか。
また、婚約指輪を受け取る側の女性にとっても、よいことばかりです。何よりも、自分の指に合うピッタリサイズの指輪をつくれるのがうれしいですよね。さらに指輪のデザインを自分で選べる楽しみが待っています。プロポーズ後に2人で指輪のデザイン選びをすることで、プロポーズの喜びが倍増するのではないでしょうか。

ダイヤの品質にこだわることが大事

11

ダイヤモンドプロポーズを選ぶと、指輪のサイズなどを知らなくてもプロポーズできます。そのため、助かると考える男性がいるかもしれませんね。しかし、どのようなダイヤモンドでもよいというわけではないのです。これからの長い人生をともに歩む大切な女性への贈り物です。ダイヤモンドの品質にはこだわりましょう。そのためには、ダイヤモンド選びの基本を知っておくことが大切です。
ダイヤモンドを選ぶときのポイントとして、重さを表すCARAT(カラット)・透明度を表すCLARITY(クラリティ)・色を表すCOLOR(カラー)・研磨の具合を表すCUT(カット)の「4C 」があります。CARATという表現を見聞きする機会が多いかもしれませんが、これを機にほかの言葉についても調べておくとよいですね。
なお、婚約指輪の相場として「給料の3カ月分」との説がありますが、あくまでも参考に留めることが大事です。婚約後には結婚式や新生活が控えていますので、無理のない範囲内で購入しましょう。

ダイヤモンドプロポーズはサプライズのプロポーズにおすすめ

a45d923e8154feaab232bac0e287a85a

プロポーズは一生に一度の大イベントであるために、男性にかかるプレッシャーは半端ではありません。もし婚約指輪を喜んでもらえなかったら、サイズが合わなかったら……と心配になる人も多いことでしょう。しかし、最初から一緒に指輪選びをするとプロポーズの感激が薄らいでしまう可能性もあります。
ダイヤモンドプロポーズでは、感動のプロポーズ成功後に好みの指輪をじっくり選べるというメリットがあります。またプロポーズ用リングのサイズが合わなかったとしても、後から選んだリングにダイヤモンドを留めてもらえるため、頭を悩ませることもありません。確実に、それでいて素敵なサプライズプロポーズにしたいと考えているのなら、ダイヤモンドプロポーズを検討してみてはいかがでしょう。

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう