2017.10.07(土)

ダイヤモンド

ダイヤモンドの輝きに思いを込めて!婚約指輪に映えるデザインを紹介

02_1

宝石の王様とも称されるダイヤモンドは、婚約指輪でも人気のジュエリーです。見る人を魅了する輝きは、ふたりの思いをつなぐ婚約シーンにふさわしいと言えるでしょう。
そこで今回は、婚約指輪に映えるダイヤモンドの人気デザインを紹介します。

センターダイヤのシンプルデザイン「ソリティア」

02_2

地球上で最も硬い天然の物質と言われるダイヤモンドは、その性質から「永遠の絆」などの宝石言葉を持ちます。婚約の際にダイヤモンドを贈るということは、永遠の絆を誓うという深い意味も併せ持つのです。そんなロマンチックなダイヤモンドの魅力を最大限にいかしたデザインが「ソリティア」です。ソリティアはセンターに一粒ダイヤモンドを施したシンプルなデザインが特徴で、ダイヤモンドならではの美しさがより一層引き立ちます。
婚約指輪を男性がひとりで購入する場合、どんなデザインを選べばいいのか迷うところかもしれませんが、そんなときにもソリティアはおすすめのデザインです。派手すぎず、それでいて品の良い華やかさを持つソリティアは、身に付ける人を選びません。また、飽きのこないデザインのため、結婚後は結婚指輪と重ね付けして普段使いも楽しめます。婚約という人生の一大イベントの思い出をいつも身に付けていられることも、女性にとってはうれしいポイントと言えるでしょう。ソリティアはダイヤモンドの大きさや、ダイヤモンドを支える爪の有無でも印象が変わります。その点も踏まえて店頭で見比べてみると、ぴったりの指輪が見つかるはずです。

複数のダイヤモンドで手元が華やぐ「メレ」

02_3

「メレ」はセンターストーンの周りに小さなダイヤモンド(メレダイヤモンド)を配した華やかなデザインの指輪です。メレダイヤモンドの数や配置によって印象が変わるため、オリジナリティを大切にしたいカップルにも人気となっています。
シンプルさが魅力のソリティアに対し、メレは女性らしさやかわいらしさも演出できることが特徴です。メレダイヤモンドの配置によってはリボンや花のようにも見えるため、フェミニンなアイテムを好む女性にも喜ばれるでしょう。そのほかにも、センターストーンを取り囲むようにデザインされた豪華なものや、メレダイヤモンドをアシンメトリーに配置した個性的なものなどさまざまなデザインがあります。華やかな見た目は特別感が大きく、女性をお姫様気分に導いてくれるはずです。

「パヴェ」や「エタニティ」など豊富にあるデザイン

02_4

ソリティアやメレなど定番人気のデザインのほかにも、ダイヤモンドの婚約指輪は豊富に揃います。たとえば「パヴェ」は、メレにも増して華やかなデザインが特徴です。フランス語で「石畳」を意味するパヴェは、その名の通りアーム(指を通す輪の部分)にメレダイヤモンドが敷き詰められたラグジュアリーなデザインが目を引きます。ひとつ身に付けるだけでも存在感が強いため、派手なアイテムを好む女性に最適です。一個一個のダイヤモンドが競い合うように輝く様子は、豪華そのものと言えるでしょう。
なお、メインにセンターストーンも施したタイプなら、よりゴージャスな印象が高まります。そして、「永遠」を意味する「エタニティ」と名付けられたデザインも、婚約指輪として人気のデザインです。エタニティはリングに途切れなく同サイズのダイヤモンドが並んでおり「途切れない愛」を誓う婚約シーンを華やかに演出してくれます。

ダイヤモンドがふたりの愛をつなぐ

02_5

婚約指輪として人気のデザインのなかから、4つのタイプを紹介しました。富の象徴でもあるダイヤモンドは、これから家庭を築き、共に生きていく男女にとって最適なジュエリーと言えます。ぜひ店頭に足を運び、自分たちに一番合うダイヤモンドと出会ってください。カップルで一緒に選んでも、男性がこっそり選んでサプライズにしても、きっと人生最高の思い出になるはずです。ダイヤモンドの輝きが、ふたりの愛をつないでくれることでしょう。


 

婚約指輪のビジュピコ

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう