2018.07.28(土)

ダイヤモンド

品質にこだわったダイヤの婚約指輪はリフォームしやすい

04_4

ダイヤモンドの婚約指輪を購入する場合は、ダイヤの品質にこだわって購入することをおすすめします。その理由は、リフォームのしやすさにもつながるからです。リフォームできれば大切な婚約指輪のダイヤモンドを長く使い続けられます。
そこで、ダイヤモンドの品質とリフォームについてお伝えします。

ダイヤの品質を決める4Cとは?

04_2

ダイヤモンドの婚約指輪を選ぶ場合は、予算の範囲でできる限り高品質のダイヤモンドを選ぶことが大切です。そのためには、ダイヤの品質を決める4つのCについて知っておく必要があります。4つのCとは、カラット、カラー、クラリティそしてカットです。カラットとはダイヤの重さだと理解すればよいでしょう。同じ重さでもカットによって大きさはかわります。重いダイヤは希少性があり価格も高くなります。カラーは文字通りダイヤモンドの色のことです。無色透明のものがよいとされていて、黄色がかったものになるとグレードが下がります。クラリティは透明度です。ダイヤモンドは天然の鉱物ですので不従物などが内包されてしまうのは避けられません。できるだけ内包物がないクリアのものほどグレードが高くなります。透明度が高いほどきれいに輝きます。最後のカットは、カットデザインや研磨状態のことです。同じダイヤモンドでもカットによって輝きが大きく変化するもので、カットはダイヤモンドのランクに大きな影響を与えます。婚約指輪を選ぶ際は、これら4つのCについて理解してからお店に行くようにしましょう。

高品質のダイヤはさまざまなデザインにリフォームしやすい

04_3

ダイヤモンドの婚約指輪は、長年使っていると持っている服と指輪のデザインなどが合わなくなってきたり、流行のデザインとずれてきたりして、なんとなく身につける機会が減ってしまうことがあります。そんなときは婚約指輪をリフォームしてみるとよいでしょう。さまざまなデザインにリフォームがすることができ、身につける機会を増やすことにつながります。高品質のダイヤモンドであれば、長年使ったあとでも輝きを失うことがなく耐久性も高いため、リフォームに適していると言えます。部分的なリフォームをセミリフォーム、全面的にデザインを変更するリフォームをフルリフォームと呼ぶのが一般的です。指輪にリフォームしてもよいですし、ペンダントやネックレスにするという選択肢もあります。リフォームを思い立ったときの年齢に合ったデザインにしたり、その時代の流行を取り入れたデザインにしたりすることで、ダイヤの婚約指輪に再度命を吹き込むことができるでしょう。予算も検討しながらできあががりのデザインのイメージし、自分に合ったリフォームをしてみることをおすすめします。

慎重に考えよう!リフォーム時の注意点

04_1

婚約指輪をリフォームすることによるメリットは、リフォーム時の年齢や時代に合わせたものに変えることで身につける機会が増えることなどがありますが、リフォームを行う場合には注意すべき点もあります。
それは、リフォーム後のデザインが気に入らなかったとしても元通りに戻すことはできないということです。そのため、リフォームを行う場合は、事前にどんなデザインに変更するのかについてしっかり打ち合わせを行って、できあがりのイメージを把握したうえで決めることが重要です。大切な婚約指輪を長く愛用するためにリフォームしたら、気に入らないものになってしまい、身につける機会がなくなってしまったということにならないように気をつけましょう。

品質にこだわって婚約指輪を選ぼう

15

ダイヤモンドの婚約指輪を選ぶときに「いずれはリフォームしよう」と考えている人はほとんどいないでしょう。しかし、長年使用を続けているとリフォームしたいと考えることもあります。そういったときに、リフォームして使い続けることができるようにするために、できる限り高品質のダイヤモンドの婚約指輪を選んでおくことが大切です。高品質のダイヤモンドはリフォームにも適していますので、婚約指輪購入時にはリフォームについても頭の片隅に入れておくことをおすすめします。

 

▼関連記事
憧れのダイヤ付きデザインの結婚指輪!日常生活でもあり?


 

婚約指輪のダイヤモンド

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう