2017.10.05(木)

ダイヤモンド

素朴な疑問!結婚指輪にダイヤはあり?それとも?

08_1

夫婦の絆を形にする「結婚指輪」は特別な存在です。こちらは、婚約指輪とは異なり、男女どちらが所有する点にも特徴があります。日頃から身に着けることも多いため、材質やデザイン選びにはこだわりたいですよね。
そこで気になるのはダイヤを使うかどうかです。婚約指輪にダイヤは定番ですが、結婚指輪の場合はどうなのでしょうか。ここでは、結婚指輪にダイヤはありかどうかについてまとめました。

結婚指輪にダイヤを入れるメリットとは

08_2

ふだんから指輪のおしゃれを楽しんでいる人は多くいますが、結婚指輪は特別な存在です。婚約指輪とは異なり男性も身に着けるため、夫婦の絆をひしひしと感じるのではないでしょうか。
結婚指輪は日常的に身に着けるものだけに、お気に入りのデザインを選びたいものです。そのためには、シンプルな指輪だけでなく、石付きの指輪にすることも考えましょう。また、女性の結婚指輪だけに石を入れるとよいかもしれませんね。
結婚指輪に入れる石として誕生石なども選択肢のひとつですが、やはり、ひときわ輝くダイヤは特別な存在です。多くの女性の憧れの的であり、指輪を身に着けているだけで幸せな気分になれるのではないでしょうか。お祝いの場所に身につけていくことで、晴れやかな気分になれることもメリットのひとつですよね。ダイヤは外付けにするだけでなく、1粒だけアームに埋め込むなど、自分好みにデザインできる楽しみもあります。

ダイヤを入れると石が外れることも

08_3

婚約指輪とは異なり、結婚指輪は日常的に身につける人が少なくありません。そのため、「もの」や「人」と触れる機会が多くなります。指輪にダイヤが付いていると、セーターやタオルが引っ掛かったり、家具を傷付けたりすることもあります。小さい子どもと接するときは、子どもにケガをさせないように注意する必要性がでてきますね。
それとは別に、なんらかの拍子に石(ダイヤ)が外れてしまうリスクがあります。購入して間もない時期にはそのような可能性は低いですが、油断はできません。大きなものを運ぶときなどは指輪を外しておきましょう。もし、ダイヤが外れたときはきちんと保管したうえで、購入したお店で修理することをおすすめします。

指輪に汚れが溜まりやすくなる

08_4

結婚指輪をずっと身につけていると、どうしても汚れてきます。また、ダイヤの付いた指輪は、シンプルな指輪よりも汚れが溜まりやすくなることを知っておきましょう。たとえば、一粒ダイヤの石の裏は目立ちにくいため、汚れが溜まっているのに気付かない可能性もあります。エタニティリングなど、細かい凹凸がある指輪も汚れが溜まりやすくなります。
指輪に汚れが付着するシーンは、日常生活のあらゆる場面に存在します。炊事や洗濯、拭き掃除など、水に触れるときに汚れることが多くなります。また、汗や化粧品などの油が付着して汚れの原因になることも少なくありません。
指輪の汚れを防ぐためには、家事の前などに指輪を外すことがポイントです。特に、ダイヤなど石付きの指輪を身につけるときは、こまめに外すようにしましょう。

ダイヤ入り結婚指輪の手入れは

08_5

ダイヤモンドジュエリーの汚れは汗や油が主成分ですが、結婚指輪の場合も例外ではありません。指輪を美しく保つためにも、日頃からきちんと手入れすることをおすすめします。
自分で手入れするときは中性洗剤と歯ブラシを使います。汚れを落としたあとは、水で十分すすいでから乾かします。
洗剤を入れた水に約30分浸けてから洗うと、汚れが落ちやすくなります。細かい部分を洗うときは、柔らかい歯ブラシを使うことをおすすめします。指輪を洗うときはダイヤを無くさないようにくれぐれも注意が必要です。
また、指輪を購入したお店へ出向き、定期的にメンテナンスすることも大事です。指輪の購入に際しては、修理費用の有無や保証期間など、アフターサービスの内容について確認することをおすすめします。

ダイヤを埋め込む選択肢も

08_6

ダイヤモンドの輝きは素晴らしく、その存在を知らない人はいないくらいです。婚約指輪だけでなく、結婚指輪にもダイヤを取り入れることで、幸せな気持ちになれる人は多いのではないでしょうか。ただし、石が付いているため、日頃の取り扱いはより慎重にする必要があります。
指輪選びに際して、お互いの意志を尊重することはもちろん大切です。そのうえで、男性のみなさんは、華やかな気分を満喫したい女性の気持ちに寄り添うことが大事ではないでしょうか。なお、ダイヤを埋め込むことで日常生活に不便さを感じない人も多いようです。結婚指輪選びをするときは、このような意見を参考にしてはいかがでしょうか。

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう