2020.04.01(水)

婚約指輪

ゴールド指輪の人気ブランドはどこ?カジュアルな魅力や特徴をご紹介

カジュアルライクな結婚指輪の素材「ゴールド」の魅力

日本での結婚指輪のイメージは、夫婦の左手薬指で銀色に輝くプラチナリングが一般的です。しかしそんなスタンダードなプラチナリングよりも、ゴールドのリングを選ぶ方が自分たちらしいと考えるカップルが増えて来ているそうです。ゴールドリングは日本人の肌にも似合う輝きでカラーバリエーションも豊富なため、一味違う結婚指輪をと考えるご夫婦にはオススメの素材です。
今回は、そんなゴールドリングの魅力とオススメのブランドをご紹介します。

「ゴールドリング」の魅力はカジュアルさ。その特徴とは

インターネットや店頭でプラチナリングとゴールドリングを見比べると、白っぽく輝くプラチナの方が清楚で控えめな印象で、ゴールドといえば少し派手だなというイメージを持たれるかもしれません。しかし、展示している時には華美な印象のゴールドリングも、実際に着けてみると日本人の黄味がかった肌色に意外としっくりなじむものです。男性がゴールドリングを嫌がっているとしても、マットでシンプルなゴールドリングを選ぶことで「プラチナよりも目立たない」といって気に入る方も多いようです。
さりげなくアピールできるので、カジュアルファッションにも合わせやすいところが人気のポイントです。

また、ゴールドのジュエリーはプラチナよりもお値段もリーズナブルなことも魅力のひとつです。多くのブランドのデザインは、地金の素材をプラチナからゴールドに変えて作ることができるので地金の素材費を抑えられます。その代わりにダイヤモンドやデザインのグレードを上げるという選択肢も生まれるので、より理想のデザインに近づけることも可能です。

さらに、プラチナと比べてつけ心地が軽いことも、これまでリングをしてこなかった方にはオススメの要素です。

ゴールドのカラーバリエーションは大きく分けて3つ

一口にゴールドといっても、カラーバリエーションは大きく3つに分かれます。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

ファッション性の高さが海外で人気の、イエローゴールド

イエローゴールドはファッション性が高く、海外では主流の素材です。キャサリン妃がイエローゴールドの結婚指輪を着けていたことも注目されました。ゴールドの色味の中でも一番日本人の肌になじみやすいことも、日本での人気が高まっている理由です。
「イエローゴールド」の結婚指輪が気になった方はこちら

プラチナのような輝きの、ホワイトゴールド

ホワイトゴールドはプラチナのような輝きと、その柔軟性から人気な素材として知られています。丈夫さとデザイン性を併せ持っているため、ゴールドのなかでもデザイン性に富んでいることも人気な理由のひとつです。プラチナと同じような見た目で価格がお手頃なこともあり、結婚指輪だけでなく婚約指輪の候補にも挙げやすい素材です。
「ホワイトゴールド」の結婚指輪が気になった方はこちら

女性人気の高い上品な柔らかさの、ピンクゴールド

ピンクがかったゴールドは、一目見て女性の心をくすぐる優しさと可愛さを持つロマンチックな色味です。この色も肌馴染みが良く日常使いの結婚指輪にはぴったりですし、それでいてダイヤモンドの透明感を引き立てるのでハイジュエリーの特別感を味わうこともできます。最近女性からの人気が高まっている素材です。
「ピンクゴールド」の結婚指輪が気になった方はこちら

イエローゴールドが素敵なブランド【with hapiness..】

イエローゴールドが素敵なブランド【with hapiness..】

【with hapiness..】のポイントは、何と言っても『PEANUTS』とのコラボレーションラインであることです。スヌーピーとウッドペッカーがリングの内側に刻印されています。リングの形状もどこか丸みを帯びた柔らかさを感じるフォルムで、手元を見るたびに、何気ない幸せを実感できるような温かみのあるデザインです。

中でも、「しあわせはふたりのおしゃべり」というキャッチフレーズを持つ【SECRET TALK~シークレットトーク~】の女性用は18金のイエローゴールドで、センターに小さなダイヤモンドが組み込まれたイエローゴールドとの対比が可愛らしい印象です。男性用の素材はプラチナですが、デザインはダイヤを除いてお揃いの形なので、ペアで身に着ければふたりの仲の良さを感じさせることができます。

その他のデザインでは、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールドも用意されているのですが、【with hapiness..】の世界観を表す素材「ハニーイエローゴールド」にも注目です。一般的なイエローゴールドよりも柔らかく淡い色合いで、さらに優しい肌馴染みを叶えてくれそうです。『しあわせは、さりげないところに』をテーマにしたこのブランドらしさを最も表しています。

「with hapiness..」の結婚指輪が気になった方はこちら

 

ホワイトゴールドが素敵なブランド【江戸巴】

ホワイトゴールドが素敵なブランド【江戸巴】

【江戸巴】とは漢字で「巴」と書き、日本の伝統として誇り高い江戸の美意識を今に進化させた重厚なデザインが特徴です。

そんな【江戸巴】で人気の素材は18金のホワイトゴールドです。職人の手仕事で作られるリングには、このホワイトゴールドの輝きがとっても映えます。

中でも日本の誇る伝統技法「七宝焼き」の技術とコラボレーションしたリングは、紅や藍といった和の伝統色とホワイトゴールドの相性が抜群です。【桜月夜-SAKURATSUKIYO-】という和名を持つこちらのリングは、男性のデザインには桜の枝を、女性のデザインには桜の花びらのシルエットが描き出されていて、日本人の美意識にマッチするデザインとなっています。

こんな結婚指輪なら、いわゆる一般的なプラチナリングとは趣の違ったものとして、周囲の注目を集めるに違いありません。

「江戸巴」の結婚指輪が気になった方はこちら
 

ピンクゴールドが素敵なブランド【Trinity】

ピンクゴールドが素敵なブランド【Trinity】

シンプルな中にもカジュアルな遊び心が欲しいなら、ディズニーのブライダルコレクション【Trinity】がイチオシです。まるで愛らしくて楽しいディズニーキャラクターのように、毎日に寄り添ってくれるような親しみ感のあるデザインが特徴です。

【RINGS [環]】と名付けられたこのデザインは、上下の両フチにミッキーの顔のシルエットが細かくあしらわれています。じっと見つめればわかるほどの繊細な造形で、動くたびに優しい輝きを放ちます。

女性用リングはピンクゴールドとプラチナのコンビになっています。まるでミニーの上品な愛らしさを表しているようで、とってもチャーミングな仕上がりです。ディズニーの世界観が大好きな方から、きっと羨ましがられるでしょう。

「Trinity」の結婚指輪が気になった方はこちら
 

まとめ

まとめ

個性的なデザインと、肌になじむ素材感で愛着が湧きそうなゴールドのリングをご紹介しました。「結婚指輪の定番といえばプラチナだけど、それでは自分たちらしくない」というお二人なら、ゴールドをメインにリング選びをされてみてはいかがでしょうか。


 

結婚指輪・マリッジリングのブランド

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう