2019.10.10(木)

指輪

婚約指輪は男性から女性に贈るもの?男性もつける時代?知っておきたい婚約指輪のコト!

婚約指輪は男性から女性に贈るもの?男性もつける時代?知っておきたい婚約指輪のコト!

男性から女性に贈るのが主流とされている婚約指輪の風習には、「どうして男性だけが費用を負担するのか?」「必ず贈らなきゃいけないの?」などと、モヤモヤしている男性もいらっしゃることでしょう。価値観が多様化する現代でも、この婚約指輪にまつわる常識は変わっていないのでしょうか。
 
今回は、プロポーズを決心した男性へ知っておいてほしい婚約指輪についての知識をご紹介します。
観が多様化する現代でも、この婚約指輪にまつわる常識は変わっていないのでしょうか。
 

プロポーズを決心した男性なら知っておきたい、婚約指輪の基本のキ

プロポーズを決心した男性なら知っておきたい、婚約指輪の基本のキ
 
彼女との結婚を決心したら、まず悩むのはプロポーズの言葉と婚約指輪の存在ですよね。「そもそも婚約指輪ってどういうモノだっけ?」という男性に知っていただきたい、婚約指輪の基本知識をご紹介します。
 

婚約指輪は女性だけつける、結婚指輪は2人でつける

一般的に、婚約指輪はプロポーズをされた女性が左手薬指につける指輪のことです。「エンゲージリング」とも呼ばれています。
結婚指輪は「マリッジリング」とも呼ばれていて、夫婦2人が左手薬指につける指輪のことを指します。結婚式では指輪の交換のセレモニーがあるように、結婚の証とされています。
 

婚約指輪を男性から女性へ贈る習慣は紀元前に始まった

「男性が女性に婚約指輪を贈る」というイメージは多くの方がお持ちだと思います。この習慣が始まったのは、古代ローマ時代のことです。男性が女性の心をつなぎとめる意味で、「約束を守る」というメッセージを込めた鉄で作った指輪を贈っていたそうです。
世界での歴史は古いのですが、日本に広まったのは1960年頃になってからと案外歴史は浅いようです。
 

婚約指輪はプロポーズとともに贈るか、婚約後に2人で選ぶか

婚約指輪を贈るタイミングは、大きく分けて2つです。1つはプロポーズの言葉とともにサプライズで贈る場合で、プロポーズの瞬間をドラマチックに演出してくれるでしょう。注意点は彼女の指輪のサイズや好みのデザインを知っておかなければいけないことです。
 
もう1つは、プロポーズが成功してから2人で婚約指輪を選ぶ場合です。プロポーズ時の驚きは弱まってしまいますが、彼女の好みをしっかり叶えてあげられるというメリットがあります。
 

指輪の購入は、少なくとも使用する2週間から1カ月前までに

婚約指輪を買うためにブライダルジュエリーのショップに行っても、その日のうちに婚約指輪を持ち帰ることはまずできません。
 
婚約指輪の買い方には既製品、セミオーダー、フルオーダーと種類があり、それぞれお渡しまでの期間は異なりますが、既製品だとしてもサイズ調整に約2週間かかる場合があります。セミオーダーでアレンジを施す場合は1カ月ほど必要です。オリジナルデザインからフルオーダーする場合はそれ以上の期間を要することが多くあります。
 

婚約指輪の定番デザインはプラチナ&ダイヤモンド

柔らかく加工しやすいことから、プラチナはジュエリーの素材によく使用されています。その美しい白色や希少性で、日本では婚約指輪の定番となりました。そしてダイヤモンドは地球上で最も硬い鉱物なので、永遠の愛を誓うという意味を込めて婚約指輪に使用されるようになったのです。
 
プラチナの白さはダイヤモンドの透明感のある輝きを引き出してくれるので、プラチナ&ダイヤモンドという婚約指輪の定番の形となったそうです。
 

結納の時にお披露目する「婚約記念品」としての意味も

婚約指輪は、両家が顔を揃える結納で「婚約記念品」としてお披露目する場面があります。そうしたしきたりを守っていると、形式を重んじる家柄でなくても誠実な姿勢が伝わるものです。
 
また、婚約指輪は2人がこれから築く家庭の資産として次世代に受け継いでいくという意味でも価値のあるものとされています。
彼女のための婚約指輪というだけでなく、2人や生まれてくる子供達のものという考え方もあるということです。
 

価値観の多様化で広がる、婚約指輪の新常識!

価値観の多様化で広がる、婚約指輪の新常識!
 
婚約指輪を贈る習慣は日本でも受け継がれていますが、価値観が多様化する昨今は、常識にとらわれず2人が大切にしたいことを優先したいというカップルが増えているようです。
 

「婚約指輪は給料の3カ月分」はもう過去の話

婚約指輪には高価なイメージをお持ちの方も多いと思います。かつて「婚約指輪は給料の3カ月分」というフレーズが広告に使われていたようですが、現在の婚約指輪の価格相場はもっと控えめになってきているそうです。
結婚式や披露宴などの結婚にまつわる費用や、新生活を始めるにあたっての引越し費用にお金を回したいといった堅実的な考え方も浸透しはじめています。
 

婚約指輪と結婚指輪をセットで身につける人が増えている

結婚指輪を日常的につける習慣は日本でも根付いていますが、婚約指輪は「傷がつきそう」「ファッションに合わせづらい」などの理由で普段使いには適さないイメージをもつ方も多いです。しかし海外では日常的に婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするというスタイルが広まっており、日本でもセットで身につける人が増えてきています。
 
婚約指輪を購入する際にあらかじめ結婚指輪とセットデザインのものを選ぶことも可能なため、どちらの指輪も毎日身につけることを前提としてデザイン選びをするのもいいでしょう。
 

「ダイヤモンドだけでプロポーズ」というトレンドも

サプライズプレゼントとしてプロポーズの時に婚約指輪を贈りたいと思っていても、彼女の指輪のサイズが分からない場合や、デザインの選び方に自信を持てない場合もあるでしょう。
最近は、婚約指輪に使用するセンターダイヤだけを先に購入して彼女へのプロポーズ時にプレゼントし、その後、彼女と一緒に指輪のデザインを決めてリングを制作してもらうという方法もあります。
 
プロポーズ時に婚約指輪をもらいたいという女性の夢と、サプライズプロポーズで彼女を喜ばせたいけどサイズやデザイン選びが難しいと悩んでいる男性の、双方の想いに応える新しい婚約指輪購入のカタチです。
ダイヤモンドだけでプロポーズができるBIJOUPIKOのプロポーズパックもご活用ください

 

婚約指輪の支払いを「割り勘」という選択肢も

男性から女性へ贈ることが定番とされている婚約指輪ですが、「なぜ男性側だけが負担しなければならないの?」と疑問に思うかもしれません。
 
最近は、女性の社会進出で収入格差も少なくなってきていることもあり、婚約指輪の購入を2人の結婚費用の一環として考えて、割り勘にするカップルも増えてきているようです。
また、お礼の意味でスーツや腕時計などの婚約記念品を女性から男性に贈る場合や、男性側も婚約指輪を身につけるという新しい価値観もあったりするようです。
 

まとめ

女性の本音は、「婚約指輪を自分のために内緒で選んでくれる」ということかもしれませんし、自分の好きなデザインを身につける幸福感を求めているのかもしれません。どのような形であれ、女性はあなたと結婚を約束したという2人の幸せの証を求めているのです。
婚約指輪の従来の常識と新しい価値観を頭に入れた上で、2人らしい婚約指輪の購入方法を探ってみましょう。
 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう