2019.12.10(火)

結婚指輪

先輩花嫁に聞いた! 結婚指輪8つの「決め手」

先輩花嫁に聞いた! 結婚指輪8つの「決め手」

基本的に、結婚指輪は新婚生活のために購入するどんなものよりも長く使うことになります。身に着ける時間も、人の目に触れる機会も多いですから、本当に気に入った指輪を選びたいですよね。こういったことを念頭におくと、納得のいく結婚指輪を選ぶのは非常に難しいと感じる方もいるでしょう。
無数にある選択肢から満足のいく結婚指輪を見つけるにはどうすればいいのでしょうか。今回は先輩花嫁たちが結婚指輪を購入した時の「決め手」をご紹介しますので、指輪選びの参考にしてみてください。

 

長く一緒に着けられることが決め手!

ここでは、長く一緒に着けられることを重視して決める際のパターンをご紹介します。

2人で長く着けられる

結婚指輪を選ぶ時には、流行のデザインや可愛らしいデザインが気になるかもしれません。
しかし、長い目で見て「ずっと着け続けられるかどうか」を考えてみることは非常に大切です。
流行は移り変わりますし、年齢を重ねて可愛らしいデザインが似合わなくなることもあります。
結婚指輪は毎日指に着けるものですから、傷や変形に強いことも重要なポイントです。たとえば、人気のプラチナやゴールドは純度100%よりも合金の方が耐久性に優れていると覚えておきましょう。

将来、体型が変わってしまう可能性は誰にでもありますから、サイズ直しができるかどうかもチェックしてください。素材やデザインによってはサイズ直しができなかったり、費用が高くなってしまったりする場合があります。
シンプルでも流行り廃りがなく、年齢や体型の変化にも対応しやすいデザインの方が長く愛用できるでしょう。

男性目線で選ぶ

女性の方は気に入った結婚指輪があったら、ぜひ「男性が着け続けられるデザインかどうか」を考えてみてください。
指輪選びは普段からアクセサリーを身に着ける機会の多い女性が主導になりがちです。しかし、結婚指輪は夫婦2人で身に着けるものですから、女性目線だけで決めてしまうのはよくありません。せっかく気に入って買った結婚指輪でも、夫が着けてくれなくなったらさみしいものです。
夫婦で長く身に着けたいなら、男性が仕事にも着けて行ける結婚指輪を選びましょう。

無理にお揃いの指輪にせず、それぞれが気に入った指輪を購入したという方もいます。ペアリングでも男女で違うデザインのものもありますから、全く同じデザインにこだわる必要はありません。

直感的に決める

人と人との出会いのように、結婚指輪との出会いも「直感を信じて大正解!」というケースがあります。
結婚指輪を選ぶ時の基準は素材やデザイン、ブランド、予算など、さまざまですが、これらは条件にすぎません。好みのデザインで憧れのブランドであっても、「なんとなくこの指輪は違う」と感じることはあります。
無数にある結婚指輪の中から本当に気に入る指輪を見つけるのは、非常に難しいことです。
そんな時は直感を信じてみてはいかがでしょうか。なかなかお気に入りの指輪に出会うことは難しいため、たくさん並んでいる中で直感で選んだものこそが「将来的に長く愛用できる」運命のものなのではないでしょうか。

 

機能性が決め手!

機能性が決め手!

指輪選びの際には、着け方や着け心地などの機能性も決め手となります。ここでは、機能性を重視して選ぶパターンをご紹介します。

婚約指輪と重ねて着ける

女性が婚約指輪のデザインを気に入っているなら、重ね着けができる結婚指輪を探してみてはいかがでしょうか。婚約指輪は結婚指輪を購入すると着ける機会が少なくなりがちです。婚約指輪と重ね着けできる結婚指輪を選べば、相乗効果で手元が華やかになり、結婚式のお呼ばれや記念日ディナーなど、特別な日の装いにもぴったりで婚約指輪を着けるチャンスが増えます。

婚約指輪と結婚指輪のセットリングを取り扱うジュエリーショップもあります。セットリングがない場合は、テイストが近い指輪を探してみましょう。同じブランドであれば、セットリングではなくても組み合わせやすいです。

毎日心地よく着けられる

試着した時に不思議なほど指に馴染んだ結婚指輪を購入したという方もいらっしゃいます。結婚指輪はデザイン重視という方も多いですが、着け心地も非常に重要です。
指輪はサイズさえ合っていれば快適に着けられるというものではありません。デザインや素材によっては指に違和感があったり、長時間着けていると疲れてしまったり、ストレスの原因になることもあります。着け心地のよくない指輪はだんだん着けなくなる可能性が高いです。
反対に試着してみて指にぴったり馴染んだ指輪は、それだけで購入する決め手になります。

 

こだわりが決め手!

こだわりが決め手!

一生にまたとない指輪選びですから、「他の人とはかぶりたくない」と考えるカップルも多いでしょう。ここでは、こだわって指輪を選ぶ際のパターンをご紹介します。

他の人とかぶらないデザイン

結婚指輪には長年支持されている王道のデザインや年ごとのトレンドがありますが、「人とかぶるのは嫌」という方もいるでしょう。
最近は細かい装飾や素材の特性を活かしたカラーリングなど、既製品でもさまざまな趣向を凝らした商品があります。取り扱い商品数の多いブライダルリングの専門店であれば、人とかぶらないような珍しいデザインに出会えるはずです。

お気に入りのブランド

数多くある結婚指輪の中から希望に合う指輪を見つけるのは大変です。まずはブランドを決めておくと、かなり絞り込むことができます。
昔から憧れているブランドや普段から愛用しているアクセサリーと同じブランドなど、思い入れのあるブランドはありませんか?結婚指輪は一生に一度の買い物ですから、憧れのブランドに挑戦する絶好の機会です。
愛用しているブランドであれば、手持ちのアクセサリーとの相性もいいでしょう。
いずれにしても好きなブランドなら選びに行くのも楽しいですし、着けているだけで気分が高まります。

「探す」ではなく「作る」

既製品の結婚指輪にもたくさんの商品がありますが、オーダーメイドを選ぶカップルもいらっしゃいます。理想の結婚指輪を「探す」のではなく、自分たちの希望を盛り込んだ指輪を「作る」という発想です。
オーダーメイドは既存のデザインにアレンジを加える「セミオーダー」と、デザインや素材を1から考える「フルオーダー」があります。
市販の結婚指輪に比べると注文から受け取りに時間がかかりますが、完成品を手にした時の感動はずっと心に刻まれるでしょう。

 

まとめ

いつもは決断が早い方でも、結婚指輪を選ぶ時にはなかなか決められないかもしれません。結婚指輪は生涯身に着けることになる指輪ですから、すぐに決められなくて当然です。あまり気に入っていないのに購入してしまうと、後悔することになるでしょう。
時間はかかっても妥協しなければ、心から満足のいく結婚指輪はきっと見つかります。2人でとことん悩み、考える時間も楽しんでくださいね。

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう