2020.06.18(木)

未分類

おしゃれな人は重ね付け?ブレスレットの付け方のコツを解説します!

おしゃれな人は重ね付け?ブレスレットの付け方のコツを解説します!

ブレスレットは、手元を華やかに演出するのにぴったりな魅力あふれるアクセサリーです。指輪やネックレス、ピアスに比べると脇役になりがちですが、付け方次第で大きな存在感を発揮します。
そこで今回はブレスレットに着目し、バングルとの違いをはじめ、おすすめの付け方や腕時計と重ね付けする際のコツ、人気のデザインについてご紹介します。手持ちのブレスレットをおしゃれに身に付けて、いつものコーディネートをワンランク格上げしましょう!
 

何がどう違うの?ブレスレットとバングル

何がどう違うの?ブレスレットとバングル

 

ブレスレットと同じく、手首に付けるアクセサリーにバングルがあります。「どちらも同じものじゃないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、実はこれら2つはまったく別物のアクセサリーです。
 
ブレスレットとバングルの大きな違いは、留め具があるかないか。ブレスレットは、留め具を外して手首に巻いたあと、留め具をつけて身に付けるのが特徴です。これに対しバングルは留め具がなく、円形のアクセサリーに自ら手を通して身に付けます。つまりブレスレットとバングルは、見た目は何ら変わりないものの、身に付け方に差があるアクセサリーといえます。
 

どう付けるとおしゃれ?ブレスレットのおすすめの付け方

ブレスレットの付け方にはさまざまな種類があります。複数のバリエーションを押さえておけば、その日の気分やコーディネートに合わせて付け方を変えられるので、ブレスレットをより楽しく身に付けることができます。

ブレスレットの一点付け

一点付けは、ブレスレットの王道の付け方です。その名のとおり、ひとつのブレスレットをそのまま身に付けます。ブレスレットは基本的に華奢なデザインのものが多いので、ひとつを手首にスッと付けることで、女性らしい上品さを演出することができます。コーディネートの邪魔になる心配もほとんどないので、誰でも気軽に実践できる付け方といえます。

ブレスレット同士の重ね付け

ブレスレットをいくつか持っているのであれば、ブレスレット同士を重ね付けしてみるのもおすすめです。繰り返しになりますが、ブレスレットは華奢なデザインであることが多いので、重ね付けしてもそこまでボリューミーになることはありません。上品さを残したまま存在感をグッと高めることができるため、コーディネートのアクセントにしたいときなどにぴったりです。同じ色味のものを合わせたり、異なるデザインのものを重ねたりと、重ね付けのバリエーションは豊富なので、自分好みの付け方を探してみてください。

ブレスレット×腕時計の重ね付け

ブレスレットは腕時計との相性も抜群。細身の腕時計であれば、同じ場所にブレスレットを付けることで、手首のおしゃれ度をグッと高めることができます。存在感のある腕時計を付けているのであれば、反対の手首にブレスレットを付けるのがおすすめです。手元のアクセサリーのバランスが取りやすくなり、全身のコーディネートにも効いてくるはずです。
 

押さえておこう!ブレスレットと腕時計を重ね付けする際のコツ

押さえておこう!ブレスレットと腕時計を重ね付けする際のコツ

 

ブレスレットと腕時計を重ね付けする際は、以下でご紹介するコツを踏まえておくと、よりおしゃれなコーディネートに仕上げることができます。
 

色味を合わせる

色味が異なるブレスレットと腕時計を上手にコーディネートするのは至難の業。そのため、まずはブレスレットと腕時計の色味を合わせることから始めてみることをおすすめします。
たとえば、腕時計がピンク系であれば、ブレスレットはピンクゴールドのものがぴったり。同系色なので、それぞれがケンカすることなく上手くまとまり、きれいなコーディネートに仕上げることができます。

ブランドを合わせる

同じブランドの腕時計・ブレスレットを持っているのであれば、それをそのまま重ね付けするのもおすすめです。同じコンセプトのもと作られているので、デザインや色味が異なっていても、どこか統一感のあるコーディネートに仕上げられます。もし、腕時計とブレスレットのどちらかひとつは手元にあるけど、もうひとつは持っていないというのであれば、同じブランドで購入するとその後の重ね付けが楽に行えるかもしれません。

TPOを考慮する

シーンごとに適した服装があるように、アクセサリーにもTPOは大きく関係します。これは、ブレスレットと腕時計を重ね付けするときにも念頭に置いておくべき大切なことです。
たとえば、フォーマルな場にミサンガタイプのブレスレットと布製ベルトの腕時計を身に付けるのは、あまり望ましくありません。この場合は、ドレッシーな服装にマッチする、上品かつ洗練されたブレスレットと腕時計が適しています。ブレスレットと腕時計を重ね付けする際は、こうしたTPOも考慮することが大切です。
 

ぜひ参考にしてみて!人気のブレスレットのデザイン

ブレスレットと一言でいっても、その種類はさまざま。ブレスレットをまだ持っていない方は、以下でご紹介する人気のデザインから取り入れてみるのもよいかもしれません。

ダイヤモンドがあしらわれたデザイン

華奢なブレスレットにダイヤモンドがあしらわれたデザインは、多くの女性から支持を得ています。手元を上品に輝かせてくれるので、女性らしさを際立たせることが可能です。ダイヤモンドが付いているとはいえ、ブレスレットの場合はカラット数がそれほど大きくないので、普段使いしやすいのも特徴。1粒のダイヤモンドがあしらわれているもの、等間隔に数個のダイヤモンドがあしらわれているものなど、デザインのバリエーションも豊富なので、きっと自分好みのブレスレットを見つけられます。

チェーンモチーフのデザイン

チェーンモチーフとはその名のとおり、チェーンのように複数の輪が連なったデザインのこと。ブレスレットにも取り入れられており、身に付けることで女性らしさを演出しつつ、おしゃれ度をグッと引き上げることができます。また、ブレスレットとしての存在感もばっちり。シンプルなコーディネートに合わせればブレスレットがアクセントとなり、あっという間におしゃれ上級者の装いに仕上げることができます。
 

ブレスレットを付けておしゃれさんになろう!

ブレスレットは、付け方次第でコーディネートの主役になるアクセサリーです。そのまま付けるのはもちろん、ブレスレット同士で重ね付けしたり、腕時計と組み合わせたりすることで、存在感をグンと高めることができます。また、手元をおしゃれに見せることも可能です。
「手持ちのブレスレットをどう付けようか迷っている」という方は、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考に、ブレスレットを普段のコーディネートに取り入れてみてください。

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう