2020.08.30(日)

未分類

愛する彼女にアクセサリーをプレゼント!意味や想いを込めてさらなる特別感を演出しよう

愛する彼女にアクセサリーをプレゼント!意味や想いを込めてさらなる特別感を演出しよう

彼女へ贈るプレゼント選びに悩んでいるのなら、アクセサリーに目を向けてみてはいかがでしょうか。指輪やネックレス、ブレスレット、ピアス・イヤリングなどに特別な意味を込めて贈れば、きっと彼女を笑顔にできるはずです。
 
そこで今回は、それぞれのアクセサリーに込められる意味や、年代別のプレゼント用アクセサリーの選び方などについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!
 

アイテム別にご紹介!アクセサリーのプレゼントに込められる意味

アクセサリーのプレゼントには、意味や想いを込めることができます。
 

指輪

指輪は切れ目がないことから「永遠」という意味を持っています。そのため、指輪のプレゼントには「ずっと一緒にいよう」「これからも末長くよろしく」など、2人の未来に対する想いを込めることができます。また、指輪には「約束」「契約」という意味もあるそう。「彼女を独占したい」「常に自分のことを考えてほしい」といった独占的・束縛的な想いがあるのなら、それを指輪のプレゼントに込めるのもよいかもしれません。
 
BIJOUPIKOのリングコレクションはこちらから

ネックレス

ネックレスは「束縛」「独占」という意味を持っています。そのため、「あなたのことを心から想っています」「ずっと僕と一緒にいてほしい」などの想いを込めたプレゼントを贈りたい場合は、ネックレスが最適です。また、ネックレスは「露骨な束縛は避けたいものの彼女を独り占めしたい」という場合にもぴったり。シンプルなデザインであればシーンを問わず身に着けられるので、自らの独占的な想いを常に感じてもらえます。
 
BIJOUPIKOのネックレスコレクションはこちらから

ブレスレット

ブレスレットは手錠を連想させることから「束縛」の意味があるといわれています。とはいえ、実際に手錠をつけるように彼女を強く束縛するのはもちろんNG。「僕には君しかいない」「ずっと一緒にいてほしい」など、過度な束縛にならない程度に彼女への想いを込めましょう。なお、ブレスレットの太さによって束縛度は異なるそうで、太いほどその想いを強く表現できるといわれています。
 
BIJOUPIKOのブレスレットコレクションはこちらから

ピアス・イヤリング

ピアス・イヤリングは「いつどこでも自分の存在を感じてほしい」という意味を持っています。そのため、仕事の都合でなかなか会えなかったり、何らかの事情で遠距離恋愛をしていたりするカップルにとくにおすすめです。このほかにも、たとえば「喜ぶ顔が見たかったから」「あなたへの愛は本物です」「自分だけを想っていてほしい」などの意味を込めることができます。
 
BIJOUPIKOのピアス&イヤリングコレクションはこちらから
 

指輪をプレゼントするなら要チェック!着ける指によって意味は変わる

指輪をプレゼントするなら要チェック!着ける指によって意味は変わる

 

彼女に指輪をプレゼントする場合、「どの指に着ける指輪を贈ればいいのか」と悩んでしまうこともあるかもしれません。5本の指にはそれぞれ意味があるので、まずはそれを知ることから始めましょう。彼女への想いとリンクする意味を持つ指があれば、そこに着ける指輪をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
 

親指(サムリング)

右手の親指には「強い心」「指導力を司る」という意味があり、自分が主体となって何かに挑戦したいときにパワーをくれる指といわれています。左手の親指には「目的の達成」「前進」という意味があることから、叶えたい夢や達成したい目的・目標がある方をサポートする効果があるとされています。

人差し指(インデックスリング)

右手の人差し指には「集中力の向上」「行動力の向上」などの意味があり、一歩踏み出す勇気を与えてくれる指といわれています。左手の人差し指には「わたしのことだけを考えてほしい」という恋愛的な意味があるそうです。そのため、愛する彼女へ贈る指輪には人差し指用を選ぶのもよいかもしれません。

中指(ミドルフィンガーリング)

右手の中指には「直感力の向上」という意味があり、よい運気やパワーを引き寄せることから、総合的な運気アップが期待できる指といわれています。左手の中指は「協調性のアップ」という意味があり、良好な人間関係を築けるほか、物事を円滑に進める効果が期待できるそうです。

薬指(アニバーサリーリング)

右手の薬指には「直感力の向上」「創造力の向上」という意味があり、インスピレーションのアップが期待できる指といわれています。婚約指輪・結婚指輪を着ける指として知られている左手の薬指には、「愛や絆を深める」という意味があります。2人の関係性をさらに深めたい場合は、薬指用の指輪をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

小指(ピンキーリング)

右手の小指には「想いを貫く」という意味があり、一途に何かを想うパワーをくれる指といわれています。そのため「自分のことをずっと想ってほしい」という方は、彼女に小指用の指輪をプレゼントするとよいかもしれません。左手の小指には「チャンスを引き寄せる」という意味があるそうです。
 

20代と30代で異なる!プレゼント用のアクセサリーの選び方

20代と30代で異なる!プレゼント用のアクセサリーの選び方

 

プレゼント用のアクセサリーは、彼女の年齢を踏まえて選ぶのが吉。以下で、年齢別のポイントとおすすめのアクセサリーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 

20代の彼女へ贈る場合

20代の彼女へ贈るアクセサリーは、彼女のファッションを考慮して選ぶのがおすすめです。たとえば、フェミニンなファッションを好む彼女なら、アクセサリーも可愛らしいものを選ぶのが◎。同じテイストだとコーディネートに困らないので、贈ったアクセサリーを普段使いしてもらいやすくなります。
 
可愛らしいアクセサリーには、たとえば「ホワイトゴールドピンクゴールドクローバーダイヤモンドリング」があります。ダイヤモンドの輝きとクローバーのモチーフが、女性らしさと可愛らしさをうまく表現しています。このほか「LE COEUR ルクールネックレス」もおすすめです。ハートのモチーフが胸元をいつも以上に可憐に演出します。

30代の彼女へ贈る場合

30代の彼女へ贈るアクセサリーは、シンプルさにこだわって選ぶのがおすすめです。というのも、30代になるとフォーマルな場への参加が増えるので、シンプルなアクセサリーの出番が多くなるのです。流行に左右されず長く身に着けられる、大人の女性にふさわしい上品かつシンプルなアクセサリーをプレゼントしましょう。
 
シンプルなアクセサリーには、たとえば「LACRIMA ラクリマブレスレット」があります。均等にあしらわれたボール型のゴールドが、シンプルなデザインの中にさり気なく個性を表現。大人の女性ならではの遊び心を感じさせるブレスレットになっています。このほか「K18イエローゴールドダイヤモンドフックピアス」もおすすめです。揺れ動くダイヤモンドが大人の色気を上品に演出します。
 

意味を込めたアクセサリーのプレゼントで彼女を笑顔に!

アクセサリーは、彼女へ贈るプレゼントの定番です。しかし、そこに特別な意味や想いを込めることで、より特別感に満ちたプレゼントに仕上げることができます。
今回ご紹介した意味を参考に、自分なりの想いを込めたプレゼントを贈ってみてください。

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう