2021.09.07(火)

未分類

個性を表現できる「人前式」!基礎知識と魅力を徹底解説

個性を表現できる「人前式」!基礎知識と魅力を徹底解説

結婚式といえば、教会で行う教会式や神社で式を挙げる神前式をイメージするカップルは多いのではないでしょうか。しかし、昨今は結婚式のスタイルに「人前式」を選ぶカップルが増えてきています。
 
そこで今回は人前式とはどのようなものかをはじめ、メリットや基本的な流れなどについて解説します。また、人前式の人気演出もご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。
 

多くのカップルに選ばれている人前式とは?

人前式とは、参列してくれたゲスト全員に結婚の証人になってもらうスタイルの結婚式のことです。教会式(キリスト教式)や神前式は神仏に誓いますが、人前式はゲストに対して誓うので宗教・格式にとらわれることがありません。そのため、人前式には厳格なルールが存在しないのです。
結婚式の進行や演出を2人の好みに合わせて自由に行えるので、昨今は多くのカップルに人気を集めている挙式スタイルといえます。
 

自由度の高さが魅力!人前式のメリット

自由度の高さが魅力!人前式のメリット
 
人前式のメリットには、主に以下の3つがあげられます。
 

宗教・格式にとらわれない

前述したように、人前式は参列してくれるゲストに対して誓うので、宗教・格式にとらわれる心配がありません。決まった誓いの言葉を述べたり、神仏に失礼がないよう結婚式を進めたりする必要がないので、宗教・格式を気にせず自由に挙式を執り行うことができます。したがって、2人らしい結婚式を実現でき、オリジナルスタイルで素敵な挙式にすることが可能です。

ゲスト参加型でみんなで盛り上がれる

教会式(キリスト教式)や神前式の場合は、結婚式の流れがある程度決まっています。好きな演出を取り入れたいとき、内容によっては実現するのが難しいことも。しかし、人前式はオリジナリティ溢れる結婚式にできるので、ゲストと一緒に盛り上がれる演出を取り入れることが可能です。

価格が比較的リーズナブル

教会式(キリスト教式)の場合は、牧師や聖歌隊が必要です。神前式は神職や巫女が必要なので、その分費用がかかってしまいます。その点、人前式であれば司会進行を友人にお願いしたり、新郎新婦で行ったりすることが可能。これにより、費用を最小限に抑えることができるのです。また、結婚式を行う会場にも決まりがないので、価格面を重視して選べばより費用を抑えることができるでしょう。
 

どこで挙げられる?人前式を行う場所

人前式を行う場所に決まりはないので、好きなところを選ぶことができます。たとえば、定番の場所にはチャペル、披露宴会場、ガーデンなどがあげられます。また、レストランを貸し切ったり、主に結婚式の2次会で使用されている会場で行ったりも可能です。さらに、2人の思い出の場所も管理している方から許可を得ることによって、そこで結婚式を執り行うこともできるでしょう。
 
人前式は教会式(キリスト教式)や神前式と違って場所が限定されないので、2人の好きなところで素敵な結婚式を挙げることができます。
 

事前に押さえておこう!人前式の基本的な流れ

人前式は2人の好みに合わせて執り行うことができますが、「どのような流れにすべきかわからない」と悩んでしまうこともあるでしょう。この場合は、人前式の基本的な流れを押さえておくのがおすすめです。取り入れたい内容があれば2人の結婚式の演出に組み込むことで、素敵な挙式にすることができます。
 

式次第 詳細
参列者の入場 結婚式に参列する方は、結婚の証人になるため結婚証明書に記帳し、会場入りします。
新郎新婦の入場 ゲストに見守られながら新郎新婦が入場します。このとき、先に新郎が入場したあとに新婦が入場することも可能。入場の仕方に決まりはないので、2人の好みの演出を取り入れることができます。
開式宣言 司会者によって開式宣言が行われます。開式宣言では、ゲストが結婚の証人になる旨の説明が行われることもあります。
誓いの言葉 2人で考えた誓いの言葉を述べます。人前式には厳格なルールがないので、ユーモア溢れる誓いの言葉にしてもOKです。
指輪交換 結婚の誓いを目に見える形として指輪交換を行います。先に新郎の左薬指に結婚指輪を着け、次に新婦の順番というのが一般的な流れです。ただし、人前式の場合は指輪交換も必須ではないので、省略しても問題ありません。
結婚誓約書の記入 新郎新婦とゲストの代表者が結婚誓約書にサインをします。このとき、結婚誓約書ではなく婚姻届にサインすることも可能です。ただし、最初から記入していくと時間がかかってしまうので、必要事項は先に記載を済ませておき署名・押印のみの形に仕上げておくようにしましょう。
結婚成立宣言 記載した結婚誓約書や婚姻届をゲスト全員に披露し、司会者が2人の結婚を宣言します。また、新郎新婦が結婚誓約書もしくは婚姻届をゲストに見えるように披露し、拍手で承認してもらう方法もあります。
閉式の言葉 司会者が閉式の言葉を述べます。
新郎新婦の退場 参列してくれたゲストに見送られ、新郎新婦は退場します。これにて挙式は終了となります。

 
人前式は、ほかの結婚式のスタイルと同じく30分程度が目安です。結婚式の時間も自由に決めることができますが、演出を詰め込みすぎてしまうと長くなりゲストが疲れてしまう可能性もあるので、長くなりすぎないよう注意しましょう。
 

ぜひご参考に!人前式で人気の演出

ぜひご参考に!人前式で人気の演出
 
繰り返しになりますが、人前式では2人の好みに合わせて演出を取り入れることができます。そこで、以下では人気の演出を3つご紹介するので、ぜひご参考にしてください。
 

ゲストと作るオリジナルの結婚証明書

人前式では、ゲストと一緒に結婚証明書を作成することができます。なかでも人気なのが、「ウェディングツリー」です。木の枝だけが描かれた紙などを使って、受付の際にゲストに指印を押してもらいます。あとは新郎新婦がサインすると、オリジナルの結婚証明書が完成します。作った結婚証明書は自宅に飾っておくことができるので、人気の演出となっています。

2人だけのオリジナルの誓いの言葉

人前式は誓いの言葉が決まっていないので、自由に決めることができます。堅苦しい内容でなくてもよいので、2人らしいオリジナルの誓いの言葉に人気が集まっています。

愛を誓うダーズンローズセレモニー

ダーズンローズセレモニーとは、12本のバラを新郎が新婦に贈る演出のことです。古くから伝わるヨーロッパの風習で、12本のバラには「幸福」「真実」「感謝」などそれぞれの意味が込められています。そのバラをゲストに渡し、新郎が1本1本集め新婦に贈ります。ゲストも参加できるので、人気の演出となっています。

会場の一体感が高まるリングリレー

リングリレーとは、新郎・新婦側にそれぞれ1本の長いリボンを用意し、そこに結婚指輪を通して後方から前方にいる新郎新婦に届ける演出のことです。ゲスト全員で参加して結婚指輪を届けるので、会場の一体感が高まる人気の演出となっています。
 

人前式で2人らしい結婚式を挙げよう!

人前式は、教会式(キリスト教式)や神前式と違って自由度が高い結婚式です。「絶対にこうしなければいけない」という決まりはないので、会場や式の進行・演出などすべて自由に決めることができます。「ほかの人とは違った挙式にしたい」という方は、人前式で2人らしい結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。
 
なお、結婚前に押さえておきたい内容や結婚式準備に関する内容は、以下の記事で解説しています。ぜひ、ご覧ください。
 
婚約・婚姻・入籍とは?結婚前に押さえておきたいポイントをご紹介
【結婚の準備で行うこと】プロポーズから結納、結婚式までに必要な13の項目を一挙ご紹介!
結婚式までの準備期間にやることは?2人にしかできないこととスムーズに進めるポイント
 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう