2021.11.03(水)

未分類

パラジウム素材は特別な指輪にぴったり?特徴やメリット・デメリット

パラジウム素材は特別な指輪にぴったり?特徴やメリット・デメリット

昨今、婚約指輪・結婚指輪で人気を博している「パラジウム」という素材をご存知でしょうか。パラジウムは一見するとプラチナと間違われやすい素材で、美しい銀白色の輝きをしているのが特徴です。
 
そこで今回は、パラジウムの特徴やプラチナとの違い、指輪に選ぶメリット・デメリットをご紹介します。指輪選びの素材に迷っている方は、パラジウムの特徴を押さえて視野に入れてみてください。
 

まずは押さえておこう!パラジウムとは

パラジウムは、白金族元素と呼ばれる貴金属のひとつです。身近なものでいうと、電気・電子工業用部品や銀歯などに使用されています。また、婚約指輪・結婚指輪では強度を出すためにプラチナやホワイトゴールドの割金として使用されているのが一般的です。
 
たとえば、「Pt950」と指輪に記載されている場合は95%がプラチナ、残り5%がパラジウムになります。ホワイトゴールドの場合は、金が75%でパラジウムが25%です。指輪によって貴金属の配合割合は異なりますが、このようにパラジウムは割金で使用されていることがほとんどです。しかし、昨今はパラジウムがメインの指輪が増えてきており、注目を集める素材になってきています。
 

魅力が多い!パラジウムの特徴

魅力が多い!パラジウムの特徴
 
では、パラジウムにはどのような特徴があるのでしょうか。
 

着け心地が軽い

パラジウムは、ほかの素材に比べると軽いのが特徴です。たとえば、パラジウムの比重は12.0であるのに対し、プラチナは21.4です。プラチナの半分近くの重さなので、指輪を着けているのを忘れるような軽い着け心地が実現します。仮に、ボリュームのある指輪であってもパラジウムなら着け心地が軽やかなので、指に重さを感じることがほとんどありません。そのため、「指輪の重さが気になる」という方であっても安心して身に着けることができます。

硬度が高い

前述したように、パラジウムは強度を出すために割金として使われていることがほとんどです。硬さを表す尺度のひとつに「ビッカース硬度」と呼ばれるものがありますが、プラチナ(Pt950)の硬度が60なのに対して、パラジウム(Pd950)は硬度130です。つまり、パラジウムは硬度が高いということ。ほかの素材に比べて硬度が高い分傷がつきにくいので、安心して指輪を日常使いすることができます。

変色しづらい

パラジウムは耐蝕性(たいしょくせい)が高く、汗やほかの成分によって変色しづらいという特徴を持った素材です。そのため、指輪を日常使いしても簡単に変色してしまう心配がありません。きれいな状態を維持できるので、長年身に着ける婚約指輪・結婚指輪に向いている素材といえます。
 

パラジウムとプラチナの違いって何?

パラジウムはプラチナと同じ銀白色の輝きを放つため、素人目では見分けがつきにくいほど似ています。では、パラジウムとプラチナの違いにはどのような点があるのでしょうか。
 
第一に、「比重」があります。前述したように、パラジウムはプラチナに比べて軽いのが特徴です。そのため、指輪の着け心地にも違いが表れます。
 
このほか、パラジウムとプラチナの違いには「硬度」もあります。繰り返しになりますが、パラジウムは強度を出すための割金として使用されるほどなので、プラチナよりも硬度が高いのが特徴です。
 
さらに、パラジウムとプラチナの違いには「価格」もあります。プラチナは、レアメタルと呼ばれるほど希少価値の高い素材です。しかし、昨今はそのプラチナよりもパラジウムのほうが希少価値が高まってきています。
 
このように、一見すると見分けがつきにくいパラジウムとプラチナ。しかし、それぞれに違いがあるので婚約指輪・結婚指輪などの特別なジュエリーを購入する際は好みに合わせて選ぶのがおすすめです。
 
なお、パラジウムやプラチナ、そのほかの素材の特徴については以下の記事でまとめています。ぜひ、併せてご覧ください。
 
結婚指輪の素材に着目!各素材の特徴を徹底解説!
定番素材のプラチナリングとは?基本を知って満足のいく指輪を選ぼう
 

指輪の素材にパラジウムを選ぶメリット・デメリット

指輪の素材にパラジウムを選ぶメリット・デメリット
 
指輪の素材にパラジウムを選ぶメリット・デメリットは以下のとおりです。
 

メリット

パラジウムは軽いという特徴を持っているため、「着け心地に優れている」のが最大のメリットとしてあげられます。指輪を肌身離さず身に着ける場合は、「重さを感じたくない」という方もいるでしょう。その点、パラジウムは軽やかな着け心地なのでストレスを感じることがありません。長年日常使いする婚約指輪・結婚指輪にも最適なので、着け心地を重視する方におすすめです。
 
このほか、「傷つきにくく変形しづらい」というメリットもあります。高い硬度を誇るパラジウムは、簡単に傷ついたり変形したりする心配がありません。丁寧に扱っていれば新品に近い状態を長年維持でき、いつまでも美しい輝きを堪能することが可能です。

デメリット

一方で、指輪の素材にパラジウムを選ぶデメリットには「サイズ直しができない可能性がある」という点があげられます。繰り返しになりますが、パラジウムは硬度が高いので加工が容易ではありません。そのため、将来的にサイズ直しが必要になった際に断られてしまう可能性があります。とはいえ、購入前にサイズ直しが可能か確認しておくことで、デメリットを回避できます。
 
このほか、「金属アレルギーを起こす可能性がある」という点もパラジウムのデメリットのひとつです。すべての人に該当するわけではありませんが、相性が悪いと金属アレルギーを起こしてしまいます。もし、心配な場合は自宅にいる間は外しておくというように対策を講じておくことで、発症リスクを抑えることが可能です。
 

パラジウム素材の指輪で手元に美しい輝きを

パラジウムはプラチナと同じく銀白色の美しい輝きを放つ素材です。指輪を身に着けることによって手元に美しい輝きをプラスすることができるので、まさに特別なジュエリーにふさわしい素材といえます。
 
さらに、パラジウムは耐久性にも優れています。長年身に着けていても傷がつきにくく、変形する心配もほとんどないので指輪を日常使いしたい方に最適です。仮に、「婚約指輪・結婚指輪の素材に迷っている」という方は、希少性が高いパラジウムを検討してみてはいかがでしょうか。
 
BIJOUPIKOのパラジウムの婚約指輪・結婚指輪はこちらから
※なお、現在はパラジウムの地金の価格高騰のため受注を行っていないのでご了承ください。
 

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう