Bridal Note

ブライダルノート

Weddingring

結婚指輪にはどんな形がある?指に合うデザインの選び方

結婚指輪の形はストレートだけでなく、S字やV字といったさまざまな形があります。指のタイプによってよく似合うか否かは違ってくるため、結婚指輪を選ぶ際は形にも着目することが大切です。
そこで今回は結婚指輪の基本の形や、マッチする形を指のタイプ別ごとにご紹介しています。結婚指輪の形選びで悩んでいる方は、ぜひご参考にしてください。

押さえておこう!結婚指輪の基本の形

結婚指輪の形には、主に「ストレート」「S字」「V字」「幅広」などがあります。

ストレート

ストレートは、アームが真っ直ぐ伸びたオーソドックスなデザインです。シンプルなため流行に左右されることなく、年齢を重ねた手にもマッチします。そんなストレートはアームの幅によって印象が変わるのが特徴です。たとえば、アームの幅が細いと指を細長く見せることができ、反対に太いと存在感が高まるためカジュアルな印象を演出します。

ストレートは、「指輪を着けるのが苦手」という方も比較的抵抗なく着用できます。

BIJOUPIKOのストレートの結婚指輪一覧はこちらから

S字

S字は、アルファベットの「S」のように緩やかなウェーブを描いたデザインです。上品で優しい印象を与えるほか、曲線によって指を細長く見せることができます。
アームの流れに沿ってダイヤモンドをあしらうことで、より華やかな印象を与えます。

BIJOUPIKOのS字の結婚指輪一覧はこちらから

V字

V字は、アルファベットの「V」の形を描いたデザインです。アームのラインが強調されており、切り込み具合によって印象が変わるため、好みに合わせて選ぶことができます。たとえば、V字の切り込みが深いとシャープな印象になり、反対に切り込みが浅いと柔らかな印象を与えます。
結婚指輪を選ぶ際は、2人同じV字の指輪でも切り込み具合を変えてみるのも一案です。

BIJOUPIKOのV字の結婚指輪一覧はこちらから

幅広

幅広は、アームの幅が太いデザインです。結婚指輪に幅広を選ぶことで指輪の存在感を出すことができ、手元からカジュアルな印象を演出します。さらに、幅広はアームの幅が太いため装飾を施しやすいという特徴もあります。これにより、デザイン性が豊富で好みに合う結婚指輪を見つけることができます。

BIJOUPIKOの幅広の結婚指輪一覧はこちらから

どんな形の結婚指輪が似合う?指のタイプ別でご紹介

どんな形の結婚指輪が似合う?指のタイプ別でご紹介

指のタイプによって、結婚指輪の形が似合うかどうかが異なります。そこで以下では、指のタイプに合う結婚指輪の形をご紹介します。

細くて長いすらっと指タイプ

細くて長いすらっと指タイプは、比較的どのような形も似合います。なかでも似合うのが、アームの幅が細いストレートです。華奢な指にストレートの形をした結婚指輪が、手元をより美しく見せます。

反対に、アームの幅が太くボリュームのあるデザインだと指とのバランスが悪くなってしまいます。
もし、「結婚指輪の存在感を出したい」という場合は、アームにダイヤモンドをあしらうのがおすすめです。具体的には、たとえばアームの半周もしくは全周にダイヤモンドをあしらっているエタニティリングであれば、どの角度から見ても美しい輝きを放ちます。これにより、結婚指輪の存在感を出すことができます。

細くて短いほっそり指タイプ

細くて短いほっそり指タイプは、指を長く見せるS字やV字が似合います。なかでもV字は、指を短く見せてしまう手の水かき部分を隠すことができます。これにより、指を長く見せることが可能です。

もし、「結婚指輪の形はストレートがよい」という場合は、アームの幅が細いデザインがおすすめです。また、アームの中央に少し大きめの宝石などをあしらうことによって視覚効果が得られて、指を長く見せることができます。

太くて長いがっちり指タイプ

太くて長いがっちり指タイプは、比較的どのような形も似合いますがアームの幅は太いほうがマッチします。なぜなら、アームの幅が細いと指の太さを目立たせてしまう可能性があるからです。そのため、結婚指輪を選ぶ際は形よりもアーム幅やデザインのボリュームに着目するのがおすすめです。

太くて短いふっくら指タイプ

太くて短いふっくら指タイプは、とくにV字が似合います。切り込みが深ければ深いほどよりシャープな印象に仕上がるため、指を細長く見せることが可能です。
また、アームの幅に関しては太いほうが似合います。前述したように、アームの幅が細いと指の太さが強調されてしまうため、避けるのが無難です。

なお、指のタイプ別おすすめデザインに関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ併せてチェックしてみてください。

結婚指輪のデザインはどう選ぶ?あなたの指に合うデザインの選び方をご紹介

婚約指輪との重ね着けに合う形の選び方

婚約指輪との重ね着けに合う形の選び方

婚約指輪と結婚指輪を重ね着けする場合は、同じ形で統一するのがおすすめです。たとえば、婚約指輪がストレートであれば、結婚指輪もストレートを選ぶとよいでしょう。そうすることにより、統一感が出て婚約指輪・結婚指輪のどちらかが悪目立ちしてしまうという心配がありません。

ただし、婚約指輪がS字やV字の場合は結婚指輪の曲線、または切り込みの角度に注意が必要です。なぜなら、「同じ形を選べばぴったり重なる」というわけではないため。仮に、同じブランドで婚約指輪と結婚指輪を購入しても、形がぴったり重なり合うとは限りません。重ね着けした際に婚約指輪と結婚指輪の間に隙間ができてしまい、見た目が不自然になってしまう可能性があります。
そのため、婚約指輪と結婚指輪をS字やV字で統一する際は実際に重ね着けし、「隙間がないか」を確認してから選ぶようにしましょう。

このほか、「ストレート×S字」「ストレート×V字」というように、違う形の婚約指輪・結婚指輪の重ね着けも可能です。別の形の指輪を重ね着けする際は隙間ができやすいため、この場合も実際に試着してから選ぶことをおすすめします。

自分の指に合う形の結婚指輪で手元に美しい輝きを

結婚指輪には、「ストレート」「S字」「V字」「幅広」などの形があり、どれを選んでよいのか迷ってしまう方は少なくないもの。好みの形を選ぶのももちろん間違いではありませんが、長きにわたり身に着ける結婚指輪だからこそ、自分の指に合う形を選ぶことが大切です。そのため、今回ご紹介した「指のタイプ別ごとに似合う結婚指輪の形」を参考に、2人にぴったり合う結婚指輪を探してみてください。

なお、結婚指輪の選び方に関しては以下の記事でもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

結婚指輪の決め手は何?デザインや価格?後悔しないための選び方とは

Share On

Related Article

関連記事