ダイヤの婚約・結婚指輪ならBIJOUPIKO

結婚指輪のBIJOUPIKO TOP > ダイヤモンドリスト
diamond quality

4つのCで決まるダイヤモンドの価値。

永遠の愛を誓う証として、もっとも相応しいとされるダイヤモンド。

生涯をともにするパートナーに贈るエンゲージリングは、より高品質なダイヤモンドを贈っていただくために。

ダイヤモンドの品質は、国際的に統一されている品質評価基準である4Cによって評価されます。

国際的に統一された品質評価基準“4C”

人間にそれぞれ個性があるように、ダイヤモンドにも「4つのC」があります。

この4Cは、ダイヤモンドの国際的な品質評価基準としてG.I.Aに考案されました。

4c Carat Color Clarity Cut

Carat 重さ

宝石の重さの単位であるカラットは、1カラット=0.2グラム

この単位が大きくなるほど表面積が大きくなり、より美しく華やかな輝きをはなちます。

carat chart

Color 色

ダイヤモンドは無色透明の「D」を最高とし、

黄色味をおびるにつれて「Z」まで23等級に分類されます。

無色透明のDに近づくほど美しく輝き、希少価値が高くなります。

color chart

Clarity 透明度

ダイヤモンド内部のキズや、光の通過を邪魔する内包物の有無により判断されます。

キズや内包物が全く認められないものを最高クラス「FL」とし、

内包物の数により11段階に分類されます。

clarity chart

Cut 研磨

ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すカットの技術。

人間の技術に左右される唯一のグレードです。

プロポーションと仕上げの度合いにより、最高クラス「EXCELLENT」から5段階に分類されます。

ハートandキューピッド

トリプルエクセレント

cut chart

ダイヤモンド鑑定書について

ダイヤモンドには、品質評価の国際基準である4Cの品質を保証する鑑定書を付属しています。

ダイヤモンドの真偽、品質を知る方法として鑑定書や鑑別所がもっとも有効かつ重要になります。

鑑定書は、G.I.A(米国宝石学会)考案の品質評価国際基準である4Cで作成されます。

鑑定書には4Cを基準に、ダイヤモンド写真、重量、サイズなど(直径の最大値と最小値、テーブル~キューレットの深さ)や

プロポーション(テーブル面の割合、クラウンの角度など)の詳細な測定・検査結果が記載されます。

この鑑定書がダイヤの真偽や品質の保証となります。また、盗難や紛失の際にも大きな手がかりとなることがあります。

鑑定機関について

ダイヤモンドを測定・検査し、鑑定書を発行する鑑定機関も重要です。

中央宝石研究所

国内最大規模の鑑定機関

国内で流通する宝石品質ダイヤモンドの大半を分析し、

信頼性に定評があります。

最新機器の導入や新技術に積極的で、

特にエンゲージ用ダイヤモンドルースで

よく目にする「ハートアンドキューピッド」を世界で初めて

ダイヤモンドサブプレートとして添付するなど、

先駆的な存在として知られています。

米国宝石学会

品質評価基準4Cの生みの親

世界的な宝石学教育機関と鑑別・鑑定機関、

鑑定に関する研究を行っている研究所からなる機関。

品質評価の国際基準である4Cを考案したとして、

ダイヤモンドの鑑定機関としては

世界で最も信頼度と権威があるとされています。

AGT ジェムラボラトリー

G.I.Aと提携

4Cの生みの親、G.I.Aと提携し、

G.I.Aジャパンのラボ部門となっている機関。

厳正中立の客観的立場から鑑定しており、宝飾業界、

消費者の保護及び利益に貢献することを目的としています。