結婚指輪・婚約指輪、エンゲージリングのBIJOUPIKO(ビジュピコ)

ダイヤモンドの評価基準
“4C”とグレード

スマートフォン用メニュー
3FAVORITE

ダイヤモンドの品質基準“4C”とグレード

ダイヤモンドの美しさ・価値は
"4C"と呼ばれる品質評価国際基準で評価されます。

ダイヤモンドの品質基準“4C”とグレード

ダイヤモンドは自然が生み出す天然鉱物なので、内包物や傷、色合いがダイヤごとに変わります。4Cは、カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(プロポーション)によって、それぞれの度合いを測定し、価値を評価します。この4Cは、国際的に統一された評価基準として世界中のダイヤモンド取引で価値、相場などの目安として使用されています。ビジュピコではご予算、お客様のお望みに合わせてセレクトショップならではの豊富な種類の中からご提案いたします。

ダイヤモンドの選び方

4Cは肉眼で違いが判別しやすいものとそうでないものとで分けることができます。

  • 肉眼で判別ができる=カラット(重さ)、カット(プロポーション)
  • 肉眼で判別しにくい=カラー(色)、クラリティ(透明度)
  • カラット(重さ)
    カラットは大きさそのものを表します。
  • カット(プロポーション)
    4Cの中で唯一人間の技術に委ねられる部分。高いグレードのものほど美しく輝きます。
  • カラー
    低評価になるほど黄色みがかっていきますが、ビジュピコの扱うグレードはほぼ無色のものしかなく、肉眼での判別は困難です。
  • クラリティ
    ダイヤモンド内部の内包物(異物等)。極小なので肉眼では判別が困難。

以上のことから、ダイヤモンドを選ぶ際には肉眼でも区別がつきやすい、カラットとカットの2Cに重点を置くと理想のダイヤモンドを見つけやすくなります。

肉眼でも違いが分かる

  • Carat Caratカラット(重さ/大きさ)
  • Cut Cutカット(プロポーション/形状)

肉眼では判別しにくい

  • Color Colorカラー(色)
  • Clarity Clarityクラリティ(透明度)

4C について詳しく知る

4C の歴史

ダイヤモンドの4Cの歴史

1940年以前まではダイヤモンドには評価に関する統一された明確な基準がありませんでした。それまでのダイヤモンド商人は、ダイヤモンドの価値に関して、重量を表すカラット以外の項目に関しては、一貫性のない多種多様な用語を使用していました。さまざまな一貫性の無い用語は、宝石商が顧客に価値の要素について説明したり、顧客がそれを覚えるのには簡単な方法がありませんでした。そこで1931年に設立されたGIA(米国宝石学会)がダイヤモンドの価値を表すための基準として4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)を生み出しました。現在では4Cは統一された評価基準としてダイヤモンドの価値を図るために世界中で使用されています。

鑑定書について

鑑定書について

GIA が定めた品質評価国際基準である"4C"、カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(プロポーション)を基準として、ダイヤモンドの美しさ、輝きを明確に数値化して、その価値を保証する鑑定書について