結婚指輪・婚約指輪、エンゲージリングのBIJOUPIKO(ビジュピコ)

ダイヤモンドの鑑定書・鑑定機関

スマートフォン用メニュー
3FAVORITE

ダイヤモンドの鑑定書・鑑定機関

鑑定書とは

ビジュピコでご提供するダイヤモンドには全て鑑定書が付属しています。

ダイヤモンドの鑑定書とは、ダイヤモンドの品質をGIAが定めた品質評価の国際統一基準である4Cを基準として、各鑑定機関によって発行される文書のことです。
この鑑定書は、ダイヤモンドを選ぶ際に、本物なのかどうか、品質と価格は適正であるかの判断のために用いられます。ダイヤモンドは、熟練の宝石鑑定士の目、顕微鏡などの各鑑定機関の産業用ツールを使用して評価、測定、精査されます。鑑定書にはダイヤモンドの品質の根拠となる測定、検査結果とともに、ダイヤモンドの寸法、カラー、透明度、ポリッシュや対称性など様々な特性の分析結果が記載されます。鑑定書はダイヤモンドの品質の良い悪い、価格が適正なのかを図る指標として使用されます。

ダイヤモンドの鑑定機関について

鑑定書はダイヤモンドの品質、価値を把握するうえで最も有力なものです。ダイヤモンドの鑑定・鑑別は高度な専門知識と豊富な経験、最新の専門機器が必要となります。ダイヤモンドの品質は品質評価の国際基準である4Cをはじめ、様々な項目から評価されることから、一般の方には品質を鑑定・鑑別することは不可能です。以上のことから鑑定書は信頼できる機関からのものを選ぶということが重要になります。
ビジュピコでは、日本の鑑定機関CGL(中央宝石研究所)と海外の鑑定機関GIA(米国宝石学会)の2社の鑑定機関で発行される鑑定書をご用意しています。これらの鑑定機関は国際的に統一された品質評価である4CとGIAダイヤモンドグレーディングシステムという鑑定方法が用いられ、同一の鑑定結果が出ることを原則としています。

GIA(米国宝石学会)について

ダイヤモンドの品質評価の基準"4C"を考案した宝石における世界的権威のある鑑定機関

GIA(米国宝石学会)について

1931年に設立されたGIAは4Cを考案し、ダイヤモンド、カラーストーン、真珠等に関する世界的権威をもった機関です。宝石や宝飾品の知識、基準、教育における主要な情報源であり非営利の研究機関としての側面も持っています。
GIAが考案した4Cは、ダイヤモンドを取引する上で不可欠なルールとして、世界の主要宝石市場で統一された最も公正な評価基準として採用されています。
世界的な宝石学教育機関としてニューヨークやイタリアをはじめ世界中に10校の分校を、日本の大阪と東京に提携校を持ちます。

CGL(中央宝石研究所)について

国内最大規模の鑑定機関

CGL(中央宝石研究所)について

1970年に設立されたCGLは日本におけるダイヤモンド鑑定、宝石の鑑別では最大規模を誇り、鑑定書の発行部数は世界最大級です。その取扱量の多さから、業界標準と言われるまでになっています。最新鋭機器の導入や新技術を取り入れることに積極的で、ハートアンドキューピットの評価を世界で初めてダイヤモンドレポートに添付したり、ダイヤモンドスパークレポートの開発を行うなど鑑定分野で先駆的な研究を行っていることでも有名。
ベルギーにも現地鑑定所を持ち、HRD(ダイヤモンドハイカウンシル)と呼ばれる、ベルギー国内のダイヤモンド総括団体と提携しています。2011年にはタイの公的機関であるGIT(タイ宝石研究所)と技術的業務提携を締結し、世界7大宝石ラボラトリーで組織されるLMHC(ラボ・マニュアル調整委員会)に日本で唯一加入している機関です。