2021.07.09(金)

恋愛

結婚前の同棲ってどうなの?メリット・デメリットと成功への秘訣

結婚前の同棲ってどうなの?メリット・デメリットと成功への秘訣

結婚を意識し始めるカップルが結婚に踏み切る前に、一緒に暮らしていけるのかどうか確認するために、同棲をするケースが少なくありません。一緒に暮らして相性を見るのもひとつの手段ですが、同棲から結婚という流れになるように、同棲を始める前に考えなければならないこともあります。
 
そこで今回は、結婚前に同棲するメリットやデメリット、一緒に暮らす上でのタブーについてまとめています。また、結婚に結びつけるためのポイントもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
 

好きな人と一緒に過ごせる!結婚前に同棲するメリットとは?

結婚前に同棲するカップルは決して珍しくはありません。では、結婚前に同棲するのには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
 

お互いを深く知ることができる

結婚前に同棲するメリットに「お互いを深く知ることができる」が挙げられます。同棲していない時は、一緒にいる時間以外はどのように過ごしているのかわかりづらいもの。しかし、同棲することで相手と自分の生活リズムや食の好み、生活のこだわりなどを知ることができます。
 
また、付き合っている時は相手に自分の良い面だけを見せようとしてしまいますが、一緒に生活するとなると、嫌な面を見せることを覚悟しなければなりません。それも含めて相手と家庭を築く必要があるためです。このように、同棲はお互いを深く知れる良い機会になるので、結婚したあとに「こんな人だとは思っていなかった」などのすれ違いをなくすことができます。

一緒に過ごせる時間が長くなる

「一緒に過ごせる時間が長くなる」という点も結婚前に同棲するメリットのひとつです。お互いが別々で暮らしている時は、毎日のように一緒に過ごすことは容易ではありません。特に、どちらか一方が忙しいと「しばらく会えない」という場合もあるでしょう。そのため、一緒に過ごせる時間は限られてしまいます。
 
その点、同棲であれば住む家が一緒なので、どんなに忙しくても毎日のように顔を合わせることができます。お互いのスケジュールを無理に合わせる必要もなく、自然と一緒に過ごせる時間が長くなります。

結婚資金を貯めやすくなる

結婚前に同棲するメリットには、「結婚資金を貯めやすくなる」も挙げられます。たとえば、お互い1人暮らしをしていると、それぞれ各自で家賃を支払わなければなりません。自身の生活費にお金を費やしてしまうので、結婚資金の貯蓄にまで手が回らないことも。しかし、同棲をすることで生活費を折半でき、浮いた費用はそのまま2人の結婚資金として貯金することが可能です。
 
また、同棲がきっかけでお互いに結婚を意識するようになれば、これまで貯金してこなかった方も貯蓄を考えるようになるでしょう。そのため、結婚前の同棲は結婚資金を貯めやすくなると言えます。

結婚生活の予行練習になる

結婚前の同棲には、「結婚生活の予行練習になる」というメリットもあります。結婚は、人生においての一大イベントです。付き合っている時と違って、結婚したあとは「こんなはずではなかった」と感じても簡単に別れることはできません。そのため、結婚を考えた時に不安になってしまう方がほとんどです。
 
その点、同棲なら結婚生活の予行練習になるので、結婚に対する不安を払拭することができます。生活リズムや価値観などを結婚前に確認できるようになるため、後悔を避けることが可能です。
 

知っておこう!結婚前に同棲するデメリット

一方で、結婚前に同棲するデメリットには主に以下の4つが挙げられます。
 

マンネリ化する

結婚前に同棲するデメリットのひとつが、「マンネリ化する」です。同棲前は会える時間が限られているので、相手にドキドキしやすいもの。しかし、同棲を始めると毎日のように顔を合わせるので、相手に対するドキドキ感が薄れてしまいます。
 
また、過ごす時間が長くなればなるほど、いつしか「いるのが当たり前」という存在にもなってしまうので、結婚前の同棲はマンネリ化しやすいと言えるでしょう。とはいえ、工夫次第ではマンネリ化を防ぐこともできます。たとえば、デートの時は外で待ち合わせしたり、旅行して非日常を体験したりと新鮮な気持ちを持ち続けることでマンネリ化を回避することが可能です。

1人の時間が無くなる

結婚前に同棲するデメリットには、「1人の時間が無くなる」も挙げられます。ほとんどの方が仕事以外は家で過ごすため、パートナーと一緒に過ごす時間が長くなります。これまで自分に使えていた時間を相手のために使うことが増えるので、人によってはデメリットに感じてしまうでしょう。
 
とはいえ、お互いが干渉しない生活をするカップルであればさほどデメリットに感じることはありません。また、お互いが1人で過ごせる部屋を作ることで、デメリットをカバーすることができます。

価値観の違いで喧嘩しやすくなる

「価値観の違いで喧嘩しやすくなる」のも結婚前に同棲するデメリットのひとつです。同棲前はわかりづらい価値観も、同棲することによってわかるようになります。特に、お金に関する価値観は「結婚」を考えるととても重要な要素です。この価値観の違いは喧嘩の原因になりやすく、別れるカップルも少なくありません。しかし、言い換えれば「結婚前に確認できる」ということになるので、大きなデメリットにはならないと言えます。

結婚のきっかけを逃してしまう

結婚前の同棲には、「結婚のきっかけを逃してしまう」もあります。というのも、同棲が長くなりすぎると、結婚のタイミングを見失いやすいからです。また、「一緒に住んでうまくやっているのに、今更さまざまな手続きが必要な結婚という形に変える必要があるのか」と考えてしまう方も少なくありません。これにより、結婚のきっかけを逃してしまいやすいのです。この場合は、期限を決めて同棲をすることでデメリットをカバーできます。
 

同棲をして一緒に暮らす上でのタブーとは

一緒に暮らしていると、大小さまざまな衝突が起こるでしょう。それが、話し合いなどで解決できる衝突なら問題ありませんが、時には「この相手と結婚は無理だ」と思わせてしまう衝突も起きてしまいます。結婚を見据えて一緒に暮らし始めたのに逆の結果に終わらないためには、同棲する上でのタブーを知ることが必要です。
 
大きなタブーは、価値観の押し付けです。生活していく上で意見が一致しなかった時、自分の考え方、自分の生活のやり方が正しく、相手は間違っていると決めつけると相手の不満が高まっていきます。自分は自分のより良い生活を求め、相手は相手でより良い生活を求めて現在の方法があるということを理解し、互いに譲り合うことが一緒に生活していく上で大切なことです。
 

結婚前に同棲するにはルールが必要

「好きだから一緒に暮らす」と勢いだけで同棲を始めると、「相手と自分の考えていることをすり合わせていなかったために破綻してしまう」ということになりかねません。そうならないように、一緒に暮らし始める前にいくつかルールを決めると良いでしょう。
 

結婚前提で同棲期間を設ける

結婚前に同棲するのであれば「結婚前提で同棲期間を決めること」が大切です。前述したように、期間を決めずに「ただ一緒に暮らしている」という状態では、結婚のタイミングを失ってしまいます。また、人によっては同棲することで満足し、結婚の意欲が薄れてしまうことも。このような事態を避けるためにも、同棲期間を設けることは必要不可欠です。
 
同棲期間の決め方は、人によって異なります。たとえば、半年や1年という期間で決める方法もありますし、「貯金がいくら貯まるまで」というように貯金額で決めることもできます。2人で同棲前にしっかりと話し合い、期間を設けるようにしましょう。ただし、期間を決める際は3年・5年と長くならないよう注意が必要です。

プライバシーに干渉しない

「プライバシーに干渉しない」というルールも結婚前の同棲には必要不可欠です。というのも、結婚を前提とした同棲では、「相手のことを知る権利がある」と思われがちだからです。一緒に暮らしていく上で、帰りの時間帯や飲み会の日程などを把握しておきたいこともありますが、プライバシーは別問題。あまりにも干渉しすぎると束縛のようになってしまい、お互いに息苦しい思いをしてしまいます。プライバシーに踏み込みすぎるのは喧嘩の原因にもなるので、干渉しすぎないようルールを設けておくことが重要です。

ハウスルールを決める

結婚前の同棲では、「ハウスルール」も決めておくようにしましょう。たとえば、金銭的なルール、家事に関するルールなどは必要不可欠です。特に金銭的なルールを曖昧にしてしまうと、どちらかに負担が偏ってしまい結婚生活に不安を覚える可能性があります。
 
また、家事はどちらがどの程度するのか、決めた家事ができない事情が発生したらどうするか、どちらか一方に家事の負担が大きくなりすぎないようにするには、などある程度のルールを決めることで、「2人で決めたのだから」という気持ちが働き、価値観の押し付けを防げる効果もあります。
 

結婚前の同棲はしっかり話し合うことが大切

「結婚前の同棲は婚期を逃しやすい」と言われますが、お互いにしっかり話し合った上で同棲を始めれば、ゴールインしやすいもの。同棲をすることによってこれまで見えなかった部分が見えてきますし、結婚の予行練習にもなります。しかし、その一方で同棲をすることによってマンネリ化したり、喧嘩が増えたりすることもあるでしょう。とはいえ、事前にルールを設けておけば回避できない問題ではありません。2人で話し合ってルールを作り、結婚に向けてすてきな同棲生活を送ってください。
 
なお、プロポーズや結婚指輪に関しては以下の記事でご紹介しているので、併せてご覧ください。
 
プロポーズはいつすべき?タイミングと事前準備について詳しく解説
タイミング・プランは慎重に決めよう!プロポーズを成功へと導くポイントとおすすめの演出
結婚指輪はいつからつける?6割が挙式後と回答した理由とおすすめのタイミングをご紹介
 
ブライダルリングショップリスト
 

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう