2017.10.07(土)

ダイヤモンド

ダイヤモンドのエメラルドカットの魅力とは?

03_1

婚約指輪の宝石はダイヤモンドを選ぶ人が多いですが、ダイヤモンドにもさまざまな種類があります。重さや透明度、内包物の有無などもダイヤモンドの評価に影響を与えます。
さらにカットにもさまざま方法があり、そのひとつにエメラルドカットと呼ばれる手法があります。そこで、この手法の由来や特徴などについてご紹介します。

エメラルドカットとは?

03_2

エメラルドカットとは主にエメラルドの宝石に使われるカット方法で、この手法を使ってダイヤモンドをカットすることがあります。婚約指輪に使われるカットはラウンドブリリアントカットと呼ばれるものが多く、上から見ると全体的に円形に見え、横から見ると下に向かって1点に集中する形でカットされています。それに対してエメラルドカットは、横から見るとアウトラインが階段状に見えるようにカットされます。このカット手法はステップカットと呼ばれています。
また、上から見るとラウンドではなくスクエアに近い形に見え、一番上には平らな面があります。この面はテーブルと呼ばれています。テーブルがあることによってダイヤモンドの存在感が際立つという特徴があるカット方法です。鑑定基準には4つのCがありますが、そのうちの1つの基準であるカットについては、エメラルドカットと記載されるだけで評価はつきません。
ただし、ラウンドブリリアントカット以外の研磨方法は、すべてカット方法だけ記載されることになっていますので、カットの評価が書かれていなくても心配しなくても良いでしょう。

エメラルドカットの由来と特徴

03_3

エメラルドカットはダイヤモンドの婚約指輪のカットとして選ばれることもあります。中性のヨーロッパでは、ダイヤモンドは魔よけの役割を果たすとされていた時代がありました。また、ダイヤモンドは非常に硬いという性質があります。そういった背景から、ヨーロッパの貴族を中心に、ダイヤモンドは魔よけになり幸せを守ってくれる宝石、固い絆と永遠の愛を表現する宝石として王妃に贈る風習が生まれたといわれています。その際に使用されたダイヤモンドのカットがエメラルドカットだったのです。エメラルドカットの特徴は、技巧的な細かいカットから放たれる光とは違い、ダイヤ本来が持つ光を放つという特徴があります。その光は凛とした高貴な輝きと表現されることもあり、貴族のあいだでは王妃に贈られるダイヤモンドのカットとして好まれたと考えられます。
エメラルドカットのダイヤは愛の象徴ともいわれています、このカットを使用したダイヤモンドの指輪を婚約指輪として贈るというのも有力な選択肢となるでしょう。

エメラルドカットは透明感があり破損リスクが小さいことが魅力

03_4

エメラルドカットのダイヤが放つ光は透明感があるのが特徴です。元々はエメラルドに使用されていたカットで、エメラルドそのものが持つ色を引き出すことに適したカットでしたが、ダイヤモンドのような透明度の高い宝石に使用すると、その宝石が持つ本来の色を際立たせるという特徴があるカットです。
ダイヤモンドの場合は、無色透明であればあるほど価値が高いといわれていますが、エメラルドカットを施すことによってダイヤ本来の透明感を効果的に演出できるようになります。また、エメラルドカットはブリリアントカットほど細かくカットせず、破損しやすい角の部分も鋭く尖らないように削りますので、破損しにくいという特徴もあります。愛の証として贈られた婚約指輪を長きにわたって使い続けられる魅力があると言えるでしょう。

婚約指輪としてエメラルドカットのダイヤの指輪を贈ろう

ダイヤモンドの婚約指輪を選ぶ場合は、どんなカットのものを選ぶかもよく検討してみることをおすすめします。ラウンドブリリアントやプリンセスカットなどが有名ですが、エメラルドカットも婚約指輪にふさわしい由来を持ったカット手法です。横から見ると階段状になっていたり、上部にテーブルがあったりする点が特徴です。また、ダイヤ本来が持つ透明感を味わうことができ、破損にも強いという魅力もありますので、エメラルドカットも選択肢に加えてみるとよいでしょう。

 


 

engagementring

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう