2020.02.13(木)

婚約指輪

72%の人は婚約指輪のお返しをしていない?婚約指輪・結納返しの文化やおすすめ商品をご紹介

72%の人は婚約指輪のお返しをしていない?婚約指輪・結納返しの文化やおすすめ商品をご紹介

愛する人から婚約指輪と結婚の約束を受け取るプロポーズは、人生の中でもっとも素敵な瞬間のひとつです。 
彼はプロポーズの日までに貯金し、サイズやデザインに悩みながら婚約指輪を選んでくれたのでしょう。最高の贈り物をくれた彼氏に何かお返しはしたほうがいいのでしょうか。
今回は婚約指輪のお返しについて女性100人にアンケート調査を行いました。
婚約指輪のお返しをどうするか迷っている方は、先輩花嫁の意見を参考にして考えてみてください。
お返しをする場合の予算やおすすめ商品、タイミングもまとめました。

 

【質問】婚約指輪のお返しはしましたか?

【質問】婚約指輪のお返しはしましたか?

 

婚約指輪のお返しはしていない方が多い!

アンケートの結果、婚約指輪のお返しをしていない方が多い結果となりました。
・婚約指輪はもらいましたが、お返しは考えてなかったのでしてません。(30代/女性/パートアルバイト)
・主人がお返しはいらないと言ったので。その代わり、大事に使っています。(30代/女性/専業主婦)
・結婚指輪はお互いのものを買ったので、婚約指輪は買ってもらいました。(20代/女性/専業主婦)

・ありがとうという気持ちは伝えましたがものはプレゼントしていません。お金を生活のためにためたかったので。(20代/女性/専業主婦)
・婚約指輪のお返しは、結婚してくれることだよ、と言われたから。(30代/女性/専業主婦)
「そもそもお返しすることを考えなかった」という方や、お返しをするよりも今後の生活費を貯めたいと考えた方が多いようです。彼氏としても彼女に喜んでもらえたら、お返しは必要ないのかもしれません。
金銭で何かを買うのではなく、婚約指輪を大切にしたり、普段の生活に少し気合を入れたりして、感謝の気持ちを表現した方もいました。

 

お返しをした方は約3割

少数派ではありますが約3割の方が何らかの形で婚約指輪のお返しをしたと回答しました。
・お返しというより、ありがとうの意味を込めて、手料理に彼の好きなチーズハンバーグを作りました(30代/女性/専業主婦)
・お互いに一生大事に身に着けられるものをプレゼントし合いました。(20代/女性/会社員)
・大した値段ではありませんでしたが、彼が気に入ったネックレスをたまたま見つけてオネダリされたので、お返しという形にしました。(30代/女性/パートアルバイト)
・結納の時に婚約指輪をもらったので、結納返しの時にタイピンを渡しました。(50代/女性/会社員)

・私は、浴衣セットをお返ししました。私が考えた候補から本人に選んでもらい一緒に買いに行きました。(20代/女性/専業主婦)
お返しをした方は新生活で使えそうなものや、普段は買わないようなちょっと高価な時計などをプレゼントしたようです。サプライズではなく、彼氏と一緒に買いに行った方もいました。品物でお返しした方は婚約指輪と同じように身に着けるものをプレゼントしたケースが多いようです。
手料理で彼の大好物をふるまったり、おいしい料亭に食べに行ったり、品物以外のお礼をしたという意見もありました。
プロポーズの時のプレゼントは婚約指輪が定番ですが、婚約指輪のお返しは人それぞれのようです。

 

お返しするのがマナー?昔ながらの文化「結納返し」とは?

近年、婚約指輪のお返しは「してもしなくても良い」という認識になっていますが、日本には古くから「結納返し」という文化があります。
結納自体が簡略化されたり、結婚のステップから省略されたりしていますので、初めて聞いた方もいるかもしれません。
現代は結婚のあり方が多様化していますが、家庭や地域によっては昔ながらの形式を重んじる姿勢が残っている場合もあります。これから結婚する予定の方は結納返しを覚えておいて損はないでしょう。

結納返しは女性側の家庭から男性側へのお返し

結納は結婚を決めた男女の家族が集まり、正式に婚約を成立させる儀式です。
男性側の家庭から女性側へ結納品や結納金を贈り、形式によっては女性側からも男性側にお返しの品やお金を贈ることで婚約の証とします。このうち、女性側から男性側に贈るお返しを「結納返し」と呼びます。
結納を行う場合は婚約指輪も結納品に含まれますので、お返しも結納の中で行われることになります。

結納返しの文化は地域差がある

結納の形式や結納返しの文化には地域差がありますので、特に相手と出身地が違う場合は注意が必要です。結納の形式はざっくり分けると「関東式」と「関西式」があり、結納返しの考え方も違います。
関東式で結納を行うことは「結納を交わす」と表現され、お互いに結納品を贈り合うのが一般的です。結納返しについては「半返し」という言葉があり、男性側から受け取った結納金の半分程度をお返しする考え方があります。
一方、関西式では「結納を納める」と表現され、男性側から女性側に贈り物をすることで婚約が成立します。結納返しはしないか、お返しをしても受け取った結納金の1割程度で良いという考え方が一般的です。
結納を行う場合は結納返しの有無や金額も含めて、どのような形式で結納を行うか両家で相談しておきましょう。

 

婚約指輪のお返しをするベストなタイミングとは?

プロポーズは誕生日や2人の記念日など特別な日を選んで行われることが多いですが、婚約指輪のお返しはいつすればいいのでしょうか。

結納や顔合わせの席でお返しするのがベスト

先ほど少し触れたように、結納を行う場合はプロポーズでもらった婚約指輪も再度、結納品として受け取りますので、お返しも結納の中で行います。
婚約指輪は男性が女性の左手薬指にはめ、両家の両親にお披露目するのが一般的です。女性からのお返しは婚約指輪を披露した後のタイミングで行うのがいいでしょう。
結婚前に結納を行わない場合でも両家の顔合わせは必ずと言っていいほど行われます。結婚に向けて両家の考え方をすり合わせるだけでなく、これから親族になる両家の結びつきを強くするためにも、顔合わせは重要な行事です。

顔合わせは結納と違い特に形式はありませんが、食事を始める前のイベントとして婚約指輪の披露を行うと場が盛り上がるでしょう。全員の緊張がほぐれてきたこのタイミングで女性からもお返しを渡せば、さらに和やかなムードになるはずです。
婚約指輪もお返しの品もお互いの両親の前で披露することで、いつまでも大切にしようという想いがより強くなるでしょう。

結納・顔合わせをしない場合は結婚式当日までに

結納も顔合わせも行わない場合は、遅くとも結婚式当日までにお返しをするのがおすすめです。できるだけ早いほうが感謝の気持ちが伝わりやすく、結婚式に向けて2人の気持ちを高めるきっかけにもなります。
交際記念日や彼の誕生日、デートなどのタイミングに贈ると思い出に残るお返しになるでしょう。

 

婚約指輪のお返しの相場とおすすめの商品

婚約指輪のお返しをすると決めたものの、どれくらいの予算で何を贈ればいいのだろうと悩んでいる方もいるでしょう。彼が欲しいものを買ってあげようと思っても「なんでもいい」「お返しはいらない」と言われてしまうかもしれません。
お返しの価格相場とおすすめの商品をご紹介しますので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。

お返しの予算は「半返し」を目安に

先ほどご紹介した「半返し」は関東式の結納返しのマナーとして知られていますが、結納を行わない場合のお返しも半返しが基準になります。
婚約指輪の相場は20~40万円ですから、お返しを半返しで用意するなら予算は10~20万円程度ということです。
ただし、お返しの予算は必ずしも相場の範囲内でなければならないわけではありません。大切なのは感謝の気持ちを伝えることです。半返しはあくまで目安にし、できる範囲で心のこもった贈り物を用意しましょう。

お返しの定番商品は腕時計

アンケート結果からもわかるように、婚約指輪のお返しは身に着けられるものが人気ですが、中でも定番は腕時計です。スマートなデザインの腕時計を選べば、プライベートはもちろん仕事中にも大活躍するでしょう。
婚約指輪や結婚指輪と同じように、腕時計も商品によっては裏ぶたに刻印を入れることができます。彼のイニシャルや2人の記念日などを入れてプレゼントすれば、より特別感のある贈り物になりますよ。

腕時計以外ならスーツやネクタイピンなども人気

彼がすでにお気に入りの腕時計を持っている場合や腕時計を着ける習慣がない場合は、オーダースーツをプレゼントする方もいます。スーツは何着あってもいいものですし、両家の顔合わせで着てもらえるかもしれません。仕事柄あまりスーツを着ない彼でも、将来、子どもの七五三や卒入園式などスーツで決めたい場面はたくさんあります。
他にもネクタイやネクタイピン、財布など実用的で長く使えるアイテムが人気です。

ファッションアイテム以外でも、例えば彼が自転車通勤ならロードバイク、写真が趣味ならカメラ、というように趣味やライフスタイルに合わせた品を贈るケースもあります。いずれにせよ、「自分のことを考えて選んでくれたんだ」と感じてもらうことが大事です。

 

まとめ

婚約指輪のお返しはしなかった方が多く、お返しをした場合も全体的にささやかなものが目立ちました。昔ながらの結納にちなんだ「結納返し」の文化も残っていますが、形にこだわらず2人が納得できるようにすればそれで良いのかもしれませんね。
彼氏としても一世一代のプロポーズを喜んで受けてもらえただけで十分嬉しいはずです。お返しをしてもしなくても感謝の気持ちをしっかり伝えることが、末永く一緒にいられる秘訣になるのではないでしょうか。

 

婚約指輪・エンゲージリングならBIJOUPIKO
結納返しに結婚指輪を贈るのは普通?それとも変?

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】女性

■調査期間:2015年10月27日~2015年11月10日

■有効回答数:100サンプル

 

ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう