Bridal Note

ブライダルノート

Engagementring

婚約指輪のお返しは腕時計がおすすめ!男性に喜ばれるギフト探し

愛の証として贈られる婚約指輪。男性側の気持ちが込もった婚約指輪をもらったら、女性側はお返しを贈るのが一般的です。
しかし、なかには婚約指輪のお返しについてよく知らないという方や、何を返せばいいのかわらかないという方もいるのではないでしょうか。お返しでは、指輪と同じく普段から身につけられるものが選ばれる傾向にありますが、この記事では婚約指輪のお返しとはなんなのか、贈るべき定番アイテムの腕時計について、ご紹介していきます。また、彼に喜ばれる腕時計の選び方についてもまとめているので、ぜひご参考ください。

婚約指輪のお返しとは

そもそも婚約指輪のお返しについて、どこまで知識があるでしょうか。女性は婚約指輪をもらうだけで、お返しをする場合があることをご存知なかった方もいるのでは?
私たち日本人には「もらったからこちらもお返しをする」という基本的なマナーが浸透していますが、実は婚約指輪のお返しも考え方は同じなのです。

とくにお返しが義務化されているわけではありませんが、「彼からもらったので自然に返したいと思った」という気持ちや「こちらからも結婚の記念になるので」という考えなど、感謝の気持ちを伝える手段として贈りものを送ったり、2人の記念のためにお返しをしたりする考え方が根強いようです。

婚約指輪のお返しって必要なの?

先にも述べたように、婚約指輪のお返しは義務化されているものではありません。必ずしも全ての女性がお返しを渡すわけではないので、「早く返さなきゃ!」と焦る必要もありません。ただ、相手のことを思う気持ちや、大切な思い出作りの一環としてお返しをする女性も多いようです。
せっかくの一生の思い出ですから、長く使うことができるものやインパクトの強いものを選ぶとよいでしょう。

「結納返し」との違い

「婚約指輪のお返し」と「結納返し」は似ているようで異なるものです。
結納とは日本古来から伝わる儀式です。将来の結婚や婚約を確約するという名目で双方の両親が集まり、男性側から女性側へ「結納品」を贈ります。この際女性側は、いただいた結納品のお礼として品物や現金を返すのが一般的です。

結納返しについては両家の親族や、古くから伝わる伝統のなかでさまざまな意見がありますが、当人同士の気持ちよりも「女性のご家族から男性のご家族へとお返しをする」という意味合いが強いといえます。

お返しの相場

婚約指輪を贈る際は、男性だけで選んだりカップルで一緒に選んだりしますが、費用については男性が負担するのがよくあるケースです。そのお礼として女性はお返しを贈りますが、「半返し」という言葉があるように、お返しの金額は婚約指輪の半額かそれ以上が一般的となっています。

婚約指輪のお返しに対する男性の本音とは?

婚約指輪のお返しとしてよく選ばれているのが、腕時計や財布、スーツなどです。婚約指輪と同じく「身に着けられるものがよい」と考えて、これらを選ぶ女性は少なくありません。では、お返しを受け取る男性は、これらのアイテムについてどのように思っているのでしょうか。

腕時計は長く身に着けることができるうえに、プライベートシーン・ビジネスシーンを問わず活用できます。また目につきやすく、見るたびに愛するパートナーのことを思い出せることから、仕事に対する活力につながることもあります。さらに、ブランド時計であれば一種のステータスにもなります。こうした点から、婚約指輪のお返しが腕時計だと多くの男性は嬉しさを感じるようです。

しかし、なかには「長く使い続けるからこそ自分が気に入る腕時計を選びたい」と考える男性もいます。そのため、「彼の好みに合う腕時計がどういうものかわからない」という場合はお返しのアイテムとして選ぶのを避ける、もしくは一緒に買いに行くのが賢明です。

財布も腕時計と同様に長く使い続けられるため、婚約指輪のお返しでもらうと嬉しいと感じる男性が多いようです。なかでも「ブランド品」や「大人っぽいもの」を求める男性が多い傾向にあります。

スーツはビジネスシーンで着用できるほか、冠婚葬祭のときにも使うため、「ビシッと決められる1着を持っておきたい」と考える男性が多いようです。そのため、婚約指輪のお返しがスーツだと嬉しさを感じる男性は多いといえます。ただし、スーツに関してはサイズをしっかりと測ったのち購入する必要があるので、一緒に買いに行くのがベストです。

婚約指輪のお返しとして定番のブランド腕時計

婚約指輪のお返しとして人気の腕時計ブランドを紹介します。

人気のブランド腕時計:タグホイヤー

男性が憧れるブランドのひとつ、タグホイヤー。
スイスで1860年に創業された老舗ブランドで、スポーティーながら気品を感じさせるデザインが特徴であり、ビジネスでもプライベートでも着用できる洗練されたラインナップとなっています。

1916年に世界初の100分の1秒を計測可能なクロノグラフを完成させたことでも名高く、その精巧さと正確さから、F1レーサーなどのスポーツマンに愛されてきました。
レースと同じく常に革新を求めるタグホイヤーの姿勢は、今後ますます活躍の場を広げていく男性にとってぴったりのブランドです。

TAG Heuerの日本正規品時計の正規販売店ビジュピコ

人気のブランド腕時計:パネライ

個性的で実用的な腕時計であれば、パネライもおすすめです。
パネライは、1860年にイタリアで誕生したメーカーで、イタリア海軍特殊潜水艦部隊のためにプロのダイバーズウォッチを世界で初めて開発したことで有名となったブランドです。

マニュファクチュールとしての拠点はスイスに置かれているため、洒落たイタリアンデザインとスイスの精巧な時計技術が融合した腕時計となっており、ダイバーズウォッチの流れを汲む耐久性や海への想いも人気の理由となっています。
さらに革ベルトが多く、カジュアルに着用できることもポイントです。

PANERAIの日本正規品時計の正規販売店ビジュピコ

人気のブランド腕時計:ブライトリング

モータースポーツのタグホイヤー、海のパネライ、そして3つ目にご紹介するブライトリングは航空業界との縁が深いブランドです。
パイロットが着用する時計であるため、高い視認性、操作性、精度、耐久性を追求してきました。

その誇りは、エンブレムの「翼のついたB」にも十二分に表れています。
重厚なデザインとまるで計器そのもののような厳格さがありながら、シティライクなスマートさもあるブライトリングは、これから責任ある存在になっていく男性を象徴するような腕時計です。

BREITLINGの日本正規品時計の正規販売店ビジュピコ

彼に喜んでもらえる腕時計選びのポイント

婚約指輪のお返しとして腕時計を贈るのであれば、「デザイン」「サイズ」「ムーブメント」「ブランド」の4つのポイントを押さえて選ぶようにしましょう。

デザイン

婚約指輪のお返しとして贈る腕時計には、なるべく「シンプルなデザインのもの」を選ぶのがおすすめです。なぜなら、デザインが派手すぎたり個性的すぎたりすると、彼の好みに合わない可能性があるためです。また、シンプルなデザインは飽きが来にくいという特徴もあります。腕時計は長年身に着けていくものなので、毎日着用していても見飽きないシンプルなデザインを選ぶのが賢明です。

このほか、シンプルなデザインだと流行り廃りがないので、トレンドの影響を受ける心配もありません。プライベートシーンとビジネスシーンどちらでも愛用し続けることができるので、オールマイティに使ってもらうことができます。

サイズ

「サイズ」も腕時計を選ぶ際の重要なポイントです。たとえば、サイズの大きい腕時計はプライベートシーンでは気兼ねなく使用できるものの、ビジネスシーンではTPOに合わないため着用できない可能性があります。また、人によってはファッションに合わせにくいということも。そのため、腕時計を選ぶ際は前もって「彼が腕時計を着けるタイミングはいつか」「どれほどのサイズを好んでいるか」などを確認することが大切です。

なお、多くの方に支持されている腕時計のサイズは「ケース径40mm前後」です。大きすぎず小さすぎないサイズのため、カジュアルな装いのほかスーツにも合わせやすくなっています。

ムーブメント

腕時計には「ぜんまいを動力として動く機械式」と「電池で動くクオーツ式」の2つがあります。

機械式には「手巻き」と「自動巻き」があり、手巻きはゼンマイを手動で巻き上げるムーブメントです。毎日決まった時間にゼンマイを巻き上げる必要があるものの、一手間をかけることで愛着が湧きやすくなります。何よりも電池を使用しないため、電池交換をする必要がありません。
自動巻きは、腕に装着しているだけでゼンマイが自動で巻き上げられるムーブメントです。腕時計を着けない時間が長いとゼンマイが巻き上げられず針が止まってしまうので、毎日着用する方におすすめといえます。

クォーツ式は、機械式と違って数日着用せずとも針が止まってしまうことがありません。そのため、「プライベートシーンでのみ着用する」もしくは「ビジネスシーンでのみ着用する」といった使用方法も可能です。

ムーブメントの好みは人によって異なるので、購入する前にどちらが好きか確認しておくようにしましょう。

ブランド

ブランドと一言でいっても、国内・海外で数多くの種類が存在します。人気のブランドには先述したタグホイヤーやパネライ、ブライトリング以外にも、オメガやロレックス、シチズンなどがあります。彼の好きなブランドの腕時計を選べば、喜んでもらえる可能性はグンと高まるでしょう。
もし、「とくに好きなブランドがない」という場合は、先述したブランドの腕時計を選ぶのがおすすめです。名の知れた有名ブランドであれば、喜んでもらいやすくなると考えられます。

ペアウォッチを選択するのもあり

婚約指輪のお返しとして腕時計を贈る場合、自らも同じデザインの腕時計を購入する、すなわち「ペアウォッチ」を選ぶ女性も少なくありません。婚約指輪は基本的に女性だけが身に着けますが、ペアウォッチなら結婚後も2人で長く身に着けることができます。また、ビジネスシーンにおいて婚約指輪を身に着けられない場合も、腕時計なら着用できる可能性があります。ペアウォッチを2人で身に着けることで、お互いの存在をより強く感じられるようになるでしょう。

より特別なお返しにするなら腕時計に刻印を施そう

腕時計の裏蓋には、刻印を入れることができます。そのため、「より特別なお返しにしたい」という場合は、積極的に刻印を入れるのがおすすめです。

刻印する内容としては、2人の名前や記念日が一般的です。このほかメッセージも刻めるので、恥ずかしくて面と向かって伝えにくい想いがあれば、それを刻印にして届けることができます。なお、ペアウォッチにした場合は、それぞれの腕時計にお互いの名前を刻むのも素敵です。

「2人で同じ時を刻む」という意味を持つ時計は、婚約指輪のお返しにぴったりなアイテム。刻印を施せばより一層特別なお返しに仕上げることができるため、ぜひ検討してみてください。

婚約指輪のお返しを渡すタイミング

婚約指輪のお返しを渡すタイミング

お返しをするタイミングですが、一般的には結婚式までに渡すという意見が多いようです。
もちろん結婚式を過ぎてしまってもとくに問題はないのですが、なるべく早いほうが気持ちも伝わりやすいですし、お互いの「結婚」という未来に向かっての決意もより一層高まるので、そのくらいの期間を目安にお返しをすることをおすすめします。

お返しで感謝の気持ちを伝えましょう

お返しで感謝の気持ちを伝えましょう

婚約指輪をもらったら、気持ちの意味でもお返しをするのが一般的。結婚式に間に合わせたい場合は、直前になって焦らないように余裕を持って準備をしておきましょう。
大切なのは高価なお返しをすることではなく、素敵な思い出を担うようなプレゼントを選ぶことです。たとえば、腕時計がそのひとつ。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、そして今回ご紹介したポイントを参考にしながら腕時計を選んでみてください。

BIJOUPIKO(ビジュピコ)のすべての指輪を見る

お近くのBIJOUPIKO(ビジュピコ)店舗をチェック

Share On

Related Article

関連記事

Popular Article

人気記事