Bridal Note

ブライダルノート

Engagementring

婚約指輪は返品できるのか?その可能性と事前の予防策

婚約指輪は一生に一度の大切な記念品です。それだけに、その相場も10万円~30万円と決して安い買い物ではありません。
しかし、どのような買い物でも急に不要になったり交換の必要が生じたりするケースはあるものです。
その場合、指輪の返品は可能なのでしょうか?そこで、今回は婚約指輪の返品に関する問題についてまとめてみました。

喜ばれるとは限らない!サプライズの婚約指輪

男性が愛する女性にプロポーズをして婚約指輪を差し出す。
ドラマや映画などではよくあるロマンチックなシーンです。

しかし、冷静になって考えてみると、ここにはさまざまなトラブルの可能性が潜んでいます。
指輪のサイズが合わなかった、彼女が指輪のデザインを気に入ってくれなかった、あまつさえ、プロポーズを断られてしまったなどです。

こうなってしまうと、高いお金を出して購入した指輪も全くの無駄になってしまいます。
それらの問題を避けるには、さりげなく彼女の指のサイズや好みのデザインなどを聞きだしておく必要がありますが、相手に意図を悟られてしまうとサプライズ感がなくなってしまいます。

それなら、いっそのことプロポーズの際は、花束などの別の贈りものをし、後日改めてふたりで婚約指輪を買いに行くというのもひとつの手です。

ともかく、恋人に指輪を贈ろうと考えている方は、それが喜ばれない可能性があるという点は頭に入れておいた方がよいでしょう。

店側の落ち度がなければ婚約指輪の返品は基本的に不可

婚約指輪のサイズが合わない、デザインが気に入らないなどといった理由でお店に返品を求めても、たいていの場合は断られてしまいます。
婚約指輪や結婚指輪は返品されたからといって、他のお客様に売るわけにもいかず、店側の一方的な損になってしまうからです。

もちろん、「ダイヤモンドの指輪を頼んだのにルビーの指輪だった」とか、「ダイヤの表面に無数の傷がついている」などといった明らかに店側に落ち度がある場合は話が別です。

また、現在ではインターネットで指輪を購入するケースが珍しくなくなり、見本の写真と実物のイメージが違っていたというお客様からの不満の声も増えています。
そのため、通販に限っては条件付きで返品を受けつけるお店もでてきています。
したがって、通販で指輪を購入する際には、返品の扱いがどうなっているかをよく確認することも大切です。

サプライズプロポーズのリスクを回避するプロポーズリング

さまざまなトラブルを考えると事前予告なしに婚約指輪を差し出すサプライズは避けた方が無難です。
しかし、中には「どうしてもドラマチックにプロポーズを決めたい」という男性もいるでしょう。

そんな方におすすめなのがプロポーズリングです。
プロ―ポーズリングとは、本物の宝石に仮のリングを取り付けたものです。

サイズに関しては、ジョイント部分で調整可能かフリーサイズ仕様になっているので、プロポーズしたその場で指輪をはめてもらえます。
そして、リングの部分はあくまでも仮なので、後日あらためて彼女と一緒に正式なものを選ぶことになります。
したがって、プレゼントした婚約指輪のデザインが気に入ってもらえなくて、彼女との間に気まずい空気が流れるといった事態にはなりません。

また、プロポーズリングは正式な婚約指輪と比べて短期間で用意できるので、急にプロポーズを思い立った場合でも対応可能です。
ロマンチックなプロポーズをしたいけれど、自分が選んだ指輪を気に入ってもらえるか不安だと悩んでいる方は、ぜひプロポーズリングの活用を検討してみてくださいね。

BIJOUPIKO(ビジュピコ)のプロポーズパックをチェック



Share On

Related Article

関連記事

Popular Article

人気記事