2020.10.28(水)

結婚指輪

結婚指輪は安くていい?それともこだわるべき?2パターンの選び方について

結婚指輪は安くていい?それともこだわるべき?2パターンの選び方について

結婚指輪を購入する際、価格とこだわり(デザイン)、どちらを重視するか悩んでしまうカップルは決して少なくないはず。なかには、「一生に一度のものだから、こだわりの詰まったものを選びたい」と思いつつも、金銭的な問題でなかなか一歩踏み出せないという方もいるかもしれません。
 
そこで今回は、100人の女性を対象に行った「結婚指輪の購入」に関するアンケートの結果とともに、結婚指輪を安く購入する方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

あらかじめチェックしておこう!結婚指輪の価格相場

そもそも、先輩カップルはどのくらいの金額で結婚指輪を購入しているのでしょうか?
 
ゼクシィ結婚トレンド調査 2019」が行った調査によると、結婚指輪(2人分)の平均購入金額は約24万円。もっとも多かったのは「20万円〜25万円未満」で30.9%、次いで「25万円〜30万円未満」の15.1%、「15万円〜20万円未満」の13.5%と続きました(※参照:全国(推計値))。この結果から「20万円〜25万円未満の結婚指輪を購入しているカップルが多い」ということがわかります。
 
とはいえ、上述した金額はあくまでも目安なので、必ずしもこの金額の結婚指輪を購入しなければならないわけではありません。参考程度に捉えて、2人とも納得できる価格の結婚指輪を購入しましょう。
 
なお、結婚指輪の購入価格については「結婚指輪の相場は?年収に対する割合と年代別の違いは?」の記事でもご紹介しています。ぜひ合わせて読んでみてください。

 

【質問】金銭的に結婚指輪の購入が困難!そのときあなたならどうする?

【質問】金銭的に結婚指輪の購入が困難!そのときあなたならどうする?

結婚指輪の購入は、決して安い買い物ではありません。そのため、なかには「金銭的な理由で結婚指輪の購入が難しい」というカップルもいます。
では、そのような状況下で結婚指輪の購入を検討する場合、「安くてもいいから結婚したタイミングで購入」と「費用を貯めたのち、こだわりの詰まった指輪を購入」、どちらを選択する方が多いのでしょうか。100名の女性を対象にアンケート調査を行いました。

 

やっぱり結婚したら結婚指輪を着けたい! 約6割が安くても結婚指輪を購入

アンケートの結果、約6割の方が「安物でもいいから購入する」と回答しました。
 
・一応区切りとして結婚したときに作っておきたい。安物でもいいのでペアのものをつけたいと思う。(20代/女性/専業主婦)
・安物でも確かな証が欲しいと思うので、結婚指輪を貰えればよいと思っています。(30代/女性/パートアルバイト)
・そのときには安物でもいいから印としてほしいですね。どんなものでもいいので。(40代/女性/パートアルバイト)
 
「結婚したら、その証として安物でもいいから結婚指輪が欲しい」といった回答が多く見られました。左薬指に結婚指輪を身に着けることで、既婚者だと証明できると考えている方が多いことが伺えます。
また、値段にこだわりはなく「安くても2人の気に入るものがあればそれでいい」と考えている方もいるようです。

 

費用を分散できる!身の丈に合った結婚指輪を買おう

身の丈に合った低価格の結婚指輪を選んだ場合、指輪の購入費用が余ってしまうことも。その際は、ほかの結婚資金に回すことをおすすめします。
たとえば、結婚式や新婚旅行を予定しているなら、結婚指輪の購入費用をそれらの資金として分散するのがおすすめです。結婚式をより豪華にしたり、新婚旅行のグレードをアップしたりすることができます。
 
結婚をするとなると何かと出費が重なってしまうため、このように結婚指輪の購入費用を抑えて、ほかの結婚資金に分散させるのもひとつの手段だと考えられます。
 
なお、BIJOUPIKOではペアでも10万円以下で購入できる結婚指輪を取り扱っています。「結婚指輪がペアで10万円以下!高品質でお得なブランド「BONDS(ボンズ)」の魅力を紹介」の記事で詳しくご紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

 

約4割がすぐの購入を選ばず!気に入ったものが欲しいと回答

安物でもいいから購入する方が約6割いた一方で、「買える時期が来たら購入する」と回答した方が約4割いました。
 
・一生モノの結婚指輪を買い替えるようなことはしたくないので、お金を貯めて納得できるものを購入したいです。お金を貯めている間、共通の目標を持てるので、絆も深まるかも…?(30代/女性/会社員)
・結婚指輪のために一生懸命頑張ろうと思えるから。頑張って手にした結婚指輪は格別のものだと思う。(30代/女性/専業主婦)
・間に合わせで、適当なものを買うぐらいならいらないと思ったから。(30代/女性/パートアルバイト)
 
「適当に購入するよりも自分の気に入ったものが欲しい」と回答した人や、「結婚指輪を購入するために一生懸命お金を貯めることでお互いの絆が深まる」と回答した人がいました。いつかは欲しいけど、お金がないときに無理してまで購入はしないと考えているようです。結婚指輪を購入するため一緒に貯金をすれば、さらに絆が深まるだけでなく、指輪を購入できたときの喜びがより一層大きくなりそうですね。
 

長く身に着けるからこそ!2人が理想とする結婚指輪を買おう

結婚指輪は日常的に、そしていつまでも身に着けるもの。そのため、結婚したからといってすぐに購入せず、費用を確実に貯めて「こだわりの詰まった指輪を選ぶ」のもまたひとつの選択肢といえます。費用が増えれば、その分素材やデザイン、装飾にこだわることができるので、2人の理想とする結婚指輪を購入しやすくなります。
 
たとえば、結婚指輪の素材を例にあげると、定番かつ人気の「プラチナ」は希少性が高いことから比較的高額です。白く美しい輝きが最大の魅力であり、ダイヤモンドとの相性も申し分ありません。また、変質・変色のリスクが低いので、日常使いする結婚指輪にはぴったりな素材といえます。
 
ただし、上述したとおり比較的高額なので、購入するには費用を十分に確保する必要があります。そのため、もし「素材はプラチナ以外考えられない」というこだわりがあるのなら、まずは購入資金を貯めることから始めるのが賢明といえます。
 
結婚指輪は、一生に一度の特別なジュエリーです。2人のこだわりが詰まった理想の指輪を選ぶようにしましょう。
 

コツを押さえよう!結婚指輪を安く購入する2つの方法

こだわりを持って選ぶにしても、結婚指輪はなるべく費用を抑えつつ購入したいもの。以下でご紹介する方法を踏まえれば、低予算で結婚指輪を購入できるかもしれません。
 

婚約指輪と結婚指輪のセットリングを購入する

多くのジュエリーショップでは、婚約指輪と結婚指輪がひとまとめになった「セットリング」を販売しています。それぞれの指輪を単体で購入するよりも低価格であるほか、セット割が適用されていることもあるので、結婚指輪を低予算でゲットできる可能性があります。
 
なお、BIJOUPIKOでは、豊富な種類のセットリングを取り揃えています。低予算で結婚指輪を購入したい方は、ぜひチェックしてみてください。
 
BIJOUPIKOのセットリング一覧はこちら

素材・デザインで価格を調整する

結婚指輪の価格は、素材・デザインで調整することもできます。
 
上述したとおり、結婚指輪の定番素材であるプラチナは希少価値が高いので、比較的高額となっています。そのため、低予算で結婚指輪を購入したい場合はプラチナではなく、ゴールドやパラジウム、チタンなどを選ぶのが賢明です。
 
デザインで予算を調整する場合は、ダイヤモンドの有無に注目しましょう。ダイヤモンドがあしらわれていない結婚指輪であれば、価格を大幅に抑えることができます。
 
しかし、一生身に着ける結婚指輪だからこそ、「ダイヤモンドがあしらわれたデザインを選びたい」という女性は多いもの。その場合、小さめのダイヤモンドを選ぶのがおすすめです。ダイヤモンドは、大きいほど価格が高くなる傾向にあります。そのため、小さめのダイヤモンドをあしらった結婚指輪であれば、低予算で購入しやすくなります。
 

2人でよく話し合って、お互いに満足できる結婚指輪を購入しよう

結婚指輪を購入するにあたり、価格とこだわり(デザイン)、どちらを重視するか悩んだときは、まず2人で話し合うようにしましょう。「今すぐに結婚指輪を身に着けたいのか」「購入予算はいくらを想定しているか」「素材・デザインにこだわりを持っているのか」などを確認し合い、お互いに納得できる結論を出すことが大切です。そうすれば、2人にとってより思い入れのある結婚指輪を購入できるはずです。
 
BIJOUPIKOでは、バラエティに富んだ結婚指輪を多数ご用意しています。この機会に、ぜひご覧になってみてください。

 

BIJOUPIKOの結婚指輪一覧はこちら
結婚指輪・マリッジリングならBIJOUPIKO

 

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 40
■調査期間:2015年06月23日~2015年07月07日
■有効回答数:100サンプル

 

ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう