2017.05.03(水)

結婚指輪

素材選びに悩んだらステンレスの結婚指輪がおすすめ

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3

結婚指輪を選ぶ基準としては、価格のこともありますがデザインや素材について悩む人も多いですよね。一般的な結婚指輪の素材として使われるのは、プラチナやゴールド、シルバーなどがあります。
しかし加工が大変だったり、変色や錆などが起こりやすかったりと価格面やお手入れの面で課題も多いです。
そこでおすすめなのが「ステンレス」です。
いつでも気軽に身につけていられるステンレスの結婚指輪の魅力について紹介します。

見た目はシルバーと一緒!加工しやすいのが魅力のステンレスの結婚指輪

ステンレスは見た目が銀色の金属で、パッと見シルバーやプラチナと変わらない輝きを放っています。
医療の分野においてもメスなどの素材として使われており、金属アレルギーが起こりにくいことでも知られています。
さまざまな場所で使われるステンレスですが、指輪としては硬度があるにもかかわらず、装飾するのに便利な加工のしやすさがメリットの一つです。
もともと安価な金属なので、複雑な加工を施すために量を使っても高額にならないところもポイントが高いですね。
安い金属なので見た目がチープにならないか心配と感じる人もいると思いますが、実際に店舗で見比べてみれば他の素材の指輪にも劣らない輝きを目にすることができるでしょう。

ステンレスは頑丈さが魅力的!錆びにくいので結婚指輪にバッチリ

ステンレスは加工がしやすく、傷や錆に強いという特長があります。
シルバーの指輪は比較的安価ですが、硫黄成分と接すると黒く変色するというデメリットがあります。その点、ステンレスは変色するリスクが少ないのがメリットです。
結婚指輪は常に身につけているのが一般的です。
ちょっとした衝撃や温泉などで指輪が傷むということもないので、大切な結婚指輪を気にせず生活できるのが魅力です。

ステンレスの結婚指輪を選ぶなら!気をつけたいポイント

結婚指輪をずっと身に付けていて、手術や検査などの特別な場合に抜こうと思ったら抜けなかったという経験をする人は多いです。
体重が増えて微妙に指のサイズが大きくなっていれば、指輪は抜けなくなります。
石鹸水などで抜ければよいですが、最悪せっかくの結婚指輪を切断することになります。
ステンレスは非常に頑丈な金属で、傷や錆がつきにくいというメリットがありますが、切断するとなると大変手間がかかるのです。
あまりきつすぎるステンレスの指輪は使わない方が良いでしょう。

結婚指輪はパートナーとの絆を表すために、常に身につけておきたいものです。
日頃使うことを考えるなら、頑丈なステンレスは結婚指輪にぴったりの素材といえます。
結婚指輪といえばプラチナやゴールドといった固定観念は捨てて、実用性という面で結婚指輪の素材を選んでみてはいかがでしょうか。

▼結婚指輪を探す
BIJOUPIKOの結婚指輪一覧

色々な金属がある!?結婚指輪や婚約指輪の素材は何がいい?
ブライダルリング(結婚指輪・婚約指輪)

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう