2017.05.29(月)

顔合わせ、結納

結婚前の大事なイベント!結納の意味を知っていますか?

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%89%8d%e3%81%ae%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%aa%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%81%e7%b5%90%e7%b4%8d%e3%81%ae%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84

結婚が決まると、両家の間でいろいろとやらなければならないことがあります。
結納もその1つですが、実はその意味を知らない、という人も多いのではないでしょうか。
そのときになって慌てないためにも、結納について確認しておきましょう。

結納の意味とは

02

結納とは、結婚式と同様、結婚にまつわる正式な儀式です。
結婚を決めた男女が親族の前でそれを宣言し、婚約を公にすることで約束の実行性を互いに確かめ合うために行われます。
»詳しくは結婚するなら必要?結納の意味をご存知ですか を御覧ください。

通常は仲人を立てて両家で結納金や結納品などを取り交わしますが、最近では仲人を立てずに行う略式結納も増えています。
結納を行うか、行わないかについては厳格なルールはありません。
家庭によって、あるいは地域によって考え方が異なりますから、互いに確認した上で決めましょう。
一方の両親は結納を希望し、もう一方は希望しない…なんて事態も起こりえますが、その際には両家でよくよく話し合う必要があります。
結婚すれば両家の繋がりは無視できないものになりますから、互いに納得のいく方向に動くよう、結婚する2人は十分な配慮をしましょう。

»詳しくは正式結納と略式結納の違いは何?必要なものや服装について を御覧ください。

結納はいつ行うもの?

7e35050a21c07980118f23e9d1789e08_s

結納は結婚前の男女の儀式ですから、当然結婚式より前に行います。
「プロポーズ→両親への挨拶→結納→入籍・結婚式」が一般的な流れです。
結納を済ませたあとに本格的な結婚準備へと移るので、結婚式の3~7ヶ月前の吉日に行うことが多いようです。
最近では「大安」「仏滅」など日柄を気にしないカップルも増えていますが、両親が気にしないとは限りません。
後々しこりを残さないためにも、両親の意向も確認しておきましょう。
結婚式は1年以上前から予約しないと希望のスケジュールを押さえられないことも多いので、まず結婚式の式場を決めてから結納のことを考えてもいいかもしれません。
結納の日に結婚式について話し合ってから式場選びなどをするつもりなら、早めに動き出した方がいいでしょう。

»詳しくは段取りが成功の秘訣!結婚準備のスケジュール を御覧ください。

結納当日の流れ

13

結納当日は仲人がいる場合は仲人が司会進行を行います。
仲人を立てない略式の場合には両家の父親が進行役を務めるのが一般的です。
当日はまず会場についたら床の間もしくはテーブルに結納品を並べておきます。
両家が揃い、着席したところで新郎側の父親が始まりの口上(挨拶)を述べ、結納が始まります。
これは両家がその場に集まれたことへの感謝と、結納の形式を宣言するものです。
その後、新郎側の母親が新婦へ結納品を渡し、新婦は受け取りの口上を述べて深くおじぎをします。
渡された結納品は新婦の母親によって飾り台に運ばれ、新郎が受取証である受書をもらえば結納品の受け渡しが完了します。
なお関東の場合はこのあと新婦側から結納返しが行われますが、その際には新郎新婦の立場を入れ替えて同様の手順で受け渡しを行います。
結納品を取り交わしたら、新郎側の父親が結びの挨拶を行い、会食へと移ります。
以上が一般的な結納の流れですが、地域によって内容が変わることがあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

»詳しくはいざとなってから慌てないために!知っておきたい結納の流れ を御覧ください。
»詳しくは結納時に行われる挨拶である「口上」とはどんなもの? を御覧ください。

結納までに準備すること

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%89%8d%e3%81%ae%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%aa%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%81%e7%b5%90%e7%b4%8d%e3%81%ae%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84

通常、結納は20分程度ですべて終了するものですが、普通は慣れていないので戸惑うことも多いかもしれません。
当日スマートに手順をこなすために、事前の準備が重要です。

まず服装ですが、正式な結納を行う場合には女性は振袖、男性はフォーマルなブラックススーツで臨みます。
略式の場合には女性はワンピースや訪問着、男性はダークスーツといった準礼装で行います。
»詳しくは結納の場での正しい服装!結納時の正装を知っておこう! を御覧ください。
»詳しくは結納の際の髪型のマナーについてを御覧ください。

そして新郎側は結納品を準備しなければなりませんが、結納品は正式には9品目ありますので、すべて自分で揃えるのはなかなか難しいかもしれません。
そんなときには百貨店やブライダル専門店で準備されている「結納セット」を使いましょう。
また結納金に関しては結婚前の物入りの時期ですので、最近では「なし」のケースも増えています。
しかしこれも地域によって、家庭によって認識が異なるでしょうから、両家で確認しておきます。

»詳しくは結納金に関する知っておきたい基本知識!いくら包むべき?を御覧ください。
»詳しくは結納品の準備は大変!便利な「結納セット」を活用しようを御覧ください。

結納は結婚前の大事な男女の儀式です。
その意味ややり方を知り、そのときに向けて心の準備をしておきましょう。
ブライダルリングショップリスト

 
Writer bijoupiko

Popular Posts

FacebookTwitterBridalNoteの情報を受け取ろう